Create issue ticket

考えれる22県の原因 抗第VIII因子抗体

  • 後天性血友病

    次にin vivoでの検討として、VIII因子抗体を投与したのち人為的に出血させたカニクイザルに対し、ACE910(3mg/kgボーラス投与をday 0に1回のみ)もしくは組み換え第VIII因子(10 U/kgをday 0に1回、あとは1日2回)を投与し、初回投与後3日間の貧血、あざの面積を評価した結果、何も投与していないコントロール群[medical.nikkeibp.co.jp] APTTクロスミキシング試験の注意点 VIII因子抗体は時間と温度依存性にその活性を阻害するため、正常血漿との混和直後では抗体が十分に反応せず、明らかな上に凸のパターンは呈しませんが、37 のインキュベーションによって2時間後には、はっきりと上に凸のパターンを示します(図6)。[hemophilia-professional.jp] 血友病には先天性血友病と後天性血友病があります 後天性血友病は突然、原因不明の出血傾向を呈する疾患で、 年間100万人に約1.5人の頻度で発生する疾患です 1,2) 後天性血友病の患者さんの死亡率は20%といわれ、 凝固因子に対する自己抗体、多くはVIII因子自己抗体が出現することによって引き起こされます 1,3) 後天性血友病は高齢者[clubhaemophilia.jp]

  • 後天性血友病 A

    次にin vivoでの検討として、VIII因子抗体を投与したのち人為的に出血させたカニクイザルに対し、ACE910(3mg/kgボーラス投与をday 0に1回のみ)もしくは組み換え第VIII因子(10 U/kgをday 0に1回、あとは1日2回)を投与し、初回投与後3日間の貧血、あざの面積を評価した結果、何も投与していないコントロール群[medical.nikkeibp.co.jp] APTTクロスミキシング試験の注意点 VIII因子抗体は時間と温度依存性にその活性を阻害するため、正常血漿との混和直後では抗体が十分に反応せず、明らかな上に凸のパターンは呈しませんが、37 のインキュベーションによって2時間後には、はっきりと上に凸のパターンを示します(図6)。[hemophilia-professional.jp] Sunmmary ①血液凝固VIII因子阻害物質(VIII因子インヒビター)が遺伝とは無関係に作られる後天性血友病A、②von willebrand(フォンウィルブランド)因子抗体による後天性フォンウィルブランド病の原因に 橋本病 、 バセドウ病 。[nagasaki-clinic.com]

  • 後天性プロトロンビン欠乏症

    クロスミキシングテスト(後述)でインヒビター陽性パターン( 図(3) )を呈し,12 BUと高力価のVIII因子インヒビターを認め,VIII因子は測定感度以下でした。 後天性のインヒビター(VIII因子抗体)血症と診断し,整形外科での観血的処置(手術)は中止し保存的療法に変更しました。インヒビターについては経過観察としました。[igaku-shoin.co.jp] Sunmmary ①血液凝固VIII因子阻害物質(VIII因子インヒビター)が遺伝とは無関係に作られる後天性血友病A、②von willebrand(フォンウィルブランド)因子抗体による後天性フォンウィルブランド病の原因に 橋本病 、 バセドウ病 。[nagasaki-clinic.com] 第VIII因子インヒビターが原因ですので、患者と正常人の血漿を混ぜれば(APTTクロスミキシング試験)、VIII因子インヒビターが正常人のVIII因子を阻害し診断できます。ただし、 リン脂質抗体症候群 でもリン脂質を介する凝固反応を阻害するため同様のパターンになります。[nagasaki-clinic.com]

  • プラスミノーゲン欠乏

    血液凝固因子の構造と機能(蛋白、遺伝子)(V、VII、VIII、IX、XIII、von Willebrand因子VIII因子抗体の解明 血友病の遺伝子治療 血栓症の病態解析(蛋白、遺伝子)(先天性ATIII欠乏症、プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症) 血小板機能異常症の解析 血栓止血異常症の症例検討 手術時の止血管理など 厚生労働省[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 血友病

    因子を中和する抗体を投与することにより血友病Aの状態をひき起こすことができた.ここで用いたVIII因子中和抗体は,ブタの第VIII因子の活性を中和しないという特性をもち,この抗体を用いた実験においてブタのVIII因子を陽性対照として用いることができる. hBS 23の止血効果は,カニクイザルにこのVIII因子中和抗体を投与して血友病[first.lifesciencedb.jp] 中外製薬株式会社 (本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、血液凝固IXa/X因子ヒト化二重特異性モノクローナル抗体 血液凝固第VIII因子機能代替製剤「ヘムライブラ 皮下注30 mg、同60 mg、同90 mg、同105 mg、同150 mg」[一般名:エミシズマブ(遺伝子組換え)](以下、ヘムライブラ)に関して、血液凝固第[chugai-pharm.co.jp] 動物モデルにおける止血効果 hBS 23が実際に in vivo において止血効果をもつかどうかを検討した.そのためには, hBS 23のもつ動物種交差性の問題から,非ヒト霊長類モデルを構築する必要があった.先天性血友病Aの非ヒト霊長類モデルは入手できなかったため,カニクイザルを用いて後天性血友病Aモデルを構築することにした.カニクイザルにVIII[first.lifesciencedb.jp]

  • 血友病A

    APTTクロスミキシング試験の注意点 VIII因子抗体は時間と温度依存性にその活性を阻害するため、正常血漿との混和直後では抗体が十分に反応せず、明らかな上に凸のパターンは呈しませんが、37 のインキュベーションによって2時間後には、はっきりと上に凸のパターンを示します(図6)。[hemophilia-professional.jp] 因子を中和する抗体を投与することにより血友病Aの状態をひき起こすことができた.ここで用いたVIII因子中和抗体は,ブタの第VIII因子の活性を中和しないという特性をもち,この抗体を用いた実験においてブタのVIII因子を陽性対照として用いることができる. hBS 23の止血効果は,カニクイザルにこのVIII因子中和抗体を投与して血友病[first.lifesciencedb.jp] 中外製薬株式会社 (本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、「血液凝固第VIII因子に対するインヒビターを保有する先天性血液凝固第VIII因子欠乏患者(血友病A)における出血傾向の抑制」を効能・効果として、本年3月23日に製造販売承認を取得した血液凝固IXa/X因子ヒト化二重特異性モノクローナル抗体 血液凝固第VIII因子機能代替製剤[chugai-pharm.co.jp]

  • 先天性アンチトロンビンIII欠乏症,

    血液凝固因子の構造と機能(蛋白、遺伝子)(V、VII、VIII、IX、XIII、von Willebrand因子VIII因子抗体の解明 血友病の遺伝子治療 血栓症の病態解析(蛋白、遺伝子)(先天性ATIII欠乏症、プロテインS欠乏症、プロテインC欠乏症) 血小板機能異常症の解析 血栓止血異常症の症例検討 手術時の止血管理など 厚生労働省[team.tokyo-med.ac.jp]

  • 難治性貧血

    による止血機構異常と対策 血友病におけるVIII, IX因子抗体 - 輸注による - 山本 晃士・高橋 勲 血友病以外にみられる自然発生凝固因子抗体 岡村 孝・津田 博子 輸血後にみられる血小板抗体 椿 和央 自己免疫疾患にみられる血小板抗体 倉田 義之 抗リン脂質抗体症候群の易血栓性 末廣 謙 HIV感染血友病患者の血小板減少症 福武[jshem.or.jp] 西森 義高・柴野 賢・水木 満佐夫・野島 順三・井上 良一・木谷 照夫 骨髄腫前駆細胞 岩戸 康治・河野 道生 骨髄腫の病態の多様性と予後 加納 正・平清水 一範 骨髄腫の検査異常と病態 沢村 守夫・村上 博和・小河原 はつ江・土屋 純 難治性骨髄腫治療の最近の進歩 戸川 敦 IFNを含む新しい併用化学療法 木谷 照夫 シンポジウム4 免疫抗体[jshem.or.jp]

  • フィブリノーゲン減少

    クロスミキシングテスト(後述)でインヒビター陽性パターン( 図(3) )を呈し,12 BUと高力価のVIII因子インヒビターを認め,VIII因子は測定感度以下でした。 後天性のインヒビター(VIII因子抗体)血症と診断し,整形外科での観血的処置(手術)は中止し保存的療法に変更しました。インヒビターについては経過観察としました。[igaku-shoin.co.jp]

  • 低プロトロンビン血症

    クロスミキシングテスト(後述)でインヒビター陽性パターン( 図(3) )を呈し,12 BUと高力価のVIII因子インヒビターを認め,VIII因子は測定感度以下でした。 後天性のインヒビター(VIII因子抗体)血症と診断し,整形外科での観血的処置(手術)は中止し保存的療法に変更しました。インヒビターについては経過観察としました。[igaku-shoin.co.jp]

さらなる症状