Create issue ticket

考えれる99県の原因 抗体反応障害

  • 虫刺症

    特に2回目に刺されると、前回体内にできたハチ毒の抗体が過剰反応してしまい、「アナフィラキシー」というショック状態を引き起こしてしまう危険があります。ハチ毒によるショックは、全身に広がるじんましん、意識障害、腹痛、めまい、呼吸困難などの症状として表れます。[med.or.jp]

  • 寒冷暴露

    【緒言】寒冷凝集素症(cold agglutinin disease:CAD)は赤血球膜上の抗原と反応する自己抗体が産生され,抗原抗体反応により赤血球が障害を受け,赤血球寿命が短縮し貧血をきたす自己免疫性溶血性貧血である.CAD症例に手術を施行する場合,寒冷暴露による溶血性貧血や血栓発生による合併症などに十分な注意が必要である.今回,CAD[micenavi.jp] SLEは自分の体の成分と反応してしまう抗体(自己抗体)ができて、これが全身のさまざまな臓器を障害するためにおこる病気です。多くの臓器がターゲットとなるため、症状も多彩となり、発熱・全身倦怠感などの炎症による症状と、関節炎・皮疹(蝶形紅斑や円板状紅斑)・精神神経症状・腎障害・心臓や肺の病変・血液検査の異常などがみられます。[www2.med.teikyo-u.ac.jp]

  • 皮膚炎

    Ⅱ型(細胞障害型) : 細胞抗原に対するIgGやIgM抗体反応による。代表疾患は天疱瘡・類天疱瘡、溶血性貧血、重症筋無力症。 Ⅲ型(免疫複合体型) : IgG、IgMあるいはIgA抗体と抗原が結合した免疫複合体が組織に沈着し、補体を活性化し臓器障害が発生する。代表疾患は糸球体腎炎、SLE、関節リウマチ、血管炎。[tmghig.jp] アレルギー反応はこれを引き起こす物質等と、対応する人体の免疫防御成分や細胞(IgE抗体やTリンパ球など)の反応様式によって4つの型(Ⅰ型(即時型)、Ⅱ型(細胞障害型)、Ⅲ型(免疫複合体型)、Ⅳ型(遅延型))に分類され、発症する代表的な疾患も明らかとなっています。 アトピー性皮膚炎は、この中の即時型、または遅延型アレルギーに入ります。[self-medication.ne.jp]

  • アトピー

    アレルギー反応はこれを引き起こす物質等と、対応する人体の免疫防御成分や細胞(IgE抗体やTリンパ球など)の反応様式によって4つの型(Ⅰ型(即時型)、Ⅱ型(細胞障害型)、Ⅲ型(免疫複合体型)、Ⅳ型(遅延型))に分類され、発症する代表的な疾患も明らかとなっています。 アトピー性皮膚炎は、この中の即時型、または遅延型アレルギーに入ります。[self-medication.ne.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    Ⅱ型(細胞障害型) : 細胞抗原に対するIgGやIgM抗体反応による。代表疾患は天疱瘡・類天疱瘡、溶血性貧血、重症筋無力症。 Ⅲ型(免疫複合体型) : IgG、IgMあるいはIgA抗体と抗原が結合した免疫複合体が組織に沈着し、補体を活性化し臓器障害が発生する。代表疾患は糸球体腎炎、SLE、関節リウマチ、血管炎。[tmghig.jp] アレルギー反応はこれを引き起こす物質等と、対応する人体の免疫防御成分や細胞(IgE抗体やTリンパ球など)の反応様式によって4つの型(Ⅰ型(即時型)、Ⅱ型(細胞障害型)、Ⅲ型(免疫複合体型)、Ⅳ型(遅延型))に分類され、発症する代表的な疾患も明らかとなっています。 アトピー性皮膚炎は、この中の即時型、または遅延型アレルギーに入ります。[self-medication.ne.jp]

  • ニューロパチー

    ギラン・バレー症候群と抗ガングリオシド抗体 ギラン・バレー症候群では、先行感染に対する免疫反応として抗ガングリオシド抗体が上昇し、それが末梢神経のガングリオシドと反応して障害を起こすと考えられている。抗体反応するガングリオシドの種類と臨床症状の間には対応がある。ギラン・バレー症候群の亜型として、フィッシャー症候群がある。[nurseful.jp] 悪性腫瘍(あくせいしゅよう)にともなうニューロパチー がんなどの悪性腫瘍がある場合に、がんの直接作用ではなく現われる神経障害のことです。とくに肺がんに合併することが多く、異常な抗体産生にともなう免疫反応がかかわっていると考えられています。 症状 多発神経炎のかたちをとり、比較的急速に、感覚あるいは運動障害が進行します。[kotobank.jp]

  • 妊娠

    動物を用いた研究は不十分又は欠如-入手しうるデータでは、胎仔への障害の発生が増加したという証拠無。 妊娠可能年齢の女性は、妊娠前に風疹に対する抗体検査を実施。血清反応が陰性の女性-現在妊娠中でないことを確認した上で、全員に風疹ワクチンを接種。[drugsinfo.jp]

  • 接触性皮膚炎

    Ⅱ型(細胞障害型) : 細胞抗原に対するIgGやIgM抗体反応による。代表疾患は天疱瘡・類天疱瘡、溶血性貧血、重症筋無力症。 Ⅲ型(免疫複合体型) : IgG、IgMあるいはIgA抗体と抗原が結合した免疫複合体が組織に沈着し、補体を活性化し臓器障害が発生する。代表疾患は糸球体腎炎、SLE、関節リウマチ、血管炎。[tmghig.jp]

  • 末梢神経障害

    悪性腫瘍(あくせいしゅよう)にともなうニューロパチー がんなどの悪性腫瘍がある場合に、がんの直接作用ではなく現われる神経障害のことです。とくに肺がんに合併することが多く、異常な抗体産生にともなう免疫反応がかかわっていると考えられています。 症状 多発神経炎のかたちをとり、比較的急速に、感覚あるいは運動障害が進行します。[kotobank.jp]

  • 糖尿病

    インスリンに対する肝臓や筋肉などの反応性の低下(インスリン抗体性)とインスリン分泌の軽度低下が合わさって発症すると考えられています。(複数の遺伝子の障害が原因とされています。) 以下の3タイプにその病態の主体を分けることができます。[kobari.or.jp]

さらなる症状