Create issue ticket

考えれる28県の原因 手術後の出血増加

  • 歯齦炎

    4.他の出血の危険性を増加させる薬剤等との相互作用に注意するとともに、高血圧が持続する患者への投与は慎重に行い、本剤投与中は十分な血圧のコントロールを行う。 5.再発の危険性の高い虚血性脳血管障害患者において、アスピリンと併用した時、クロピドグレル単剤に比べ重大な出血の発現率の増加が海外で報告されているので、併用する場合は十分注意する。[medical.nikkeibp.co.jp] 3.本剤による血小板凝集抑制が問題となるような手術の場合には、14日以上前に投与を中止することが望ましい(なお、十分な休薬期間を設けることが出来ない場合は重大な出血のリスクが高まることが報告されているので十分に観察する)、また、投与中止期間中の血栓症や塞栓症のリスクの高い症例では、適切な発症抑制策を講じる(手術に本剤の再投与が必要な場合には[medical.nikkeibp.co.jp] 手術部位の止血を確認してから再開する)。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 肺扁平上皮癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    2)手術中、手術の頭蓋内出血の可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります(過潅流症候群と言われ、約1%の発生率です)。[med.kindai.ac.jp]

  • 低眼圧緑内障

    角膜障害、白内障、濾過胞炎・眼内炎、駆逐性出血、眼痛、頭痛、視力低下、高眼圧及び低眼圧による網膜の障害、乱視の増加など この手術早期の目標は「手術が適切に施行されて目標の半分」・「術後眼圧の良好なコントロールが達成できて半分」です。 その場面に応じた点眼や内服薬処方の他に、観血的緑内障手術に特徴的な手術・処置について以下に述べます。[sakurai-eyeclinic.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 肺癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 鎖骨下動脈盗血症候群

    2) 頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 非吸収性肺炎

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 大腿動脈閉塞症

    2) 頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    2)頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

さらなる症状