Create issue ticket

考えれる19県の原因 手術後の出血増加

  • 肺扁平上皮癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 再発小細胞肺癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 肺癌

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 鎖骨下動脈盗血症候群

    2) 頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 非吸収性肺炎

    (2)痰をうまく出すための対処法 手術には、肺を切除した部位からの軽度の出血、気道からの分泌物の増加、麻酔の影響などによって、いつもより多めの痰が出ることがあります。特にたばこを長年吸ってきた人は、大量の痰が出ることがあります。痰をうまく出せずにいると肺炎の危険性が高まりますので、意識的に痰を出すように努めましょう。[ganjoho.jp]

  • 大腿動脈閉塞症

    2) 頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    2)頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 脳底型片頭痛

    2)頭蓋内出血が起こる可能性 脳血流の不足しているところに、血管拡張を行うことにより脳血流が改善、増加し、急激に脳血管に圧がかかるために頭蓋内出血を起こす可能性があります。手術、十分な血圧管理を行いますが、薬剤に対する反応が悪かったり、十分な管理を行っても予想を超えた血管の脆弱さにより出血する可能性があります。[med.kindai.ac.jp]

  • 子宮頸部異形成

    どうしても出血が止まらない場合は、輸血や再手術が必要になることがあります。 再出血: 退院に再度出血したり、出血量が増加することがあります。これらは術後1〜2週間以内に起こることが多く、少量であれば自然に止まります。完全に出血が止まるまでには1か月以上かかることもある、とお考えください。[fujito.clinic]

  • エヴァンズ症候群

    2)血小板増加 本態性血小板血症、慢性骨髄性白血病(CML)、真性赤血球増加症、その他骨髄機能亢進がある場合、例えば、摘脾出血後、手術後、骨折、急性感染症の極期、悪性腫瘍など。[kchnet.or.jp] 脾摘の施行時期は、診断6ヵ月以降、γ-グロブリンなどを大量投与して血小板を増加したが一般的です。手術を行う際は、出血が多くなりすぎないよう気をつけるとともに、血小板輸血を行うことがあります。最近では出血の量を減らすために、腹腔鏡下手術が増えているようです。[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状