Create issue ticket

考えれる4県の原因 (手・足)指の自然切断

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 電撃傷
  • ハンセン病

    ハンセン病は洋の東西を問わず人類の歴史において、最も忌み嫌われた疾病である。なぜ忌み嫌われたかというと、有効な治療法がなかった時代には、いったん発病してしまうと徐々にではあるが病気が進行しつづけてしまったこと、その結果神経がおかされることにより変形や、機能障害が生ずることが多く、しかもその部位が手、足とか顔などといった一見してよく分かる部位であったこと、19世紀の終わりまで医師であってもこの病気を遺伝病と考え、天刑病、業病といった考え方がなされたこと、また、日本においては「らい予防法」という法律が制定され、非人道的強制隔離が行われたため、この病気に対する偏見、誤解がさらに助長されたことな[…][web.archive.org]

さらなる症状