Create issue ticket

考えれる69県の原因 扁桃腺腫瘍

  • 扁桃膿瘍

    中咽頭腫瘍(ちゅういんとうしゅよう) 中咽頭とは扁桃腺や舌の根元、口を開けたときののどの奥の壁などをいいます。中咽頭癌は頭頸部癌の約13%を占め、50 60歳代に多く、発癌には飲酒、喫煙が関係しています。リンパ節転移を好発するために、初診時に半数以上の患者さんに頸部リンパ節転移を認めます。 症状は咽頭痛や嚥下時痛です。[jasanoko.or.jp]

  • 扁桃周囲膿瘍

    扁桃周囲膿瘍(へんどうしゅういのうよう)または、扁桃腺炎(へんとうせんえん)は、感染により扁桃腺の後部に膿が貯留する疾患である。症状には、発熱、のどの痛み、開口障害、声の異変などがあげられる。通常、痛みは片側に偏る。合併症には、気道の閉塞または誤嚥性肺炎があげられる。 一般的に扁桃腺炎は多種の細菌による感染が原因である。レンサ球菌性咽頭炎にかかった後に発症することがよくある。通常、扁桃摘出術をした人には発症しない。診断は一般的に症状に基づいて行われる。合併症の可能性を除外するために医用画像処理が使用される場合がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 扁桃炎

    扁桃周囲腫瘍 扁桃腺の炎症が悪化し、周囲に広がり膿を貯めるものです。強いのどの痛み、発熱、開口障害(口が開きにくい)などの症状が出ます。放置すると気道の周囲にむくみ(喉頭浮腫)を生じ、呼吸困難となることがあります。また膿が胸の方まで下がっていって、大変危険な状態になることもあります。20 30歳代の男性に多く、お子さんには少ない病気です。[nakagawajibika.com] 中咽頭腫瘍(ちゅういんとうしゅよう) 中咽頭とは扁桃腺や舌の根元、口を開けたときののどの奥の壁などをいいます。中咽頭癌は頭頸部癌の約13%を占め、50 60歳代に多く、発癌には飲酒、喫煙が関係しています。リンパ節転移を好発するために、初診時に半数以上の患者さんに頸部リンパ節転移を認めます。 症状は咽頭痛や嚥下時痛です。[jasanoko.or.jp]

  • 咽頭炎

    中咽頭腫瘍(ちゅういんとうしゅよう) 中咽頭とは扁桃腺や舌の根元、口を開けたときののどの奥の壁などをいいます。中咽頭癌は頭頸部癌の約13%を占め、50 60歳代に多く、発癌には飲酒、喫煙が関係しています。リンパ節転移を好発するために、初診時に半数以上の患者さんに頸部リンパ節転移を認めます。 症状は咽頭痛や嚥下時痛です。[jasanoko.or.jp]

  • 良性移動性舌炎

    咽頭癌 扁桃腺、舌根、下咽頭(食道の入口部)に発生することが多く、頸部へのリンパ節転移を来たしやすい腫瘍です。早期癌であれば経口的な内視鏡手術で完治することも出来ますが、進行癌になると拡大切除による機能低下が起こります。[f.kpu-m.ac.jp]

  • 伝染性単核球症

    扁桃周囲腫瘍 扁桃腺の炎症が悪化し、周囲に広がり膿を貯めるものです。強いのどの痛み、発熱、開口障害(口が開きにくい)などの症状が出ます。放置すると気道の周囲にむくみ(喉頭浮腫)を生じ、呼吸困難となることがあります。また膿が胸の方まで下がっていって、大変危険な状態になることもあります。20 30歳代の男性に多く、お子さんには少ない病気です。[nakagawajibika.com]

  • 十二指腸憩室

    胃 胃悪性リンパ腫 (いあくせいりんぱしゅ) 悪性リンパ腫はリンパ系の組織(ヒトの免疫システムを構成するもので、リンパ節、胸腺、脾臓、扁桃腺などの組織や臓器、リンパ管、リンパ液)から発生する腫瘍です。[e-ningendock.jp]

  • 慢性喉頭炎

    中咽頭腫瘍(ちゅういんとうしゅよう) 中咽頭とは扁桃腺や舌の根元、口を開けたときののどの奥の壁などをいいます。中咽頭癌は頭頸部癌の約13%を占め、50 60歳代に多く、発癌には飲酒、喫煙が関係しています。リンパ節転移を好発するために、初診時に半数以上の患者さんに頸部リンパ節転移を認めます。 症状は咽頭痛や嚥下時痛です。[jasanoko.or.jp]

  • 急性喉頭炎

    片側または両側の頚部のリンパ節が腫れる場合、頸部から上のどこか例えば扁桃腺炎等の強い炎症か腫瘍のある可能性があります。それは、頭部、顔面のリンパ液の流れはすべて頚部に集まるからです。[e-jibika.com] 蓄膿症、中耳炎、扁桃腺炎などニーズの多い疾患については、当院で診断、検査、手術ができる体制を整えています。 耳鼻咽喉科は、悪性腫瘍を除くと、生命に直結することが少ないためか、例えば中耳炎などがあっても治療されず、こんなものだろうと我慢されている傾向があります。[kanzaki-hp.jp] 頸から上のどこかに強い炎症か腫瘍がある可能性がありますが、この理由として頭部、顔面のリンパ液の流れはすべて頚部に集まるからです。例えば扁桃腺の炎症、歯肉部の炎症や結核でも頚部のリンパ節が腫れますし、無痛性で動きの悪い頚部のリンパ節の腫れが徐々に大きくなるようなら、腫瘍に関係する場合もあります。[e-jibika.com]

  • 閉塞性睡眠時無呼吸

    肥満、顎が小さい、下顎が後退している、扁桃腺が肥大しているといった身体的な特徴があると、OSASになりやすくなります 5, 6) 。さらに、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、下垂体腫瘍による巨舌症、甲状腺の機能低下による咽頭周りの粘液水腫などにより、無呼吸が起こることもあります 7, 8) 。[medical-tribune.co.jp]

さらなる症状