Create issue ticket

考えれる7県の原因 扁桃腺滲出液

  • 咽頭炎

    最終更新日:2019年4月17日 印刷 群馬県内の流行状況 感染症発生動向調査 では、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の患者は、年間を通して報告されています。 地域別・年齢別の詳しい患者報告数の情報はこちら : 地域別・年齢別疾病報告状況 《グラフの説明》 縦軸(定点当たり報告数) : 1医療機関当たりの患者報告数。小児科定点医療機関(県内54ヵ所)からの1週間分の患者報告数を、その週に報告のあった定点医療機関数で割ったもの。 横軸(週) : 週対応表(国立感染症研究所:外部リンク) どんな病気?[…][pref.gunma.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性扁桃炎

    詳細 カテゴリ: 健康相談 公開日:2009年02月12日 【質問】 のどが痛くなり熱が出る 34歳の男性です。最近よく扁桃(へんとう)腺が腫れて、熱が出て困っています。その都度、耳鼻咽喉科へ行って薬をもらって治すのですが、しばらくすると、また腫れてのどが痛くなります。小さいころから扁桃腺には悩まされてきました。医者にも「年齢の割に扁桃腺が大きい」といわれています。日常の生活ではどんなことに気を付ければいいのでしょうか。また、根本的に治すにはどんな治療法があるのでしょうか。 【答え】 慢性扁桃炎 -ひどくなる前に治療を- 徳島赤十字病院 中上 亜紀[…][tokushima.med.or.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性カタル性扁桃炎

    いつの間にか口の中にできている、 いたーい口内炎 。 食事も思うように摂れないこともあり、本当につらい ですよね。 「ああ、また疲れているのが原因かな?」なんて思う方も多いかもしれませんが、 じつは口内炎の原因はさまざま 。 場合によっては、 ただの口内炎ではなく、重大な疾患の症状としてあらわれていることも あるため注意が必要です。 今回は、 さまざまな口内炎の症状や原因、予防のためのケアなどについて解説 します。 口内炎とは? 口内炎とは、口の粘膜やその周辺に引き起こされる炎症の総称 です。 歯茎の歯肉炎、舌の舌炎、唇の口唇炎、口角の口角炎など をまとめて口内炎と呼んでいます。[…][adachi-ent.com]

  • 川崎病

    要旨 理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センター循環器疾患研究グループの尾内善広客員研究員(千葉大学大学院医学研究院公衆衛生学准教授)、田中敏博グループディレクターらの共同研究グループ ※ は、川崎病の発症に関わる「 ORAI1 遺伝子 [1] 」の 遺伝子多型 [2] を発見しました。 川崎病は乳幼児を中心に発症する原因不明の急性熱性疾患であり、1967年に小児科医の川崎富作博士(現・日本川崎病研究センター理事長)によって初めて報告されました。日本を筆頭に、東アジアの国々での高い罹患率が知られています。大半が自然に治癒しますが、心臓の 冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう) [3][…][riken.jp]

  • アジスロマイシン

    :不明 腎・尿路 - 喀痰・気管支粘膜 肺 副鼻腔 肺胞マクロファージ 上顎骨 歯槽(歯肉) 母乳(ラット) 羊水 - 筋・皮下組織 胆汁 髄 腹腔 - 扁桃腺 骨髄 - 骨盤腔(死腔滲出) - 臍帯血 - 眼 - 中耳滲出液 11. 副作用 :5%以上 :0.1%以上5%未満 :0.1%未満 :これまでに報告はない ?:頻度不明 ![antibiotic-books.jp]

さらなる症状