Create issue ticket

考えれる107県の原因 扁桃炎, 羞明

  • アデノウイルス感染症

    咽頭、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎などの眼疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp] 臨床症状 発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、、流涙、眼脂を訴え、3 5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。また、結膜の炎症は下眼瞼結膜に強く、上眼瞼結膜には弱いとされる。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[niid.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    このため、この年齢の児の初感染では伝染性単核球症と診断されないことが多く「」と診断されているものと思われる。2 - 3日で自然軽快してしまうので、それ以上の追究もほとんどされないものと思われる。血液検査を行えば、異型リンパ球の出現などから本疾患を疑え得る可能性はあり、血清診断は理論上可能である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    インフルエンザ(ウィルス)では2度CRPが若干上昇したが、---「この場合」(条件)の「2度」は偶然ではないが----、 「緑膿菌」(細菌)でも「ヘルペス(帯状疱疹)」(ウィルス)でも、「」でもCRPは上昇しなかった。この検査(CRP)の「どこ」が「感染 症による熱と鑑別に有用」なのか。[cocurej.web.fc2.com] 微熱・咽頭痛 ・頸部あるいはリンパ節の腫張・原因不明の筋力低下 ・思考力の低下・関節障害 ・睡眠障害原因不明の疾患で、通常、血液検査等も含む全身の検査を受けても他の病気が見つからず、精神疾患も当たらない場合に初めて疑われる(除外診断)病気である。[ja.wikipedia.org] 痛み — 筋肉痛や関節痛(発赤や腫れがなく、移動性)、頭痛、リンパ節の痛み、喉の腫れ、腹痛、顎関節症、顔面筋疼痛症候群 知的活動障害 — 健忘、混乱、思考力の低下、記憶力の低下 過敏性 — 、音への過敏、化学物質や食べ物への過敏。アレルギー症状の悪化。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • トキソプラズマ感染症

    症状としては、視力障害、眼痛、などが見られる。 (3) 日和見トキソプラズマ感染症 免疫不全者では、体内に潜伏感染していたトキソプラズマが再活性化し、脳炎や肺炎や脈絡網膜炎などの重篤な症状を引き起こす。トキソプラズマ脳炎の臨床症状としては意識障害、けいれん、視力障害などがあげられる。[nih.go.jp]

  • 急性HIV感染症
  • 髄膜炎

    項部硬直は髄膜のほか、くも膜下出血、小脳ヘルニアを起こしかけている脳圧亢進状態、テント下の空間占拠病変(小脳の血腫や腫瘍)、癌性あるいは白血病の髄膜浸潤、悪性症候群などでも認められる。高齢者ではしばしば項部硬直と間違えやすい頸部の異常がある。[ja.wikipedia.org] ウイルス性髄膜炎に伴う頭痛は通常、前頭部または眼窩後部に認められしばしばや眼球運動に伴う疼痛が認められる。大部分の報告ではエンテロウイルスが無菌性髄膜炎の75 - 90%を占めている。[ja.wikipedia.org] 最もよくみられる髄膜炎の症状は頭痛、項部硬直であり、発熱や錯乱、変性意識状態、嘔吐、光を嫌がる()、騒音に耐えられなくなる(音恐怖)などといった症状を伴う。また、ビオー呼吸と呼ばれる、間欠的に無呼吸の時間が現れる特殊な呼吸の状態が一時的に見られる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 細菌性髄膜炎

    項部硬直は髄膜のほか、くも膜下出血、小脳ヘルニアを起こしかけている脳圧亢進状態、テント下の空間占拠病変(小脳の血腫や腫瘍)、癌性あるいは白血病の髄膜浸潤、悪性症候群などでも認められる。高齢者ではしばしば項部硬直と間違えやすい頸部の異常がある。[ja.wikipedia.org] 典型的な症状は発熱、頭痛、嘔吐、、項部硬直、傾眠、錯乱、昏睡である。発熱、項部硬直、意識障害を髄膜炎の3徴というがこれら3徴が全て揃うのは髄膜炎患者の2/3以下である。しばしば上気道感染などが髄膜炎症状に先行していることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    項部硬直は髄膜のほか、くも膜下出血、小脳ヘルニアを起こしかけている脳圧亢進状態、テント下の空間占拠病変(小脳の血腫や腫瘍)、癌性あるいは白血病の髄膜浸潤、悪性症候群などでも認められる。高齢者ではしばしば項部硬直と間違えやすい頸部の異常がある。[ja.wikipedia.org] ウイルス性髄膜炎に伴う頭痛は通常、前頭部または眼窩後部に認められしばしばや眼球運動に伴う疼痛が認められる。大部分の報告ではエンテロウイルスが無菌性髄膜炎の75 - 90%を占めている。[ja.wikipedia.org] 最もよくみられる髄膜炎の症状は頭痛、項部硬直であり、発熱や錯乱、変性意識状態、嘔吐、光を嫌がる()、騒音に耐えられなくなる(音恐怖)などといった症状を伴う。また、ビオー呼吸と呼ばれる、間欠的に無呼吸の時間が現れる特殊な呼吸の状態が一時的に見られる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    そして、外界(ほとんどは大気中)から微生物が侵入して上気道で急性感染が起こったものを 急性上気道感染症 と称し、これには急性上気道(いわゆる“かぜ症候群”)、急性咽頭、急性喉頭炎、急性喉頭蓋炎が含まれますが、大部分は“ かぜ症候群 ”です。 【かぜ症候群とは?】[ebm.jp] 急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭・急性の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・鼻閉:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉痛などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org] …グレードB:やったほうが良い 高熱の持続(3日間以上) 膿性の痰、鼻汁 腫大と膿栓・白苔の沈着 中耳や副鼻腔炎の併発 強い炎症反応(白血球増多、CRP高値など) ハイリスク(高齢者、免疫不全、悪性腫瘍、他の重篤な呼吸器疾患の合併など)の患者さん (2013.9.20更新)[ebm.jp]

    不足: 羞明

さらなる症状

類似した症状