Create issue ticket

考えれる42県の原因 扁桃炎

  • アデノウイルス感染症

    咽頭、肺炎などの呼吸器疾患、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎などの眼疾患、胃腸炎などの消化器疾患、出血性膀胱炎などの泌尿器疾患から、肝炎、膵炎から脳炎にいたるまで、多彩な臨床症状を引き起こす。 咽頭結膜熱の流行をおこすのは多くは3型であるが、4型、7型、また2型、11型など他の型による場合もみられる。[niid.go.jp]

  • 扁桃炎

    急性が慢性化したのが慢性である。慢性には突然急性化する場合があり、急性の症状を、1年に3回から5回にわたり繰り返す場合を特に習慣性と呼ぶ。習慣性では、病巣感染といって関節や腎臓、皮膚など、ほかの部位にも病気が起こることがある。[ja.wikipedia.org] を起こすウイルス アデノウイルス( 咽頭結膜熱(プール熱)の原因・症状・治療 ) 単純ヘルペスウイルス EBウイルス エンテロウイルス を起こす細菌 溶連菌 肺炎球菌 インフルエンザ菌 これらの病原体がノドやで炎症を起こすために、を起こします。 次のページでは、の治療法について説明します。[allabout.co.jp] に生じた炎症が被膜外に波及して周囲を生じ、さらに膿瘍を形成すると考えられています。 周囲膿瘍(周囲)の原因は何か 原因菌としては、 急性 の原因菌に加えて嫌気性菌(けんきせいきん)(空気を嫌う菌)が重要です。 周囲膿瘍(周囲)の症状の現れ方 急性 に引き続いて発症し、激烈な咽頭痛が特徴です。[health.goo.ne.jp]

  • 伝染性単核球症

    このため、この年齢の児の初感染では伝染性単核球症と診断されないことが多く「」と診断されているものと思われる。2 - 3日で自然軽快してしまうので、それ以上の追究もほとんどされないものと思われる。血液検査を行えば、異型リンパ球の出現などから本疾患を疑え得る可能性はあり、血清診断は理論上可能である。[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    厚労省のインフルエンザ予防啓発に「うがい」なし 「根拠ない」 「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がないと、厚生労働省は、予防対策のポスターから外している。 山形県では29日、インフルエンザ警報が発令された。 小学校では、手洗いなどの予防対策が徹底されている。 厚労省によると、1月14日から20日に報告された全国のインフルエンザの患者数は、11万人を突破した。 これから流行のピークを迎えるとみられている。 インフルエンザの予防法というと、「手洗い」、「うがい」、「マスク」。[…][web.archive.org]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマToxoplasma gondiiは、単細胞の原虫です。世界中でみられます。人に寄生して、トキソプラズマ症という感染症を起こします。アメリカ合衆国では、6000万人以上が感染していますが、ごくわずかの人でしか症状は見られません。それは、免疫の働きが、通常、病気を起こさないように、トキソプラズマを抑え込んでいるからです。[…][city.yokohama.lg.jp]

  • 慢性疲労症候群

    インフルエンザ(ウィルス)では2度CRPが若干上昇したが、---「この場合」(条件)の「2度」は偶然ではないが----、 「緑膿菌」(細菌)でも「ヘルペス(帯状疱疹)」(ウィルス)でも、「」でもCRPは上昇しなかった。この検査(CRP)の「どこ」が「感染 症による熱と鑑別に有用」なのか。[cocurej.web.fc2.com]

  • 扁桃周囲膿瘍

    レンサ球菌咽頭またはレンサ球菌(英:Streptococcal pharyngitis、口語的にはstrep throatと呼ばれる)は、A群β溶血性レンサ球菌(化膿レンサ球菌)によって惹き起こされる咽頭の一種である。を含む咽頭に炎症を起こし、喉頭まで広がることもある。よくみられる症状に、発熱、咽頭痛、リンパ節の腫脹がある。[ja.wikipedia.org] 周囲膿瘍(へんどうしゅういのうよう)または、扁桃腺(へんとうせんえん)は、感染により扁桃腺の後部に膿が貯留する疾患である。症状には、発熱、のどの痛み、開口障害、声の異変などがあげられる。通常、痛みは片側に偏る。合併症には、気道の閉塞または誤嚥性肺炎があげられる。 一般的に扁桃腺は多種の細菌による感染が原因である。[ja.wikipedia.org] 発熱および咽頭痛に加えて咳や鼻水、下痢、充血や眼のかゆみがみられる場合にはレンサ球菌咽頭よりむしろウイルス性咽頭痛であることを示す。 咽頭痛、発熱およびの腫大に伴う著明なリンパ節腫大は、伝染性単核球症にもみられるものである。 頻繁に咽頭感染を繰り返す患者(年3回以上)には、口蓋摘出術が合理的な予防手段となり得る。[ja.wikipedia.org]

  • 猩紅熱

    (2) 臨床的特徴 乳幼児では咽頭、年長児や成人ではが現れ、発赤毒素に免疫のない人は猩紅熱といわれる全身症状を呈する。気管支炎を起こすことも多い。発疹を伴うこともあり、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などの二次疾患を起こすこともある。[mhlw.go.jp]

  • 非定型肺炎

    非定型肺炎(ひていけい・はいえん)とは、β-ラクタム系抗生物質の効果がみられない肺炎のうち、結核などを除く一群のこと。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性扁桃炎

    急性が慢性化したのが慢性である。慢性には突然急性化する場合があり、急性の症状を、1年に3回から5回にわたり繰り返す場合を特に習慣性と呼ぶ。習慣性では、病巣感染といって関節や腎臓、皮膚など、ほかの部位にも病気が起こることがある。[ja.wikipedia.org] を起こすウイルス アデノウイルス( 咽頭結膜熱(プール熱)の原因・症状・治療 ) 単純ヘルペスウイルス EBウイルス エンテロウイルス を起こす細菌 溶連菌 肺炎球菌 インフルエンザ菌 これらの病原体がノドやで炎症を起こすために、を起こします。 次のページでは、の治療法について説明します。[allabout.co.jp] に生じた炎症が被膜外に波及して周囲を生じ、さらに膿瘍を形成すると考えられています。 周囲膿瘍(周囲)の原因は何か 原因菌としては、 急性 の原因菌に加えて嫌気性菌(けんきせいきん)(空気を嫌う菌)が重要です。 周囲膿瘍(周囲)の症状の現れ方 急性 に引き続いて発症し、激烈な咽頭痛が特徴です。[health.goo.ne.jp]

さらなる症状