Create issue ticket

考えれる21県の原因 房室ブロック Mobitz I型

  • 冠動脈疾患

    はじめに 本稿では冠動脈病変に対するカテーテル治療における穿刺部位について当院での方針をご紹介させて頂きます。 総大腿動脈アプローチと橈骨動脈アプローチ 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に対するカテーテル治療である経皮的冠動脈形成術(percutaneous coronary intervention: PCI)は、ステントなどのデバイスの進歩に伴い年々その成績が向上しています。そのPCIのアプローチ法としては橈骨動脈アプローチ(trans-radial intervention: TRI)と総大腿動脈アプローチ(trans-femoral intervention:[…][kansaih.johas.go.jp]

  • 洞不全症候群

    洞不全症候群(どうふぜんしょうこうぐん、sick sinus syndrome, SSS)(sinus node dysfunctionと論文上記載されることもある)とは、心臓の調律を発する洞房結節または洞結節下流の電導系が原因で、徐脈を起こす病気。普段から心拍数が少なく、運動しても上昇しないため、脳の虚血が起こって失神発作などを生じる。Rubenstein分類により以下のように分けられる。 I群:特定原因のない洞性徐脈 (HR 50/min) II群:洞停止・洞房ブロック[…][ja.wikipedia.org]

  • 拡張した迷走神経緊張

    質問したキッカケ 糖尿病があり食前インスリンをしている患者様が、昼食を絶食してCT検査に行かれました。その患者様は脳梗塞による左半身麻痺があり、普段は右手で杖を使用して歩行されていますが、CT検査室へは車椅子にて誘導しました。ところがCT検査後、車椅子に移乗する際、この患者さまが急に意識消失をされました。昼食絶食だったので低血糖を疑いましたが、血糖値は130台でした。[…][kango-oshigoto.jp]

  • ジギタリス中毒
  • アミロイドーシス

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 全身性アミロイドーシス(指定難病28) ぜんしんせいあみろいどーしす (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. アミロイドーシスとは アミロイドーシスとは、アミロイドと呼ばれるナイロンに似た線維状の異常蛋白質が全身の様々な臓器に沈着し、機能障害をおこす病気の総称です。複数の臓器にアミロイドが沈着する全身性のもの(全身性アミロイドーシス)と、ある臓器に限局してアミロイドが沈着する限局性のもの(限局性アミロイドーシス)に分けられます。 全身性アミロイドーシスの代表的なものとしては、 免疫グロブリン[…][nanbyou.or.jp]

  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス

    熊本大学での国際シンポジウムでAPOLLO第III相試験結果を発表[…][sankeibiz.jp]

  • 房室ブロック Mobitz II型

    伝導異常/ブロック-選択: Conduction abnormality/ atrioventricular heart block -Select -Iブロック -II 度ブロックMobitz I (Wenckebach) -II 度ブロックMobitz II 型 -III 度房室ブロック (完全房室ブロック) -伝導異常[osaka-med.ac.jp] 3種類に分けられる: Mobitz I第2度ブロックでは,PR間隔が拍動毎に漸進性に延長し,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される( Mobitz I第2度ブロック を参照)。[msdmanuals.com] Mobitz I第2度ブロック PR間隔が拍動毎に漸進性に延長していき,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される。 若年のスポーツ選手では,Mobitz I第2度ブロックは生理的なことがある。[msdmanuals.com]

  • 房室ブロック Mobitz I型

    3種類に分けられる: Mobitz I第2度ブロックでは,PR間隔が拍動毎に漸進性に延長し,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される( Mobitz I第2度ブロック を参照)。[msdmanuals.com] Mobitz I第2度ブロック PR間隔が拍動毎に漸進性に延長していき,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される。 若年のスポーツ選手では,Mobitz I第2度ブロックは生理的なことがある。[msdmanuals.com] 高度の第2度房室ブロックでは,P波が2つ毎に(またはそれ以上の頻度で)遮断される( 第2度ブロック(高度) を参照)。 第2度ブロック(高度) 2つのP波が連続して伝導されることがないため,Mobitz IブロックMobitz II型ブロックを鑑別することは困難である。[msdmanuals.com]

  • 第三度房室ブロック

    3種類に分けられる: Mobitz I第2度ブロックでは,PR間隔が拍動毎に漸進性に延長し,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される( Mobitz I第2度ブロック を参照)。[msdmanuals.com] 1度ブロックは PR間隔の延長( 0.20秒)で定義され、通常は良性である。 2度ブロックMobitz Iと IIに分類される。 Mobitz Iブロックの伝導障害部位(block)は結節にある。この場合、ブロックは 概して一時的であり、無症状である。[plaza.umin.ac.jp] Mobitz I第2度ブロック PR間隔が拍動毎に漸進性に延長していき,ついには心房興奮の伝導が途絶してQRS波が脱落し(Wenckebach現象),その次の拍動で結節伝導が再開する;この一連の流れが繰り返される。 若年のスポーツ選手では,Mobitz I第2度ブロックは生理的なことがある。[msdmanuals.com]

  • 徐脈

    適正使用のために必要な医療連携を適宜行ってください。 低血圧、徐脈、房室ブロック 【重大な副作用】 1)の解説(使用上の注意の解説より抜粋) 本剤のβ遮断作用により、心拍数や血圧の低下が起こり、重篤な低血圧、徐脈、房室ブロックを引き起こす可能性があります。異常が認められた場合には、中止するなど適切な処置を行ってください。 発現状況 承認時までの 海外臨床試験 1) での発現率は、低血圧が0.9%(4/435例)、徐脈が0.5%(2/435例:1例は漸増期間中)、房室ブロック(Ⅱ度)が0.2%(1/435例)であった。 国内第Ⅲ相臨床試験 2)[…][maruho.co.jp]

さらなる症状