Create issue ticket

考えれる1,690県の原因 成長障害

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    頻度 高血圧症 26.1% 脂質異常症(高脂血症) 5.8% 厚生労働省特定疾患間脳下垂体機能障害調査研究班 平成5年度報告書 原因 成長ホルモン(GH)、インスリン様成長因子-1(IGF-1)は近位尿細管におけるNa再吸収を促進させ、細胞外液量および総Na量を増加させる作用があります。[acromegaly-center.jp]

  • 栄養失調

    体重減少,発育障害とともに種々の栄養欠乏 症状 があらわれる。第2次大戦中および終戦後の 食糧 事情のきわめて悪かった時代に日本でも多数の人々が栄養 失調 となり,この言葉が一般に知られるようになった。[kotobank.jp] 関連項目 飢餓 田端義夫 腹水 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて 情報 栄養・生化学辞典 の解説 出典 朝倉書店 栄養・生化学辞典について 情報 世界大百科事典 第2版 の解説 えいようしっちょう【栄養失調 dystrophy】 栄養の摂取が慢性的に不十分で,成長・発育や体の維持に必要なカロリー(熱量)および栄養素が欠乏した[kotobank.jp]

  • 胃食道逆流症

    ②神経性食欲不振症(拒食症) 神経性食欲不振症は,若年期発症型と思春期発症型に分類されます.若年期発症型は,10代後半から20代の女性において0.2〜0.5%前後の有病率です.特に10代前半の発症は心身のダメージが大きく,栄養障害により成長障害や骨粗鬆症,不妊,不育などの問題が見られ,死亡率も高い(1〜10%)重篤な心身症です.近年,発生数[dentwave.com]

  • 扁桃炎

    扁桃とは 口の奥にあるのが扁桃で、炎症があると赤くなったり、白いものが付きます 扁桃は、口の奥にある組織で、ちょうど、そら豆 アーモンドぐらいの大きさの豆型、球状の部分です。「扁桃腺」という呼び方は実は正しくなく、正式には「口蓋扁桃(こうがいへいとう)」と呼びます。 扁桃は「リンパ球」という免疫細胞が豊富な部位ですが、何かを分泌しているわけではありません。一般的には「扁桃腺が腫れた」とか「扁桃腺が大きい」と言われることが多いですが、分泌する腺はないので、「扁桃腺」という言葉は医学的には不正確です。[…][allabout.co.jp]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食道炎

    食道炎(びらん・食道潰瘍) 食道炎は食道の粘膜が炎症を起こし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損を起こすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔(こけ)のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血を起こすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。 食道炎で最も多いのは 逆流性食道炎[…][onaka-kenko.com]

  • アシドーシス

    概要 近位尿細管からの重炭酸イオン再吸収障害、あるいは遠位尿細管からの水素イオン排泄の障害のいずれかまたは両方の合併により、酸血症を呈する疾患。小児の多くは先天性で、成長障害を呈する。成人では遺伝性で尿路結石を呈するものと、シェーグレン症候群などの膠原病に起因するものとがある 2. 疫学 推定患者数約100名。 3.[nanbyou.or.jp] 高齢者の場合,骨粗鬆症による骨折リスクを減らすためにも,また,小児の腎不全患者さんの場合には成長障害のリスクを減らすためにも,やはり酸塩基平衡異常に対する治療が重要になってきます。 酸塩基平衡を踏まえて治療することの意義 ――酸塩基平衡の知識を踏まえた治療はこれからも必要ですね。 飯野 もちろんです。[lifesci.co.jp] 症状 成長障害がいずれのタイプの尿細管性アシドーシスにも見られる。 5. 合併症 眼球異常を伴う近位尿細管性アシドーシスでは、緑内障・白内障・帯状角膜変性症などを、成人の尿路結石を呈する遠位尿細管性アシドーシスでは尿路結石症と球状赤血球症、小児の遺伝性遠位尿細管性アシドーシスでは難聴、腎石灰化、腎機能障害などを呈する。 6.[nanbyou.or.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    また、小児に発病すると、成長障害されて低身長症(甲状腺性低身長症)になる。胎児期または生まれてすぐに発病すると、肉体的にも精神的にも成長発育が著しく低下し、顔がむくみ口唇が厚く、鼻が低くて横に広がる特有な顔つきになり、知能低下の状態になる。これをクレチン症という。[kotobank.jp] いずれの場合も女児に多く、甲状腺ホルモンが不足しておりますので治療せずに長期間経過しますと、成長・発達が著しく送れ、低身長・知能障害をきたします。 そのため、早期に発見し、直ちに治療を開始せねばなりません。[satojuichi-cl.com] 甲状腺機能低下症の幼児または10代の若年者では、発育不良や精神発達障害のほか、永久歯の発達や思春期成長に遅延が認められる。 中国哲学および中医学の 理論 によると、物質界の 重要 な構成要素は陰(Yin)と陽(Yang)である。[cochrane.org]

さらなる症状