Create issue ticket

考えれる289県の原因 成長ホルモン分泌不全

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    現在地 : Pfizer co.jp ホーム 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 下垂体機能低下症に関する情報 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 疾患情報 成人の成長ホルモン分泌不全症 成人の成長ホルモン分泌不全症と下垂体機能低下症のサイトです。[pfizer.co.jp] 内分泌部門 内分泌専門医、指導医を中心に内分泌診療を行っています。 下垂体疾患の診断・内科的治療を行っております(内分泌検査入院、外来内分泌試験)。とくに成人成長ホルモン分泌不全症の治療には積極的に取り組んでおります。 甲状腺疾患の診断、内科治療のほか、バセドウ病に対するアイソトープ治療(放射性ヨード内用療法)をおこなうこともできます。[ntt-east.co.jp] 成長ホルモン分泌不全症 では図3のように 低身長 の程度がだんだん強くなるのが特徴です。また 、成長ホルモン分泌不全症 の一部の方には、 脳腫瘍 を伴い 他のホルモン分泌不全 の合併が生じます(図4) 。 脳腫瘍 が発生したときから急に 低身長 が生じるのが特徴です。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    また、原因を特定できない、特発性成長ホルモン分泌不全性低身が多いことも知られています。 身長は年齢とともに伸びますが、成長ホルモン分泌不全性低身長症ではいわゆる成長曲線から遅れて成長することになります。思春期が終了してからの最終的な身長も標準より低くなります。[medicalnote.jp] 追加情報ページへのリンク 成人成長ホルモン分泌不全症に関する 詳細情報 成人成長ホルモン分泌不全症に関する評価・治療例(詳細) (1件) 初診時 成人成長ホルモン分泌不全症に関する エビデンス・解説 (10件) 薬剤監修について: オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光[clinicalsup.jp] 成長ホルモン分泌不全性低身長症とは、成長ホルモンの出方が不足しているために低身長となる病気です。この病気は、原因不明であるもの(特発性)と基礎疾患のあるもの(器質性)に大きく分けられ、器質性のものは先天的なものと後天的なものに分けられます。[growthhormone.co.jp]

  • 幼少の偽性低アルドステロン症

    ホルモン分泌不全性低身長症 43.ポリエックス症候群 44.リング18症候群 45.リンパ管腫 46.全前脳(胞)症 47.クラインフェルター症候群 48.偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群) 49.ソトス症候群 50.グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)[kanegae-ortho.net] 成長ホルモン分泌不全性低身長症 42. ポリエックス症候群 43. リング18症候群 44. リンパ管腫 45. 全前脳(胞)症 46. クラインフェルター症候群 47. 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群) 48. ソスト症候群 49. グリコサミノグリカン代謝障害 (ムコ多糖症)[fukasawa-kyouseishika.jp] ホルモン分泌不全性低身長症 ポリエックス症候群 リング18症候群 リンパ管腫 全前脳(胞)症 クラインフェルター症候群 偽性低アルドステロン症(ゴードン症候群) ソトス症候群 グリコサミノグリカン代謝障害(ムコ多糖症)[kurosawa-kyosei.com]

  • 家族性男性限定思春期早発症

    晩期合併症のなかで最も頻度が高く、成長ホルモン(GH)分泌不全、甲状腺機能異常、性腺機能異常などです。 1)成長ホルモン(GH)分泌不全 放射線照射が最終身長に与える影響は大きく、最終身長が低くなることが知られています。[jshct.com] 成長ホルモン分泌不全、ターナー症候群、SGA性低身長など、成長ホルモン療法の保険適応が認められている体質では成長期に入る前の早い時期から成長ホルモンの注射を開始することによって、大人になった時の身長(最終身長)を改善することができます。 しかし実際には身長の低い人の大半は上記のような成長ホルモン療法が保険適応となる体質とは異なります。[goto-growth.com] 表 小児の造血細胞移植に関連する晩期合併症 内分泌: 成長ホルモン分泌不全(低身長) 甲状腺機能異常 性腺機能異常(思春期早発・遅発、無月経、無精子症) 代謝: メタボリック症候群 その他: 呼吸機能低下 心筋障害 白内障、ドライアイ 難聴 骨塩量減少、骨頭壊死 歯牙形成不全 難治性てんかん 二次がん 内分泌合併症 成長や二次性徴(思春期)[jshct.com]

  • マリブレー低身長症

    (1)成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気 (成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症など) 出産のときの仮死状態や事故などによる脳の外傷、脳腫瘍などで、脳の下垂体が障害をうけることがあります。そうすると、脳の下垂体から成長ホルモン分泌されなくなり、その後の身長の伸びが悪くなって徐々に低身長がめだってきます。[jspe.umin.jp] 現在SGA性低身長症と呼ばれ、成長ホルモン治療が認められているが、日本では、公費助成(小児慢性特定疾患)の対象外である。 成長ホルモン分泌不全性低身長症 [ 編集 ] 下垂体 前葉ホルモンである 成長ホルモン は、小児期の成長(発達にも関与するという説あり)に関与しており、成長ホルモンの欠乏により低身長を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 成長ホルモン(GH)療法は成長ホルモン分泌不全と診断された罹患者に適応される。GH療法は成長ホルモンが正常な小児罹患者にも試験的に行われている。GH療法は成長障害の管理に経験のある医療施設で行われるべきである。[grj.umin.jp]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    二次性低血糖症も多彩であり、 下垂体機能不全成長ホルモン分泌不全症 、 ACTH単独欠損症 、 副腎不全 、 敗血症 、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、 ショック 、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org]

  • 下垂体前葉疾患

    成長ホルモン(GH) 補充 成長ホルモン(GH) 欠乏[小児の成長障害(低身長)、 成人成長ホルモン分泌不全症 ]には、 成長ホルモン剤 の自己注射行います。 小児は早期から 成長ホルモン(GH) 注射を開始し、最終身長の正常化を目標とします。 成人成長ホルモン分泌不全症 は重症症例のみ治療適応。[nagasaki-clinic.com] 下垂体前葉機能低下症(ゴナドトロピン分泌低下症、副腎皮質刺激ホルモン分泌低下症、甲状腺刺激ホルモン分泌低下症、成長ホルモン分泌不全症、プロラクチン分泌低下症)は指定難病であり、中等症および重症などの場合は申請し認定されると、保険料の自己負担分の一部が公費負担として助成される。[clinicalsup.jp] 中等症:「重症成長ホルモン分泌不全性低身長症」を除く成長ホルモン分泌不全性低身長症のうち、全てのGH頂値が6ng/mL以下(GHRP-2負荷試験では16ng/mL以下)のもの D-2.成人(成人GH分泌不全症) 1.主要項目 I.主症候及び既往歴 1.小児期発症では成長障害を伴う(注1)。[nanbyou.or.jp]

  • 男性思春期遅発症

    このため、成長ホルモン分泌不全症の診断には、血液中の成長ホルモンを増やす作用のある薬を注射したり服用したりした後、30分ごとに採血して調べる“負荷試験”をします。この検査で成長ホルモンが一定濃度以上にならなければ成長ホルモン分泌不全症と診断し、成長ホルモン治療を開始することができます。[tokushukai.or.jp] 成長ホルモン分泌不全症」というのは1つの原因で起こる病気というわけではなく、特別の検査をして成長ホルモンが十分分泌されていないことが確認された人に付ける病名です。ですので、それぞれの原因によって低身長の現れ方は異なります。[tokushukai.or.jp] ①症状が成長障害だけではない病気(病気そのものの治療が必要) 甲状腺機能低下症、脳腫瘍、腎不全、慢性の腸や肝臓の病気、劣悪な養育環境など ②成長ホルモン注射が効果のある低身長 成長ホルモン分泌不全症、ターナー女性、軟骨無(低)形成症、プラダーウィリー症候群 ③成長ホルモン注射が効果のない低身長 多くの骨疾患、成長ホルモン受容体異常症、体質性低身長[tokushukai.or.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    成長ホルモン治療を考えておられる患者さん、成長ホルモン分泌不全症が疑われる患者さんは、一度来院頂きご相談ください。 当院では、成長ホルモン分泌不全症について経験豊富な専門医が診療しております。適切な診断、治療の導入や管理等をさせて頂きます。[tamada-clinic.jp] 中等症:「重症成長ホルモン分泌不全性低身長症」を除く成長ホルモン分泌不全性低身長症のうち、全てのGH頂値が6ng/mL以下(GHRP-2負荷試験では16ng/mL以下)のもの D-2.成人(成人GH分泌不全症) 1.主要項目 I.主症候及び既往歴 1.小児期発症では成長障害を伴う(注1)。[nanbyou.or.jp] こちら へ) (成長ホルモン分泌不全低身長症も 「低身長児・者友の会(ポプラの会)」 があります。) ※クッシング病は、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が過剰に分泌される、下垂体由来の病気です。 一方、クッシング症候群は副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が過剰に分泌される副腎由来の病気です。[kasuitai.lolipop.jp]

さらなる症状