Create issue ticket

考えれる184県の原因 成長および発育遅延

  • うつ病

    うつ病とは うつ病とは気分が沈んだ状態が何週間も続く病気です。 うつ病の症状は こころとからだの両方 にあらわれます。 うつ病の9大症状として下記の症状があります 1.抑うつ気分[…]気持ちがふさぎこんでいる状態 気分が落ち込む 憂うつだ、むなしい 悲しい気持ちになる すごく不安 2.興味や喜びの喪失[…]これまでやっていた活動や趣味にすら興味を持てなくなる 何にも関心をもてない 全く興味がわいてこない 以前は楽しかったことも今は全然楽しくない 3.食欲の減退[…]食欲ない状態が続くこと 何も食べたくない、食べても味がしない 異常に食欲が出る 特定のものばかり食べたくなる[…][asahi-kokoro.com]

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄欠乏性貧血 (てつけつぼうせいひんけつ、 英 : iron deficiency anemia, IDA )とは、体内に 鉄 が不足する事により、充分に ヘモグロビン を生産できなくなることで生じる 貧血 のことである。 病態 [ 編集 ] 赤血球 は細胞内に 血色素 (ヘモグロビン;Hb)を含有しており、 鉄 は血色素を構成する必須成分の1つである。血色素が酸素を結合して運べるのは、鉄の存在があればこそである。その鉄が体内で不足する事により、充分な血色素を 生合成[…][ja.wikipedia.org]

  • 亜鉛欠乏症

    発育遅延または体重増加不良という直線的な成長や体重増加の大幅な遅れは、子供の軽度亜鉛欠乏症の一般的特徴である。1970年代や1980年代には、成長にかなりの遅れのある年少の子供に亜鉛補給をする数件の無作為化プラセボ対照試験がコロラド州デンバーで行われた。[lpi.oregonstate.edu]

  • 動脈管開存症

    動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、英: patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生の哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。初期には大動脈から肺動脈への血液の流入(左 右短絡)により肺の血液量が増加し、左心系うっ血性心不全を示すが、病気の進行により肺動脈圧が大動脈圧を超えると肺動脈から大動脈への血液の流入(右 左短絡)が生じ、静脈血が全身に循環することにより低酸素血症を示す(アイゼンメンガー症候群)。動脈管開存症では通常の血流量より多くの血液が流れるため、肺動脈や肺静脈の血管径は拡張する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 小児クローン病

    クローン病 (クローンびょう、 英 : Crohn's disease 、 略 : CD )は、主として 口腔 から 肛門 までの全 消化管 に、非連続性の慢性肉芽腫性 炎症 を生じる原因不明の炎症性疾患で [1] 、 厚生労働省 より 特定疾患 に指定されている [2] 。 潰瘍性大腸炎 とともに 炎症性腸疾患 (IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。 歴史 [ 編集 ] 1932年 に ニューヨーク大学 の マウントサイナイ病院 の内科医ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される [3][…][ja.wikipedia.org]

  • 若年性関節リウマチ

    同じ病気の子どもを持ち悩みや体験を共有 若年性関節リウマチは、いまだ原因が詳細に解明されていないうえ、治療法も十分に確立されていない難病です。このような若年性関節リウマチの子どもを持つ親の会「あすなろ会」の活動の現況について同会事務局の石垣成子さんに寄稿をお願いしました。 あすなろ会事務局 石垣成子 若年性関節リウマチ「JRA」とは 「あすなろ会」とは、若年性関節リウマチ「JRA」の子どもを持つ親の会の名称です。[…][jpma.or.jp]

  • クローン病

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。[…][nanbyou.or.jp]

  • 原発性免疫不全症

    免疫には、抗体による液性免疫と、リンパ球の中のT細胞による細胞性免疫とがあって、そのいずれかあるいは両方の生まれつきの欠陥で免疫不全となります(先天性免疫不全症候群)。また、液性免疫反応に重要な役割を果たす補体が欠損していても免疫不全が起こります(表7―13)。 液性免疫不全 血液中の主要なたんぱく質はアルブミンとグロブリンです。抗体は、グロブリンに属し免疫グロブリン(Ig)と呼ばれ、G、A、M、D、Eの5種類があります。正常の場合、血液中にはIgGがもっとも多く、A、M、D、Eの順に少なくなります。 【無ガンマグロブリン血症】[…][cocokarada.jp]

  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

  • クリオピリン関連周期熱症候群

    1.1どのような病気ですか? クリオピリン関連周期熱症候群(CAPS)は稀な自己炎症性疾患で、家族性寒冷蕁麻疹(FCAS)、マックル-ウェルズ症候群(MWS)、CINCA症候群(CINCA、別名 新生児期発症多臓器性炎症性疾患(NOMID))の3つが含まれます。これらの病気は最初異なる病気として報告されましたが、臨床的な類似点を共有しています:全身性に炎症に伴って、発熱、蕁麻疹様の皮疹、様々な重症度の関節症状を認めます。 これら3つの病気は、重症度という点から見て、連続したものととらえることができます。FCASは最も軽症で、CINCA(NOMID)は最も重症、MWSは中間型です。[…][printo.it]

さらなる症状