Create issue ticket

考えれる297県の原因 成人は無症状のことがある

  • ウイルス性下気道感染症

    幼若乳児や、年長児、また成人では典型的な症状がみられず、診断が難しいことも少なくありません。 乳児では重症になり、特に新生児がかかると呼吸となり、致死的となることがあります。肺炎、脳症を合併することがあります。 (3)予防方法 予防接種(ワクチン)があります。[city.okazaki.lg.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマが感染しても成人ではほとんどが症状に終わりますが、妊婦に感染すると胎盤を通して胎児に感染し、胎児死亡や流産の原因になります。死亡しなかった児もトキソプラズマに感染して先天性トキソプラズマ感染症を発病します。[topics.or.jp] しかし、出生時症状であっても、成人になるまでに網脈絡膜炎や神経症状(てんかん様発作、痙攣など)等を呈することがあり、トキソプラズマ胎内感染の実態は不明であるのが実状ですが、都市圏での頻度から少なく見積もって約0.05%(年間約600人)の発症と推定されています。[jaog.or.jp] 出生時症状であっても、成人になるまでに網脈絡膜炎や神経症状(てんかん様発作、痙攣など)等を呈することもあり、トキソプラズマ胎内感染の実態は不明であるのが実状です。 母親がトキソプラズマに感染した時期によって先天性トキソプラズマ症の発生率と重症度は違います。[saitama-vma.org]

  • 胆石症

    日本人成人の10人に1人は胆石を持っているとされ、検診での症状胆石が増えるかと思われます。また高齢(70歳以上では20%)になるほど発症率が増加します。 受診時の平均年齢は、胆のう結石が56.3歳、胆管結石:66.9歳で、やや女性に多い傾向です(男女比は、1:1.12)。[sada.or.jp]

  • ポリープ

    胃ポリープとは違って大部分が腺腫で、その10 15%くらいに局在癌 (がん) がみられ、家族性大腸ポリポーシスでは成人の場合約80%に肉眼的にも癌化がみられる。多くは症状で、大腸X線検査や大腸ファイバースコープによって容易に診断されるが、質的診断には生検が必要となる。[kotobank.jp]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    幼若乳児や、年長児、また成人では典型的な症状がみられず、診断が難しいことも少なくありません。 乳児では重症になり、特に新生児がかかると呼吸となり、致死的となることがあります。肺炎、脳症を合併することがあります。 (3)予防方法 予防接種(ワクチン)があります。[city.okazaki.lg.jp]

  • 内分泌機能不全

    欠乏したホルモンの欠落症状が出現します(ACTH欠落症状:倦怠感、食欲不振、低血糖など、TSH欠落症状:寒がり、活発済低下、徐脈、うつ症状、脱毛など、性腺刺激ホルモン欠落症状月経、体毛脱落 陰部、わき 、インポテンツなど、GH欠落症状:(小児期)低身長、(成人)内臓脂肪型肥満、骨密度低下、うつ症状など、PRL欠落症状:乳汁分泌低下、排卵障害[kimura-endo-diabetes-clinic.com] : 性欲低下、ED、男性不妊など 成人女性: 月経、不妊など プロラクチン なし 女性: 授乳中の乳汁分泌低下 男性: 明かな症状なし 7.[nanbyou.or.jp] 授乳期でない成人女性において、乳汁分泌、月経など月経異常、不妊を呈します。男性では無症状のことも多いですが、性欲低下、勃起障害、乳汁分泌が生じます。原因は様々であるので、それぞれに対する治療を行います。 薬物が原意の場合は服薬を中止、甲状腺機能低下が原因の場合は甲状腺ホルモンを補充します。[kimura-endo-diabetes-clinic.com]

  • 伝染性単核球症

    米国では、35-40歳の成人の95パーセントがEBV に感染しています。多くのこどもがEBVに感染しますが、症状であったり、軽い症状の場合が多いです。日本・米国などの先進国では、こども時代にEBVに感染しない人も少なくありません。思春期や若者時代に初めてEBVに感染した場合には、35-50パーセントが、伝染性単核症になります。[city.yokohama.lg.jp]

  • RSウイルス感染症

    新生児・乳幼児や免疫不全者は重症化しやすく、合併症として、呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症などがある。成人のRSウイルス感染症では概ね感冒様症状を呈するが、感染源となるため、新生児・乳幼児等との接触には注意が必要である。高齢者のRSウイルス感染症においてはインフルエンザと同程度の肺炎発症が認められ、致命率も高い。[town.ranzan.saitama.jp] 症状は、水のような鼻水、鼻づまりから始まり、次第に、ひどい咳、むせるような咳 、呼吸数が多くなる多呼吸や肋骨の下がへこむ陥没呼吸などの呼吸困難の症状が悪化し、呼吸をさぼり突然死につながる呼吸を起こし重症化することがあります。小学生以上の学童や成人の場合、RSウイルスは鼻から感染し、風邪程度でおさまる事が多いです。[kosei.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    尋常性魚鱗癬について 皮膚が硬くなり、うろこのようなかさつきが全身にできる皮膚の病気 皮膚の保湿に必要なたんぱく質をつくる遺伝子の異常 遺伝形式は 常染色体優性遺伝 である 生まれた時は症状で、乳幼児期から10歳くらいまで症状が進むことが多い たいていの場合は青年期や成人するにつれて症状は軽快していく 皮膚のフィラグリンというタンパク質が[medley.life]

  • 睡眠時無呼吸症候群

    また、成人病系の合併症を引き起こす要因となるとも言われています。 症状と合併症について 検査について 睡眠時呼吸症候群は「睡眠中の出来事」ですので、1晩の検査入院が必要です。睡眠に関する様々なことを測定する「終夜睡眠ポリグラフィー」という検査を実施します。[koto-hospital.or.jp]

さらなる症状

類似した症状