Create issue ticket

考えれる20県の原因 憩室炎

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(低カリウム血症、高カルシウム血症) 薬物性(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に腎疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 血栓症

    主な原因疾患には膵、肝硬変、、胆管癌などがある。 腎静脈血栓症は血栓による腎静脈の閉塞である。尿量減少や血尿が症状として現れやすい。抗凝固療法が治療として選択されることが多い。 頚静脈血栓症は感染症、薬剤の血管内投与、悪性腫瘍などによって起きる。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸炎

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸、大腸症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org] 腸閉塞、虫垂、鼠径ヘルニア。[ja.wikipedia.org]

  • 消化管出血

    代表的な疾患には 大腸癌 虚血性大腸 腸重積 上腸間膜動脈血栓症 潰瘍性大腸炎・クローン病 腸管出血性大腸菌O157や細菌性赤痢などの出血性大腸炎などがある。 初期治療は静脈点滴および輸血などの蘇生を重視したものである。輸血はヘモグロビン値が70または80 g/L以下でない限り推奨しないことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂切除術

    消化器系 腸、大腸、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣炎、卵管炎 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂腎炎 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org] 腹痛を起こす疾患は数限りなくあり、右下腹部痛だけとっても腸、大腸症、卵巣、卵管炎、さらには単なる便秘なども考えなくてはならない。超音波検査やCTで炎症性に腫大した虫垂が描出されれば診断はほぼ確定するが、すべての症例にみられるわけではない。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    消化器系 腸、大腸、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣炎、卵管炎 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂腎炎 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org] 腹痛を起こす疾患は数限りなくあり、右下腹部痛だけとっても腸、大腸症、卵巣、卵管炎、さらには単なる便秘なども考えなくてはならない。超音波検査やCTで炎症性に腫大した虫垂が描出されれば診断はほぼ確定するが、すべての症例にみられるわけではない。[ja.wikipedia.org]

  • 憩室炎

    と周囲の好中球にCEAの染色性を認めた.血清CEA値は術後正常化し,高CEA血症の原因はS状結腸と考えられた.[doi.org] ガストログラフィン注腸検査ではS状結腸に高度の狭窄が見られ, 腹部造影CTで同部位に浮腫性変化による壁肥厚とを認めたため, による腸閉塞と診断した. 大腸内視鏡は, 腸の屈曲が強く病変部まで挿入できなかった. 開腹するとS状結腸周囲は炎症が激しく, 強固に癒着していたが剥離可能であった.[jstage.jst.go.jp] 抄録 症例は44歳,女性.下腹部痛を主訴に受診.CT検査でS状結腸に炎症性壁肥厚を認め,S状結腸と診断し保存的治療で一旦軽快.1カ月後に再燃し,炎症反応の軽度高値が持続した.血清CEA値は初診時に8.7ng/mlと高値で,2カ月後13.4ng/ml,4カ月後16.3ng/mlと上昇した.注腸検査,大腸内視鏡検査とも充分な検査ができず,[doi.org]

  • 胆嚢炎

    急性胆嚢と鑑別を要する疾患としては、右上腹部の炎症性疾患である胃十二指腸潰瘍、結腸、急性膵炎などがあげられる。消化器疾患以外では心疾患やFitz-Hugh-Curtis症候群、胆嚢癌の合併などが考えられる。 胆嚢炎を起こした場合は血液検査、画像診断が行われる。白血球数、CRPの上昇によって炎症であることがわかる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性胆嚢炎

    急性胆嚢と鑑別を要する疾患としては、右上腹部の炎症性疾患である胃十二指腸潰瘍、結腸、急性膵炎などがあげられる。消化器疾患以外では心疾患やFitz-Hugh-Curtis症候群、胆嚢癌の合併などが考えられる。 胆嚢炎を起こした場合は血液検査、画像診断が行われる。白血球数、CRPの上昇によって炎症であることがわかる。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胆嚢炎

    急性胆嚢と鑑別を要する疾患としては、右上腹部の炎症性疾患である胃十二指腸潰瘍、結腸、急性膵炎などがあげられる。消化器疾患以外では心疾患やFitz-Hugh-Curtis症候群、胆嚢癌の合併などが考えられる。 胆嚢炎を起こした場合は血液検査、画像診断が行われる。白血球数、CRPの上昇によって炎症であることがわかる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状