Create issue ticket

考えれる78県の原因 慢性遊走性紅斑

  • ライム病

    注1)ライム病: Borrelia burgdorferi を保菌しているマダニに咬まれると,過半数のヒトに数日ないし1ヵ月の間に皮膚にができ,拡大したり,二次の出ることもある(慢性 ECM,第1期)。[idsc.nih.go.jp] 米国整形外科学会(AAOS)は11月1日、ライム病の一般的な症状である慢性がない場合でも、膝の滲出液がライム病の初期症状の可能性があることを示唆した文献レビューを紹介した。JournaloftheAmericanAcademyofOrthopaedicSurgeons(JAAOS)11月号に掲載。[m3.com] ライム病は、発熱、食欲不振、元気消失、リンパ節の腫脹などのカゼに似たような症状や関節の硬直、疼痛、跛行、皮膚の慢性、さらに治療をしないまま放置すると、心筋炎、心膜炎を起こしたり、神経症状が見られるようになることもあります。[elmer.gr.jp]

  • 慢性遊走性紅斑

    特徴的に咬傷部位に赤色の丘疹が生じ、その中心から色が薄くなり、非鱗屑、帯状の浸潤が遠心に広がる。慢性はしばしば悪寒、発熱、頭痛、嘔気、疲労、背部痛および項部硬直などの症状を伴う。[dermis.net] 人畜共通感染症 / ズノ-シス 研究概要 ライム病感染時に出現する特異的所見の慢性(Erythema chronicum migrans ECM)1921年スウェーデンのAfzelius医師によりマダニ(Ixodes ricinus)寄生後に出現する皮膚症状としてすでに報告されていた。[kaken.nii.ac.jp] ポイント: 実臨床で、環状を呈する皮疹をみた際、所謂環状のなかでは、遠心環状、膠原病に伴う環状慢性(ライム病)など;鑑別すべき疾患 のなかでは蕁麻疹、体部白癬の頻度が高い。ほかに環状肉芽腫、好酸球性膿疱性毛包炎などの評価を含めた問診・採血や、生検を基本として評価を進める。[clinicalsup.jp]

  • 遠心性環状紅斑

    スピロヘータの感染症)による慢性、内臓の悪性腫瘍に伴うもの、妊娠に伴うもの、 虫刺症 によるもの、原因不明の 遠心 性 環状 紅 斑 、遠心性丘疹性紅斑など、多様です。[symptoma.jp] たとえば、 ライム病 による慢性であれば、テトラサイクリン系(ミノマイシンなど)またはペニシリン系抗菌薬(パセトシンなど)を2 4週間、内服投与します。[qlife.jp] たとえば、ライム病による慢性であれば、テトラサイクリン系(ミノマイシンなど)またはペニシリン系抗菌薬(パセトシンなど)を2〜4週間、内服投与します。[katei-igaku.jp]

  • ダニ麻痺症

    発生地域 北海道 感染経路 マダニは、ダニ媒介感染症(重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎、日本紅斑熱、ツツガムシ病、回帰熱、ライム病など)の原因となる病原体を保有していることがあり、ヒトはマダニに咬まれることでこれらの病気に感染 主な症状 共通する症状 発熱、倦怠感、関節痛、筋肉痛、髄膜炎、脳炎、痙攣、麻痺、意識障害、慢性[city.yamatotakada.nara.jp] 《ライム病》 潜伏期間は12 15日程度で、主な症状としては発熱(微熱であることが多い)、倦怠感、慢性、まれに心筋炎、髄膜炎があります。 《回帰熱》 潜伏期間は7 10日程度で、主な症状としては39度以上の発熱、筋肉痛、関節痛、倦怠感等があります。[city.koshigaya.saitama.jp] 北海道内で過去に患者が確認されている主な病気 病名 潜伏期間 主な感染経路と症状 治療薬 ライム病 12から15日程度 ・細菌を保有したマダニに咬まれることによって感染する ・発熱(微熱であることが多い)、倦怠感、慢性、まれに心筋炎・髄膜炎 テトラサイクリン系の抗菌剤 回帰熱 7から10日程度 ・細菌を保有したマダニやシラミ(国内[city.asahikawa.hokkaido.jp]

  • ライム髄膜脳炎

    《ライム病》 潜伏期間は12 15日程度で、主な症状としては発熱(微熱であることが多い)、倦怠感、慢性、まれに心筋炎、髄膜炎があります。 《回帰熱》 潜伏期間は7 10日程度で、主な症状としては39度以上の発熱、筋肉痛、関節痛、倦怠感等があります。[city.koshigaya.saitama.jp] 髄膜刺激症状の他に、精神症状(意欲低下、行動異常)あり アシクロビル Ara-A (ビダラビン) ボレリア症 (ライム病) ダニによって媒介されるBorrelia burgdorferi(スピロヘータ)の感染が原因で起きる疾患で,保菌動物は野ネズミやシカで,マダニが媒介する.初発症状は,咬傷部位から始まる拡大環状である慢性[sapmed.ac.jp] 北海道内で過去に患者が確認されている主な病気 病名 潜伏期間 主な感染経路と症状 治療薬 ライム病 12から15日程度 ・細菌を保有したマダニに咬まれることによって感染する ・発熱(微熱であることが多い)、倦怠感、慢性、まれに心筋炎・髄膜炎 テトラサイクリン系の抗菌剤 回帰熱 7から10日程度 ・細菌を保有したマダニやシラミ(国内[city.asahikawa.hokkaido.jp]

  • 連圏状ひ糠疹

    /遠心環状/全身性エリテマトーデスの環状/Sjogren症候群の環状/手掌慢性/遠心性丘疹性紅斑/持久性隆起性紅斑/Sweet病/骨髄異形成症候群ほか 紫斑病 アレルギー性紫斑病/単純性紫斑/うっ血性紫斑/血小板減少性紫斑/クリオグロブリン血症性紫斑/高γ‐グロブリン血症性紫斑/播種性血管内凝固症候群(DIC)[bookclub.kodansha.co.jp] /魚鱗癬様紅皮症/後天性魚鱗癬/水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症/非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症/CHILD症候群/道化師様胎児 Darier病/Heiley-Hailey病/ロリクリン角皮症/Sjogren-Larsson症候群/Rud症候群ほか 紅斑症・紅皮症と類症 多形滲出性紅斑/結節性紅斑/皮膚粘膜眼症候群/Behcet病/Bazin硬結[bookclub.kodansha.co.jp]

  • 膝の関節炎

    慢性 ライム病 筋力低下 筋炎 結節性紅斑 ベーチェット病、サルコイドーシス、炎症性腸疾患、溶連菌感染症 ソーセージ指、皮膚硬化 全身性強皮症、MCTD ゴットロン徴候 皮膚筋炎 爪周囲の出血点 全身性強皮症、皮膚筋炎 眼瞼・舌裏側・手指。[ja.wikipedia.org] 身体所見 鑑別疾患 結膜炎 シェーグレン症候群、反応性関節炎 ぶどう膜炎 ベーチェット病、サルコイドーシス、炎症性腸疾患、強直性脊椎炎 側頭動脈の発赤・腫脹 側頭動脈炎 耳下腺腫脹 シェーグレン症候群 耳介の発赤 再発性多発軟骨炎 口腔粘膜の再発アフタ潰瘍 ベーチェット病 口腔内齲歯 シェーグレン症候群、感染心内膜炎 乾癬様皮疹 乾癬関節炎[ja.wikipedia.org]

  • 少関節炎

    慢性 ライム病 筋力低下 筋炎 結節性紅斑 ベーチェット病、サルコイドーシス、炎症性腸疾患、溶連菌感染症 ソーセージ指、皮膚硬化 全身性強皮症、MCTD ゴットロン徴候 皮膚筋炎 爪周囲の出血点 全身性強皮症、皮膚筋炎 眼瞼・舌裏側・手指。[ja.wikipedia.org] 身体所見 鑑別疾患 結膜炎 シェーグレン症候群、反応性関節炎 ぶどう膜炎 ベーチェット病、サルコイドーシス、炎症性腸疾患、強直性脊椎炎 側頭動脈の発赤・腫脹 側頭動脈炎 耳下腺腫脹 シェーグレン症候群 耳介の発赤 再発性多発軟骨炎 口腔粘膜の再発アフタ潰瘍 ベーチェット病 口腔内齲歯 シェーグレン症候群、感染心内膜炎 乾癬様皮疹 乾癬関節炎[ja.wikipedia.org]

  • 関節滲出液

    米国整形外科学会(AAOS)は11月1日、ライム病の一般的な症状である慢性がない場合でも、膝の滲出液がライム病の初期症状の可能性があることを示唆した文献レビューを紹介した。JournaloftheAmericanAcademyofOrthopaedicSurgeons(JAAOS)11月号に掲載。[m3.com]

  • モルフェア

    […] dl、T-bil 0.5 mg/dl、 AST 100 IU/l、ALT 138 IU/l、LDH 320 IU/l、ALP 419 IU/l 、BUN 20 mg/dl、Cre 0.87 mg/dl、CRP 1.3 mg/dl 診断 :マダニ咬傷の既往は明らかではなかったが、ライム病の好発地域である北海道で林業に従事していること、典型的な慢性[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状