Create issue ticket

考えれる1,101県の原因 慢性肝炎, 高血圧症

  • 肝炎

    一連の検査からNASHの疑いが濃くなると、脂肪肝の原因となる肥満、糖尿病、血圧、脂質異常、メタボ体質等の有無を精査し、肝機能の悪化を抑える薬に加え、血圧や脂質異常症を改善する薬やビタミン剤を組み合わせた治療が行われます。[sawai.co.jp] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 血液検査にて、HCV-RNA陽性でALTが正常な場合は無症候性キャリアであるが、多くの場合はALT高値持続し慢性肝炎状態となる。ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・肝細胞癌発症となってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 病的肥満

    脂質異常治療薬の服用を中止した患者は、それぞれ47%、60%(p 0.15)、血圧治療薬の服用を中止した患者は、それぞれ29%、51%(p 0.02)だった。 QOL(p 0.85)や治療関連死亡率も、両群間で統計的有意差はなかった。[carenet.com] さらにNASHと呼ばれる肝炎を発症しやすくなります。NASHは放置すると慢性肝炎・肝硬変に進行するので要注意です… 記事を読む 次の記事 具体的な対策やダイエット方法は? 1 2 病気・健康記事を探す 病名・症状から探す 身体の部位から探す カテゴリーから探す 記事ランキングから探す ページの先頭へ戻る[nhk.or.jp] 脂肪肝を放置すると、肝臓の機能が低下し、慢性肝炎となり、やがて脂肪性肝硬変や肝がんといった、重大な病気へと進行してしまうこともあります。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、自覚症状があらわれにくいので注意が必要です。 症状セルフチェック 糖尿病、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)、高血圧など、肥満はさまざまな生活習慣病の大きな要因となります。[takeda-kenko.jp]

  • 肝硬変

    一連の検査からNASHの疑いが濃くなると、脂肪肝の原因となる肥満、糖尿病、血圧、脂質異常、メタボ体質等の有無を精査し、肝機能の悪化を抑える薬に加え、血圧や脂質異常症を改善する薬やビタミン剤を組み合わせた治療が行われます。[sawai.co.jp] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 最も多い合併症は門脈圧亢進。ほかに、肺血圧や血液疾患など。 門脈圧亢進症により食道、胃、直腸静脈瘤からの消化管出血や門脈圧亢進性胃腹水、急性腎障害などの症状が現れる。 心血管系合併により、血管拡張、肺内右左短絡、低酸素(肝肺症候群)。 肺血圧 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化管出血、葉酸欠乏症。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性腸疾患

    血圧、動脈硬化、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞・胸の痛み)、不整脈(心房細動など・動悸)、心不全(むくみ・息切れ) など 消化器疾患 胃炎(腹痛、吐き気など)血圧、食道炎(胸やけ・げっぷ)、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、大腸疾患(過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎など)、脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、胆石、胆のうポリープ、膵炎、悪性疾患など 胃腸科ページ[oyumino-c.com] ネフローゼ症候群、急性腎不全、慢性腎不全、腎盂腎炎、透析、糖尿病性腎症、妊娠高血圧症候群、慢性肝炎、肝硬変) 脂質コントロール食 (急性膵炎、慢性膵炎、胆石症、胆のう炎、肝不全、急性肝炎慢性肝炎) 形態調整食 (咀嚼困難) 嚥下食 (嚥下困難) 化学療法食 (化学療法の吐き気・味覚障害などの副作用により、食欲不振の方向け) さくら食(宗教[hosp.ncgm.go.jp] 、肥満、尿酸血(痛風)、血圧、甲状腺機能異常症[sl-medical.gr.jp]

  • 特発性肝硬変

    10 特発性血小板減少性紫斑病 38 プリオン病 11 結節性動脈周囲炎 ※2 39 肺動脈性肺血圧 12 潰瘍性大腸炎 40 神経線維腫症 13 大動脈炎症候群 ※3 41 亜急性硬化性全脳炎 14 ビュルガー病 ※4 42 バッド・キアリ(Budd-Chiari)症候群 15 天疱瘡 43 慢性血栓塞栓性肺血圧 16 脊髄小脳変性症[dai-ichi-life.co.jp] 特に意識状態の異常や凝固能力の低下が伴った場合は劇症肝炎への移行が疑われるため、血漿交換などの特殊な治療が必要となり、急を要します。 2)慢性肝炎 慢性肝炎の原因のほとんどがB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスです。[cick.jp] 118 肺静脈閉塞/肺毛細血管腫 18 球脊髄性筋萎縮 69 神経性食欲不振 119 肺動脈性肺血圧 19 急速進行性糸球体腎炎 70 神経線維腫症 120 肺胞低換気症候群 20 強皮症 71 神経有棘赤血球症 121 バッド・キアリ症候群 21 巨細胞性動脈炎 72 進行性核上性麻痺 122 ハンチントン病 22 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症[city.okinawa.okinawa.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    身体的症状 消化器系症状 慢性胃炎,胃潰瘍(腹痛,食欲不振,吐気,嘔吐,吐血) 大腸障害(下痢) アルコール性肝炎すなわち脂肪肝(肝肥大,右上腹部痛,全身倦怠感) 肝硬変(黄疸,腹水) 膵臓炎,騨石(腹痛) 糖尿病 循環器系(心臓,血管系)症状 血管拡張(酒焼け,赤ら顔くも状血管腫) 動脈硬化血圧,循環障害 アルコール性心筋症(心肥大[synapse.ne.jp] 身体への影響 急性肝炎、肝硬変、肝癌、急性・慢性膵炎、膵臓癌、糖尿病、高血圧、痛風、逆流性食道炎、食道静脈瘤破裂、マロリ―ワイス症候群、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌、胃癌、大腸癌、末梢神経障害、大腿骨骨頭壊死、心筋症、不整脈、頭部外傷など、アルコールはあらゆる身体疾患を引き起こします。[sakuranoki-akihabara.com] 生活習慣病には、がん、心臓病、脳卒中をはじめ、糖尿病、血圧、脂質異常脂血)、メタボリックシンドロームなども含まれます。 特に、メタボリックシンドロームに関連する血圧、脂質異常脂血症)、高血糖には過度の飲酒が関連していることが多いといわれています。[alcoholic-navi.jp]

  • アルコール離脱

    消化器系障害 脂肪肝 アルコール性肝炎 肝硬変 食道炎 マロリーワイス症候群 胃・十二指腸潰瘍 すい炎 糖尿病 外科系障害 突発性大腿骨骨頭壊死 事故やけんかによる外傷 やけど 骨折しやすい 循環器系障害 血圧 アルコール性心筋 その他 インポテンツ アルコール性弱視 多発性神経症 急性アルコール中毒 「イッキ飲み」はアルコールの血中濃度[city.sendai.jp] 《C型肝炎とアルコール》 これまでの研究で、アルコールの多量飲酒者の慢性肝炎などには、C型肝炎ウィルスに感染している例が多いことが分かってきました。またアルコールによる肝臓の障害とC型肝炎ウィルスによる障害が重なっている場合、肝がんの発生率が高いことも分かっています。いずれにしろ、お酒をやめ、十分な栄養をとることが大切です。[pref.kyoto.jp] 身体的問題:アルコールは、口腔・咽頭がん、肝硬変、骨粗しょう、食道炎、食道がん、食道静脈瘤、心筋梗塞、血圧、不整脈、膵炎、糖尿病、胃炎、胃潰瘍、胃がん、大腸がん、通風、抹消神経障害、大腿骨骨頭壊死などさまざまな病気の原因となるといわれています。[jiseikan.salvationarmy.or.jp]

  • 甲状腺機能亢進症

    治療は飲み薬やヨウ素を制限したフードがありますが、 腎機能が低下している子(BUN,CREの上昇)、血圧があるような子などでは 治療を始めて体調が悪くなることがあります。 また薬には副作用があるため、用量を慎重に決めなければなりません。 上記なような症状がある子は血液検査することをおすすめします。[animal-hospital.co.jp] すぐに思いつくのは、 慢性肝炎 ・ 肝硬変 など 肝臓の病気 、 慢性腎臓病 など 腎臓の病気 でしょう。あるいは 糖尿病 や 心不全 などの 心臓病 、 貧血 、各種の がん などでも高い頻度で疲れをきたします。また、 睡眠時無呼吸症候群 などの 睡眠障害 、 うつ病 などの 心の病気 でも疲れをきたすことはよく知られています。[akashi-clinic.com] ほっておくと、甲状腺中毒性心筋が進行し、頻脈・不整脈・心雑音・胸水がたまる・心臓が肥大する・肺水腫が生じる危険性があります。また、血圧を生じたねこちゃんでは、高血圧による網膜剥離や眼底出血が生じ急に眼が見えなくなったと気づくこともあります。8歳を過ぎた高齢期に入るねこちゃんでは、特に注意が必要です。[aipetclinic.com]

  • 脂肪肝

    日本では、2005年にメタボリックシンドロームの診断基準基準が規定され、それによると、ウエスト周囲径が、男性では85cm以上、女性では90cm以上を認め、さらに、脂質異常血圧、空腹時血糖のうち2項目以上が該当する方が該当するとされています。[kochi-ms.ac.jp] HBV に小児期で感染すると持続感染となり、大部分は無症状で経過しますが約1割は慢性肝炎を発症します。成人の感染ではほとんどが急性肝炎で終わります。しかし、近年ジェノタイプAと呼ばれる外国からのHBVが増加し、10%が慢性化するといわれています。[nho-kumamoto.jp] 発症機序からは、脂肪肝の段階で食事や運動で生活習慣を改善し、肥満、糖尿病、脂血血圧を是正することが重要です。 CさんとA先生の会話(診察室にて) Cさんは70歳代の女性。9年前に肝機能障害を認めるため、血液検査、腹部超音波検査を受けました。[tsuchiya-hp.jp]

さらなる症状

類似した症状