Create issue ticket

考えれる1,072県の原因 慢性肝炎, 腹痛

  • 肝硬変

    急性型と慢性型に分けられ、急性型の症 状は重篤で、腹痛、嘔吐、急速な肝臓の腫大、腹水等で発症し、多くが1ヶ月以内に死亡するが、希である。大部分は慢性型で、多くの場合無症状で経過し、次 第に下腿浮腫、腹水、腹壁静脈怒張等を認める。また門脈圧亢進に伴う食道胃静脈瘤の発や、肝硬変に至る例も認められる。 2.[nanbyou.or.jp] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 肝性脳症や食道・胃静脈瘤(じょうみゃくりゅう)などの合併症に伴い、意識障害、吐血、発熱、腹痛などもみられる。 肝硬変の検査 (1)医師による問診・診察 (2)血液検査 (3)画像検査 (4)肝生検 検査の説明 (1)医師による問診・診察 肝硬変およびその合併症の症状が出ていないか、全身をくまなくチェックする。[opendoctors.jp]

  • 肝炎

    発熱、喉の痛み、頭痛などの風邪の様な症状 食欲不振 全身がだるい 吐き気 腹痛 発疹 皮膚や白目が黄色くなる 尿が茶色くなる 監修:埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科 教授 持田 智 先生 急性肝炎 劇症肝炎 (急性肝不全) 慢性肝炎 ウイルス性肝炎 アルコール性 肝障害 非アルコール性 脂肪肝炎 薬物性肝障害 自己免疫性肝炎 原発性胆汁性[kansikkan.jp] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] 症状 初期の症状として倦怠感、疲労感、食欲低下が1週間続いた後、典型的な症状として嘔気嘔吐、腹痛、黄疸(体が黄色くなること)が出現します。場合によっては紅斑、関節痛、関節炎などの症状もあります。 治療法 原則として急性期には入院、安静加療を要します。 予防等 不特定の人との性交渉は避けましょう。コンドームを正しく使用しましょう。[forth.go.jp]

  • 肝細胞癌

    出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界大百科事典 内の 肝細胞癌 の言及 【肝腫大】より …肝臓の悪性腫瘍( 肝臓癌 )では,肝臓内に腫瘍細胞が増加するために,表面に粗大な凹凸のある肝腫大がみられ,しばしば増大傾向を示し腹痛を伴う。[kotobank.jp] B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] 副作用について 肝動脈化学塞栓療法(TACE)、肝動脈塞栓療法(TAE)、肝動注化学療法(TAI)の治療後に、発熱、吐き気、腹痛、食欲不振、肝機能障害、胸痛などの副作用が起こることがあります。副作用の程度は、がんの大きさ、広がり、塞栓した範囲、肝機能によりさまざまです。[ganjoho.jp]

  • アルコール性肝疾患

    連続飲酒などで起こる黄疸や発熱、腹痛を伴う 重症型アルコール性肝炎 は100日での生存率が2002年の段階でも32.5%に過ぎない恐ろしい病気です。 アルコール性肝障害は症状がないうちに健診で指摘されることがほとんどですが、症状が出たときにはすでに回復困難です。症状がないうちに対処することが重要です 。[kurihama-med.jp] 1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] アルコール性肝炎では黄疸、強い倦怠感、腹痛、下痢、発熱などの症状が多く、進行すると肝臓の腫れ、腹水、浮腫などが見られます。 どんな治療法がありますか? 専門の医師のもとをたずねてください。医師の指導により”断酒”か”節酒”を自己強制するしか、よい治療法はありません。 “断酒””節酒”が一時的に出来ても又大量飲酒に戻ってしまう人がいます。[matsudo-yaku.or.jp]

  • ウイルス性肝炎

    潜伏期間 2 4週間前後 症状 高熱・関節痛・腹痛・嘔吐・黄疸などの急激な症状がでる。 この症状は2 3か月位で治り、なおった後は免疫ができ、二度とかからない。 慢性肝炎に移行することはない。 ワクチン等 海外に出かけるときは、予防接種を受けることが望ましい。 B型肝炎 病原体 B型肝炎ウィルス 感染原因 感染者の血液。[pref.chiba.lg.jp] 米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 頭痛、筋肉痛、腹痛や、皮膚・眼球の白い部分が黄色くなる黄疸、褐色の尿、白っぽい便など。 ワクチン A型肝炎 :あり(3回接種) E型肝炎 :なし 予防方法 水は市販されているもの(ミネラルウォーター)か、沸かしたものを飲む。 屋台や不衛生な飲食店では生野菜や生魚、氷などを避け、よく加熱された食べ物を選ぶ。[city.toyohashi.lg.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    症状 初期の症状として倦怠感、疲労感、食欲低下が1週間続いた後、典型的な症状として嘔気嘔吐、腹痛、黄疸(体が黄色くなること)が出現します。場合によっては紅斑、関節痛、関節炎などの症状もあります。 治療法 原則として急性期には入院、安静加療を要します。 予防等 不特定の人との性交渉は避けましょう。コンドームを正しく使用しましょう。[forth.go.jp] 急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info] B型慢性肝炎ではほとんどの場合、自覚症状はみられません。ただし、肝炎が急激に悪化すると、疲れやすい、だるい、食欲がない、尿が黒褐色のような色になるといった症状が現れることがあります。 一方、症状が現れていないからといって治療を行わずに長期間放置すると肝硬変や肝癌に進行してしまうことがあります。[myclinic.ne.jp]

  • 肝臓疾患

    そのため腹部膨満、腹痛、呼吸困難、運動制限、下腿浮腫、ヘルニアなどの症状で長期にわたって生活に支障をきたす。 5. 合併症 約半数の症例に多発性のう胞腎を合併する。のう胞内感染による発熱、出血などがある。さらに、頻度は低いが腹水、閉塞性黄疸、肝静脈閉塞が起こることもある。また、下大静脈が圧迫されることにより下腿浮腫が起こることもある。[nanbyou.or.jp] 肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] 慢性肝炎慢性肝炎は肝臓での炎症が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態をいいます。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。B型またはC型肝炎ウイルスの感染によるものが大部分です。[harasanshin.or.jp]

  • 無黄疸性ウイルス性肝炎

    ウイルスに感染してから2 6週間後に発病し、発熱、全身倦怠感、嘔気、おう吐、悪心、腹痛、食欲低下、関節痛、 頭痛などがあります。 一部に、腎不全を起こしたり、 まれに劇症肝炎となる場合もあります。 数か月で完治し、慢性化することが少なく、感染すると抗体ができて、二度かかることはほとんどありません。 特効薬はありません。[banno-clinic.com] 概念 慢性肝炎と診断する患者は、急性肝炎と比較して経過が長く、治りにくく、病理組織学的には不可逆的な変化を残すという病態をもっている。 l 慢性肝炎診断基準 (犬山分類 1994) 慢性肝炎とは 6ヶ月以上の肝機能異常とウィルス感染が持続している病態をいう。[kanazawa-med.ac.jp] 典型的な例では発熱、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、悪心、腹痛、食欲低下で発病します。ときに、筋肉痛、関節痛、頭痛などの症状も見られます。発症後数日から数十日で黄疸(おうだん)が現れます。合併症としてはまれに急性腎不全、溶血性貧血、再生不良性貧血、低血糖発作などが見られます。[osaka-cl.com]

  • 慢性肝炎

    抄録 アセトアミノフェンの大量服用により,急性肝障害の発症をみることは,よく知られた事実である.最近,教室では,少量のアセトアミノフェンの服用にもかかわらず,重症肝障害を生じた2例を経験したので報告した.患者は38歳の男性と31歳の女性である.アセトアミノフェン服用量は,それぞれ,3.7gと6.4gで,いずれも嘔吐,腹痛,全身倦怠感を訴えて[doi.org] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] 我が国では冬から春にかけて(3 4月がピーク)牡蠣などの魚介類の生食による感染が多く、2 6週の 潜伏期 を経て、突然の腹痛、黄疸、全身の倦怠感、食欲不振、悪心嘔吐が起こります。2 3ヶ月後に肝障害は正常に戻り、慢性化することはありません。[minophagen.co.jp]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 血液検査にて、HCV-RNA陽性でALTが正常な場合は無症候性キャリアであるが、多くの場合はALT高値持続し慢性肝炎状態となる。ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・肝細胞癌発症となってくる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状