Create issue ticket

考えれる725県の原因 慢性肝炎, 腹水

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] アルブミンの投与により一時的ですが、腹水を減少できることがあります。 腹水穿刺 腹腔内に管を挿入し、直接、腹水を抜く方法です。一時的に腹水は排除されますが、 腹水貯留の原因が排除されない限りは、腹水は再び増えます。 腹水穿刺の繰り返しにより 腹水中のアルブミンを減少させ、逆に腹水を悪化させることになります。[seihouen.ne.jp] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 門脈性肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] 抜いた腹水はバックに貯めて、それを、血液浄化装置により、循環させて、1次フィルタにより腹水の中のウイルスや細菌などを濾過して、さらに2次フィルタにより腹水を除水して、濃縮した腹水を抽出します。濾過されて濃縮された腹水は、再び患者の静脈から輸液ポンプなどを利用して投与されます。[kanen.ncgm.go.jp] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、肝細胞壊死が起こり、肝再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp]

  • 肝炎

    抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] そして進行すると肝硬変を起こして、お腹に水がたまる(腹水)、目や皮膚が黄色くなる(黄疸)、意識障害(肝性脳症)などの症状がでることがあります。また、経過の中で肝臓がんを発症することもあります。 【検査方法】 血液検査によって、C型肝炎ウイルスの抗体(HCV抗体)と遺伝子(HIV-RNA)を検査します。[janpplus.jp] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • 大結節性肝硬変

    B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] :SBP): 肝硬変では,腸管におけるbacterial translocationが生じやすく,網内系機能の低下,オプソニン活性の低下,門脈-大循環シャント形成により腸管由来の細菌の血行性感染が生じやすい.発熱,腹痛を認める腹水患者は,SBPを疑い,腹水穿刺検査を行う.腹水中の細菌証明,腹水中の多核白血球数の増加から診断する.細菌培養が陰性[kotobank.jp] また,慢性肝炎と肝硬変を比べると,SMIで動脈が多く確認される肝硬変( 図10b )では,造影超音波(PPI)でも動脈化が確認できるのに対し,動脈がほとんど見られない慢性肝炎( 図10a )では,血流バランスが門脈に傾いていることがわかる。[innervision.co.jp]

  • 肝細胞癌

    B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] 肝障害度とは前述しました腹水の有無、血清ビリルビン値、血清アルブミン値、プロトロンビン活性値、ICG試験(ICGという緑色の試薬の排泄試験)の5項目の検査結果を点数化し、A Cの三段階に分類します(Aが肝機能良好、Cが不良となります)。肝障害度Cの場合には肝移植もしくは緩和治療の適応となります。[byouin.metro.tokyo.jp] 登録前28日以内に制御が難しい胸水または腹水がない。 登録前14日以内の最新の検査値が以下のすべてを満たす。[nirs.qst.go.jp]

  • アルコール性肝疾患

    1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] 門脈圧亢進症は、腹水、消化管の出血、脾臓の腫大(脾腫)のほか、ときに肝性脳症の原因または一因になります。 消化管の出血 : 門脈圧亢進症のため、食道や胃の静脈が蛇行して拡張し、そこから出血が起きることがあります。患者は血を吐いたり(吐血)、血の混じった便や黒いタール状の便がみられたり(血便)することがあります。[msdmanuals.com] 肝障害で症状(腹水・黄疸・出血・昏睡)が出るのは肝硬変が進行した非代償期です。 肝硬変は回復しないわけではありませんが、飲酒で悪くなるのは1日単位、良くなるのは年単位なので完全断酒が必要です。 当院での調査では「アルコール性肝硬変」と診断されても飲酒継続した場合の4.4年後の生存率は35%、断酒を継続できた場合は88%でした。[kurihama-med.jp]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 肝硬変が重症化すると、腹水・黄疸・意識障害(肝性脳症)など 主な検査 血液検査、 腹部超音波検査 など 治療方法 抗ウイルス療法(インターフェロン治療・核酸アナログ製剤など)、肝庇護療法 診療部門 消化器病センター(消化器内科) ※ 個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。[sk-kumamoto.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 肝硬変になると腹水やむくみ、黄疸などの症状が現れ、腎臓の炎症(膜性増殖性糸球体腎炎)を合併することがある。 基本的に血液感染によって成立するため、輸血、注射、手術、針刺し事故、覚醒剤注射などの感染の原因となりうることがあったかどうかを確認が大切である。 血液検査の目的は主に肝炎があるかどうかや、肝炎の程度、肝臓の機能を調べること。[ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info] ときに,肝腫大,腹水,および高ビリルビン血症(主に抱合型ビリルビン)を伴う重症感染症となる。まれに,劇症化して致死的となることもある。母親がB型肝炎の慢性キャリアである新生児では,劇症化の頻度が高くなる。[msdmanuals.com] 肝硬変で常時腹水がたまっている患者さんが、核酸アナログ製剤の長期投与で肝機能が改善し腹水が消失することもしばしばあります。しかしIFNと異なり、薬を中止するとほとんどの症例で肝炎は再燃します。[kanen.ncgm.go.jp]

  • 特発性肝硬変

    特に意識状態の異常や凝固能力の低下が伴った場合は劇症肝炎への移行が疑われるため、血漿交換などの特殊な治療が必要となり、急を要します。 2)慢性肝炎 慢性肝炎の原因のほとんどがB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスです。[cick.jp] SBPの診断には腹水中の好中球数の測定と穿刺液の細菌培養が行われ,腹水中の多核白血球数が250/mm3以上かつ細菌培養陽性であれば診断は確定する。しかし,腹腔穿刺液の細菌培養には,結果の判明に数日以上を要するという大きな問題がある。 SBPの多くは早期の抗菌薬治療で救命可能であるが,治療の遅れは致死的となりうる。[jmedj.co.jp] :SBP): 肝硬変では,腸管におけるbacterial translocationが生じやすく,網内系機能の低下,オプソニン活性の低下,門脈-大循環シャント形成により腸管由来の細菌の血行性感染が生じやすい.発熱,腹痛を認める腹水患者は,SBPを疑い,腹水穿刺検査を行う.腹水中の細菌証明,腹水中の多核白血球数の増加から診断する.細菌培養が陰性[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状