Create issue ticket

考えれる584県の原因 慢性肝炎, 肝腫大

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] これを萎縮症という。… 【】より …慢性肝炎では,肝臓は通常1 2横指,大して硬くなる。アルコール性脂肪とアルコール性肝硬変では,ほとんどを伴うが,禁酒によって急速に正常の大きさに戻る。 黄疸 , 腹水 を伴う重症な非代償性 肝硬変 では,肝臓が触れられなくなり,肝臓の萎縮の程度は肝臓疾患の重症度にほぼ並行する。[kotobank.jp] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 肝炎

    抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] アルコール性肝炎のなかに、性昏睡、肺炎、急性腎不全、消化管出血、エンドトキシン血症などを伴い、断酒にもかかわらず、は持続し、多くは1か月以内に死亡する重症型が存在する。また血液凝固検査におけるプロトロンビン時間(血液凝固因子を加えたときの血漿が固まる時間)が50%以下となる。アルコール性肝炎の治療は断酒につきる。[kotobank.jp] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] これを萎縮症という。… 【】より …慢性肝炎では,肝臓は通常1 2横指,大して硬くなる。アルコール性脂肪とアルコール性肝硬変では,ほとんどを伴うが,禁酒によって急速に正常の大きさに戻る。 黄疸 , 腹水 を伴う重症な非代償性 肝硬変 では,肝臓が触れられなくなり,肝臓の萎縮の程度は肝臓疾患の重症度にほぼ並行する。[kotobank.jp] 検査:①身体所見 ・脾、腹水、腹壁静脈怒張が認められるのに、一般機能は良好。②肝はうっ血肝。治療:①抗凝固療法、血栓溶解療法(ウロキナーゼ)。②外科的治療:膜様閉塞部にはバルーンカテーテルによる閉塞部開通術、門脈体循環副血行路造設術が行われる。[kanazawa-med.ac.jp]

  • アルコール性肝疾患

    1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] アルコール性肝炎の組織所見の特徴は、(1)細胞壊死(2)小葉中心性の細胞の風船様(3)白血球(好中球)浸潤(4)胆汁うっ滞(5)中心静脈周囲や細胞周囲の線維化(図4)(6)Mallory-Denk体(マロリー・デンク体)などです。[kanen.ncgm.go.jp] では脂肪浸潤を反映して実質が高輝度になり,を反映して縁が鈍化することを評価する. ③腹部 CT ,脂肪浸潤の評価とともに,膵炎の評価を行う. ④Tc(テクネシウム)フチン酸シンチグラム,造影エコー アルコール性肝障害の機序として腸管内細菌由来の エンドトキシン が肝網内系を刺激することが発端であり,重症であれば肝網内系不全[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 肝細胞癌

    B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界百科事典 内の 細胞癌 の言及 【】より …肝臓の悪性腫瘍( 肝臓癌 )では,肝臓内に腫瘍細胞が増加するために,表面に粗大な凹凸のあるがみられ,しばしば増大傾向を示し腹痛を伴う。[kotobank.jp] 超音波検査 超音波検査では正中より右区域からの発生と思われた直径15cmの肝臓瘤が認められた。 AFP(アルファフェトプロテイン)も18200ng/ml(参照値0ー50)と高値を示し細胞癌が示唆された。 CT検査 CT検査によって右肝区域ではなく左肝区域からの腫瘤発生であることがわかった。[kanjipc.jp]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 思春期以降の人に発熱、咽頭扁桃(へんとう)炎、全身のリンパ節の腫れ、脾臓(ひぞう)のが起こり、血液検査で障害やリンパ球の増多、異型リンパ球の出現が認められます。 主にエプスタイン・バールウイルス(EBV)というウイルスの初感染が原因となる病気です。[saiseikai-toyama.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info] ときに,,腹水,および高ビリルビン血症(主に抱合型ビリルビン)を伴う重症感染症となる。まれに,劇症化して致死的となることもある。母親がB型肝炎の慢性キャリアである新生児では,劇症化の頻度が高くなる。[msdmanuals.com] B型慢性肝炎ではほとんどの場合、自覚症状はみられません。ただし、肝炎が急激に悪化すると、疲れやすい、だるい、食欲がない、尿が黒褐色のような色になるといった症状が現れることがあります。 一方、症状が現れていないからといって治療を行わずに長期間放置すると肝硬変や肝癌に進行してしまうことがあります。[myclinic.ne.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    数 値 高頻度にみられる疾患 否定できない主要疾患 9.0以上 多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症 8.0 9.0 慢性炎症性疾患、膠原病、肝硬変、慢性肝炎、悪性腫瘍、骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、良性M蛋白血症 脱水症(血液の濃縮) 6.5 8.0 (基準値) 健康 アルブミン減少・免疫グロブリン増加を伴う諸種疾患(炎症性疾患[ikeda-hp-g.or.jp] ③液貯留:浮腫、アナサルカ(全身性浮腫)腹水、胸水 ④発疹性のチェリー様の血管腫症または紫色丘疹 ⑤リンパ球性間質性肺炎 III.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検査のポイント どのようなときに検査するのか 血清蛋白異常症を疑うとき 慢性あるいは反復性の感染症、急性感染症の 回復期 、慢性 肝炎 や肝硬変などの肝疾患、 関節リウマチ 、SLEなどの自己免疫疾患や炎症性疾患など 蛋白血症を疑うとき 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、良性単クローン[kango-roo.com]

  • 肝臓疾患

    肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] 門脈圧亢進症は、腹水、消化管の出血、脾臓の(脾)のほか、ときに性脳症の原因または一因になります。 消化管の出血 : 門脈圧亢進症のため、食道や胃の静脈が蛇行して拡張し、そこから出血が起きることがあります。患者は血を吐いたり(吐血)、血の混じった便や黒いタール状の便がみられたり(血便)することがあります。[msdmanuals.com] 詳細は「 肝炎 」を参照 アルコール性 肝硬変 慢性のアルコール性肝硬変と急性アルコール性肝炎が合併した 重症型アルコール性肝炎 SAH(severe alcoholic hepatitis) を発症すると、断酒を行っても症状は改善せず肝臓のも継続する。[ja.wikipedia.org]

  • 特発性肝硬変

    特に意識状態の異常や凝固能力の低下が伴った場合は劇症肝炎への移行が疑われるため、血漿交換などの特殊な治療が必要となり、急を要します。 2)慢性肝炎 慢性肝炎の原因のほとんどがB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスです。[cick.jp] 診断へのプロセス:臨床像・検査所見 臨床像: 黄疸 灰白色便 濃黄色尿 脂溶性ビタミン欠乏症(ビタミンD、ビタミンK) 体重増加不良 *明らかに病的な及び脾腫大は各々 79%、37% に認められるにすぎない。[jspghan.org] これを萎縮症という。… 【】より …慢性肝炎では,肝臓は通常1 2横指,大して硬くなる。アルコール性脂肪とアルコール性肝硬変では,ほとんどを伴うが,禁酒によって急速に正常の大きさに戻る。 黄疸 , 腹水 を伴う重症な非代償性 肝硬変 では,肝臓が触れられなくなり,肝臓の萎縮の程度は肝臓疾患の重症度にほぼ並行する。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状