Create issue ticket

考えれる1,311県の原因 慢性肝炎, 肝炎

  • 肝炎

    ウイルス性肝炎 A型肝炎 - 経口感染 B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている) C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、集団予防接種における注射針の使い回し、刺青、輸血、血液製剤等) D型肝炎 E型肝炎 - 経口感染 G型肝炎 TT型肝炎 肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス[ja.wikipedia.org] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] ウイルス性 B型肝炎ウイルス C型肝炎ウイルス 自己免疫性 自己免疫性肝炎(AIH) 原発性胆汁性肝硬変 (注) (PBC) 注:平成28年より原発性胆汁性胆管炎に病名が変更となりました。[kanen.ncgm.go.jp] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • ウイルス性肝炎

    それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等 A型肝炎は急性肝炎を呈することが多く、B型肝炎・C型肝炎の場合慢性肝炎を生じることが多い。またB型肝炎は劇症肝炎を生じる場合も多い。 アメリカではB型肝炎の予防接種を受ける事が義務付けられている。[ja.wikipedia.org] 米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] A型肝炎およびE型肝炎は4類感染症に、B型肝炎・C型肝炎を含めたその他のウイルス性肝炎は全数把握対象疾患5類感染症に定められています。ここでは、B型およびC型肝炎についてとりあげます。[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • アルコール性肝疾患

    禁酒により 血清AST、ALTおよびγ GTP値が明らかに改善する B型肝炎やC型肝炎などの肝炎ウイルスマーカーや抗ミトコンドリア抗体、抗核抗体などの自己免疫性の肝臓病を疑う検査値がいずれも陰性である。[kanen.ncgm.go.jp] 1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] 世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断 過剰な飲酒の継続によって、まずアルコール性脂肪肝となりやがてアルコール性肝炎を発症します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    劇症肝炎を発症した方の70 80%は死亡します。 劇症肝炎には、急性肝炎が発病して10日以内に肝性昏睡(肝性脳症)があらわれる急性型劇症肝炎と、11日以降にあらわれる亜急性劇症肝炎があり、亜急性のほうが急性に比べ死亡率が高くなります。また、急性肝炎が劇症化する原因は今のところわかっていません。[kanen-net.info] B型慢性肝炎ではほとんどの場合、自覚症状はみられません。ただし、肝炎が急激に悪化すると、疲れやすい、だるい、食欲がない、尿が黒褐色のような色になるといった症状が現れることがあります。 一方、症状が現れていないからといって治療を行わずに長期間放置すると肝硬変や肝癌に進行してしまうことがあります。[myclinic.ne.jp] 成人は免疫機能が確立しているため、B型肝炎ウイルス(HBV) に感染しても、多くの場合は 不顕性感染 で自然に治癒します。 一部の方では、 急性肝炎 を発症し、一過性の感染を経て治癒します。[kanen-net.info]

  • 肝臓疾患

    肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] B型・C型肝炎ウイルス検査 肝炎の早期発見、早期治療のために、B型・C型肝炎の血液検査を行っています。 事前に電話にてお申し込みください。[pref.kanagawa.jp] 慢性肝炎慢性肝炎は肝臓での炎症が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態をいいます。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。B型またはC型肝炎ウイルスの感染によるものが大部分です。[harasanshin.or.jp]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 症候群,慢性甲状腺炎,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[doi.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org]

  • 門脈性肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] ウイルス性 B型肝炎ウイルス C型肝炎ウイルス 自己免疫性 自己免疫性肝炎(AIH) 原発性胆汁性肝硬変 (注) (PBC) 注:平成28年より原発性胆汁性胆管炎に病名が変更となりました。[kanen.ncgm.go.jp] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、肝細胞壊死が起こり、肝再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp]

  • 大結節性肝硬変

    禁酒により 血清AST、ALTおよびγ GTP値が明らかに改善する B型肝炎やC型肝炎などの肝炎ウイルスマーカーや抗ミトコンドリア抗体、抗核抗体などの自己免疫性の肝臓病を疑う検査値がいずれも陰性である。[kanen.ncgm.go.jp] B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] 肝炎から肝細胞癌への移行(1分46秒) イラストをダウンロード(2.02MB) ALT値の上昇を伴う活動性の慢性肝炎では、長期にわたって徐々に肝細胞壊死、肝細胞再生が繰り返され、その多くが肝硬変や肝細胞癌へと進行していきます。[ds-pharma.jp]

  • 肝細胞癌

    原因はC型肝炎ウイルス([HCV])が約80%でB型肝炎ウイルス(HBV)が14%、他はアルコール性および原因不明の肝硬変(非アルコール性脂肪性肝炎など)です。殆どの症例で、背景に進展した肝硬変がありますがHBV感染患者だけは肝硬変に進展する以前の慢性肝炎、あるいは肝臓に炎症がなくても、肝細胞癌を発症することがあります。[tokumen.co.jp] B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状