Create issue ticket

考えれる1,104県の原因 慢性肝炎, 疲労

  • 肝硬変

    症状は何年も現れないことがあり,しばしば非特異的である(例,食欲不振,疲労,体重減少)。後期の臨床像には, 門脈圧亢進症 ,腹水,代償不全に至った場合の 肝不全 などがある。診断にはしばしば肝生検が必要となる。肝硬変は通常,不可逆的と考えられている。治療は支持療法である。 肝硬変は世界的に上位を占める死亡原因となっている。[msdmanuals.com] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 食欲不振、体重減少、疲労、全身のだるさなどの症状が現れます。 腹部への体液の貯留、消化管の出血、脳機能の異常など、多くの重篤な合併症が起こる可能性があります。 診断は、症状や身体診察の結果のほか、ときに生検の結果に基づいて下されます。 医師は合併症の治療を行いますが、肝硬変によって生じた損傷は元に戻りません。[msdmanuals.com]

  • 肝炎

    多くの場合は無症状ですが、全身のだるさ、食欲不振、疲労などの漠然とした症状がみられることもあります。 慢性肝炎が肝硬変に進行すると、脾臓の腫大、腹部への体液の貯留、および脳機能の異常をきたすことがあります。 診断を確定するために生検が行われます。[msdmanuals.com] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] 症状 初期の症状として倦怠感、疲労感、食欲低下が1週間続いた後、典型的な症状として嘔気嘔吐、腹痛、黄疸(体が黄色くなること)が出現します。場合によっては紅斑、関節痛、関節炎などの症状もあります。 治療法 原則として急性期には入院、安静加療を要します。 予防等 不特定の人との性交渉は避けましょう。コンドームを正しく使用しましょう。[forth.go.jp]

  • アルコール性肝疾患

    1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] 最初は無症状ですが、次第に発熱、黄疸、疲労がみられるようになり、肝臓は圧痛や痛みが生じて大きくなり、やがて消化管出血や脳機能低下などの、より深刻な問題が現れます。 飲酒が問題かどうかを確かめるため、医師は患者に質問票を渡して情報を集めたり、患者がどれくらい飲酒しているかを家族に尋ねたりします。[msdmanuals.com] ウイルス性肝炎の中で症状が長引く慢性肝炎に移行するのは、B型とC型です。慢性肝炎が持続すると肝硬変に進展し、更に肝癌が発生してきます。肝硬変への進展を抑えることは、肝癌発生の大きな予防となります。[nissay.co.jp]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎の症状と経過: C型慢性肝炎は自覚症状に乏しい病気で,全身の倦怠感や食欲不振などの症状をうつたえる人は患者全体の約10%です。 C型肝炎慢性化すると発症してから10 20年の小康状態ののち、悪化し肝硬変そして肝臓がんへと新興していきます。 C型慢性肝炎の治療: インタ-フェロンやリバビリン(抗ウイルス剤)が使われます。[asahi-net.or.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    症状 初期の症状として倦怠感、疲労感、食欲低下が1週間続いた後、典型的な症状として嘔気嘔吐、腹痛、黄疸(体が黄色くなること)が出現します。場合によっては紅斑、関節痛、関節炎などの症状もあります。 治療法 原則として急性期には入院、安静加療を要します。 予防等 不特定の人との性交渉は避けましょう。コンドームを正しく使用しましょう。[forth.go.jp] 急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info] このHCVキャリアにおいては疲労感を伴う慢性肝炎を発症することが多く、肝硬変、肝癌へと進展することもある。[yoshida-pharm.com]

  • 肝臓疾患

    ぬるめのお湯で10分程度の入浴は内臓に負担をかけず、疲労を取ることができるのでおすすめです。 風邪をひいているときは、健康な人でも一時的に肝機能の低下がみられます。 日頃から十分な手洗い・うがいなどをするなど心がけましょう。[cp.glico.jp] 肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] 最初は無症状ですが、次第に発熱、黄疸、疲労がみられるようになり、肝臓は圧痛や痛みが生じて大きくなり、やがて消化管出血や脳機能低下などの、より深刻な問題が現れます。 飲酒が問題かどうかを確かめるため、医師は患者に質問票を渡して情報を集めたり、患者がどれくらい飲酒しているかを家族に尋ねたりします。[msdmanuals.com]

  • 慢性肝炎

    多くの場合は無症状ですが、全身のだるさ、食欲不振、疲労などの漠然とした症状がみられることもあります。 慢性肝炎が肝硬変に進行すると、脾臓の腫大、腹部への体液の貯留、および脳機能の異常をきたすことがあります。 診断を確定するために生検が行われます。[msdmanuals.com] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] […] l ウィルス性肝炎 (B型肝炎ウィルス、C型肝炎ウィルス) l 自己免疫性肝炎 l 薬物性肝障害 l Wilson病 Ⅲ .臨床所見 l 年齢と性 :青壮年、男性優位(男:女 4:1) l 自覚症状 :一般的には全身倦怠感、易疲労感、違和感などを訴えることもあるが、全く症状のないことも少なくない。[kanazawa-med.ac.jp]

  • C型肝炎

    慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 血液検査にて、HCV-RNA陽性でALTが正常な場合は無症候性キャリアであるが、多くの場合はALT高値持続し慢性肝炎状態となる。ALT高値が持続する慢性肝炎の状態を5〜10年以上経過することで、その後肝硬変への移行・肝細胞癌発症となってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性黄疸

    一般に、病的 な黄疸をみる場合には、全身の 倦怠・疲労感、皮膚のかゆみ(掻痒)、感冒様症状、 発熱、尿の色が濃くなる、などの他の症状を伴います。 しかし、体質的の黄疸では 黄疸以外の症状がほとんどみられません。[iwamoto-clinic.jp] 内科的黄疸の原因は、溶血性黄疸(赤血球崩壊の増加)、薬物やアルコール摂取、甲状腺機能低下症、長期の絶食、慢性心不全、体質性黄疸(Gilbert症候群)、急性肝炎慢性肝炎、代償性肝硬変などで、これに対し外科的黄疸(閉塞性黄疸)は、胆管系の閉塞や狭窄によリ起こる黄疸で、 原因としては、胆管結石、一部の胆嚢結石、腫瘤形成性膵炎、良性胆道狭窄、良性胆管腫瘍[ogorimii-med.net] ことに、慢性肝炎の軽いF1からF2 F3と進行する様子が"右肩下がりの血小板"として表現され、 肝硬変化、肝がんへ近づいていることがわかる。 C型慢性肝炎における血小板数と肝線維化の関係 C型慢性肝炎では、肝臓の線維化が進むほど肝がんを発症しやすいことが知られています。[mt-pharma.co.jp]

  • ウィップル病

さらなる症状

類似した症状