Create issue ticket

考えれる1,167県の原因 慢性肝炎, 浮腫

  • 肝硬変

    このように、身体中に余計な水分が溜まってしまうような状態を「 浮腫 〔ふしゅ〕」と呼びます。 浮腫の治療としては、①安静にする、②塩分の摂取を制限する、③水分の摂取を制限するなどがあります。 余計な水分がとても多く浮腫が強い場合には、 ④利尿剤〔りにょうざい〕によって強制的に排尿を促し、浮腫の改善を図ります。[ketsukyo.or.jp] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 浮腫、腹水のある場合には塩分制限が必要です。低ナトリウム血症(体内のミネラル異常)がある時は、水分制限を行う場合があります。繊維成分を摂り便秘を避けることによって、脳症の発生を防ぐことができます。また、夜間の空腹状態が肝硬変での栄養状態維持に不利なことから、就寝前に軽い夜食を摂るのが有効です。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝硬変には、まだまだ肝臓が機能を十分に果たしうる段階の「代償性肝硬変」と、機能を十分には果たせなくなった「非代償性肝硬変」があり、このときには腹水、浮腫、黄疸、脳症(肝性脳症)を認めます。[okunoclinic.com] C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] ・肝硬変とは ウイルス性肝炎やアルコール性肝障害の状態が長く続き、肝機能が低下し、黄疸、浮腫、腹水、肝性脳症といった症状が生じます。 また、肝細胞の線維化により血管が圧排され、門脈圧が上昇し、食道胃静脈瘤や脾腫、血小板減少などを引き起こします。症状がない時期を代償期、黄疸・腹水・肝性脳症などを伴う時期を非代償期と呼びます。[otsuka.co.jp]

  • 大結節性肝硬変

    大部分は慢性型で、多くの場合無症状で経過し、次 第に下腿浮腫、腹水、腹壁静脈怒張等を認める。また門脈圧亢進に伴う食道胃静脈瘤の発や、肝硬変に至る例も認められる。 2. 疫学 年間約300人前後通院あるいは入院しており、有病率は人口100万人当たり2.4人 3.[nanbyou.or.jp] B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] 浮腫・腹水:血液中のアルブミンが低下することによって、血液中の水分が血管外に漏れて、手足がむくんだり(浮腫)や腹部に水分が溜まりやすくなったり(腹水)します。このような症状には尿量を増やしてむくみをとるスピノロラクトンやフロセミドなどの利尿薬が使われます。[nho-kumamoto.jp]

  • アルコール性肝疾患

    抄録 症例は33歳男性.20歳からビール1日平均1.5 2 L,10年以上飲酒を継続していた.28歳時に肝機能異常を指摘され,その後改善,増悪を繰り返していた.200X年7月より飲酒量が増え,8月から黄疸,腹部膨満,食欲不振,浮腫の症状が出現し当院入院となった.入院後,全身性炎症反応症候群を伴う重症型アルコール性肝炎と診断した.重症型アルコール[doi.org] 1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] 肝障害が進展して肝硬変になると、全身倦怠感、クモ状血管腫、女性化乳房、手掌紅斑、皮膚掻痒感、黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症などが認められます。 (4) 血液検査 アルコール性脂肪肝では、AST/ALT比の上昇を伴う軽度のAST・ALTの上昇、γ GTP上昇、高脂血症、コリンエステラーゼ上昇などを認めます。[kanen.ncgm.go.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    、アナサルカ(全身性浮腫)腹水、胸水 ④発疹性のチェリー様の血管腫症または紫色丘疹 ⑤リンパ球性間質性肺炎 III.[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 数 値 高頻度にみられる疾患 否定できない主要疾患 9.0以上 多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症 8.0 9.0 慢性炎症性疾患、膠原病、肝硬変、慢性肝炎、悪性腫瘍、骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、良性M蛋白血症 脱水症(血液の濃縮) 6.5 8.0 (基準値) 健康 アルブミン減少・免疫グロブリン増加を伴う諸種疾患(炎症性疾患[ikeda-hp-g.or.jp] 免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検査のポイント どのようなときに検査するのか 血清蛋白異常症を疑うとき 慢性あるいは反復性の感染症、急性感染症の 回復期 、慢性 肝炎 や肝硬変などの肝疾患、 関節リウマチ 、SLEなどの自己免疫疾患や炎症性疾患など 蛋白血症を疑うとき 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、良性単クローン[kango-roo.com]

  • 肝臓疾患

    そのため腹部膨満、腹痛、呼吸困難、運動制限、下腿浮腫、ヘルニアなどの症状で長期にわたって生活に支障をきたす。 5. 合併症 約半数の症例に多発性のう胞腎を合併する。のう胞内感染による発熱、出血などがある。さらに、頻度は低いが腹水、閉塞性黄疸、肝静脈閉塞が起こることもある。また、下大静脈が圧迫されることにより下腿浮腫が起こることもある。[nanbyou.or.jp] 肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] 初期には自覚症状はほとんどありませんが、病状が進行すると食欲不振や微熱, 腹部膨満, 黄疸, 浮腫など様々な全身症状が現れます。 診断においては、血液検査ではAST, ALTなどの肝機能検査のほか、PIVKA-2やAFPなどの腫瘍マーカーが有用です。[med.kagawa-u.ac.jp]

  • 特発性肝硬変

    メイヨーモデル(米メイヨークリニックで使われている予後を判断する指標)の生存予測は、年齢とビリルビン値、アルブミン値、プロトロンビン時間、浮腫の有無から計算されます。一方、日本肝移植適応研究会では、ビリルビン値とAST/ALTで判断されます。症候性PBCの死因については、肝不全と食道静脈瘤の破裂による消化管出血が大半を占めています。[medicalnote.jp] 特に意識状態の異常や凝固能力の低下が伴った場合は劇症肝炎への移行が疑われるため、血漿交換などの特殊な治療が必要となり、急を要します。 2)慢性肝炎 慢性肝炎の原因のほとんどがB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスです。[cick.jp] さらに肝臓の働きが低下すると、眼球や皮膚が黄色くなる黄疸の症状や、浮腫(むくみ)や腹水、意識障害(肝性脳症)を生じて肝不全となり、肝移植を行わない限り救命できない状態に陥ってしまうこともあります。一部の患者さんでは肝臓にがんができることもあります。[nanbyou.or.jp]

  • 転移性肝癌

    また、治療3ヶ月以降の晩期の副作用として、唾液分泌障害及び唾液分泌障害による口腔内乾燥症状の継続、喉頭浮腫、喉頭壊死、放射線性骨壊死、脳壊死、顔面神経麻痺、中耳炎の遷延、肺炎が出現する危険性があります。[osaka-himak.or.jp] 多くは数年から10数年かけて、慢性肝炎、肝硬変へと肝臓全体が発癌状態に変化してから肝癌が発生します。 そのため、癌発見時に、病変が1個とは限らず、複数個認めることもあれば、治療しても全く別の部位に新たに発生してくることもあります。 よって、病変部以外も詳しい検索と、治療後も長期的な経過フォロー、が大切です。[mito.jrc.or.jp] こりやすい)ときに起こる 腹痛 (激痛のことあり)・血圧低下,肝外転移では骨転移による転移部の疼痛,急速に門脈腫瘍塞栓が発達した場合の 食道・胃静脈瘤 破裂による吐下血などの頻度が高い. ②問診 基礎肝疾患を意識して飲酒歴,輸血歴,肝疾患歴とその家族歴を聴取する.治療方針を左右するものとして 食道・胃静脈瘤 破裂など消化管出血,肝性脳症や 浮腫[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 脂肪肝

    ドクター よくある質問 医療相談 医療サポート体制 各種予防接種について 腕神経叢損傷について 急性弛緩性脊髄炎 (急性弛緩性麻痺) 手根管症候群について 橈骨遠位端骨折について リンパ浮腫について 治験のご案内 臨床研究に関する情報公開 NCD事業参加について 脂肪肝 わたしの街の専門医 動画一覧 脂肪肝 肩腱板断裂 緑内障 胃がん 肉眼的血尿[ogoridaiichi.jp] HBV に小児期で感染すると持続感染となり、大部分は無症状で経過しますが約1割は慢性肝炎を発症します。成人の感染ではほとんどが急性肝炎で終わります。しかし、近年ジェノタイプAと呼ばれる外国からのHBVが増加し、10%が慢性化するといわれています。[nho-kumamoto.jp] C型慢性肝炎でもB型慢性肝炎でもありません。肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる脂肪肝です C型肝炎は画期的な経口薬が登場したことでほぼ全員、副作用もなく治ってしまいます。B型肝炎にも、新しい抗ウイルス剤が登場しました。 日本人の3人に1人が脂肪肝の時代です。従来は心配のない軽い病気と考えられてきました。[k-sarasara.com]

  • 門脈圧亢進症

    胃腸症:胃腸の粘膜層あるいは粘膜下層の血管が拡張し、粘膜の浮腫や易出血性などが見られます。 3.治療 門脈圧亢進症の治療は、原因疾患の治療に加えて、上記の症状に対する治療を行います。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] 臨床研究参加者募集のご案内はこちら C型慢性肝炎、B型慢性肝炎の治療を中心におこなっています。C型慢性肝炎に対する治療の目標はウイルスの陰性化(治癒)であり、これが達成されると、肝発がん抑制と生命予後の改善をもたらすことができます。そのための治療法の中心は、IFNを含む治療法(抗ウイルス療法)です。[team.tokyo-med.ac.jp] また、下大静脈閉塞による腎機能障害、下肢の浮腫・潰瘍形成、腹壁静脈怒張などが特徴的である。特定疾患(難病)に指定されている。 (5)その他 日本住血吸虫症による門脈圧亢進症などがある。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状