Create issue ticket

考えれる911県の原因 慢性肝炎

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp] 先進国では,ほとんどの症例が慢性の アルコール乱用 または C型慢性肝炎 によるものである。アジアおよびアフリカの一部地域では, B型慢性肝炎 による肝硬変がしばしばみられる。(B型およびC型肝炎に関する追加情報については 肝炎ウイルスの特徴 )。[msdmanuals.com]

  • 肝炎

    抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp] 抄録 IFN無効例を含めC型慢性肝炎には貯蔵鉄があり, 鉄依存性ラジカル産生に基づく細胞障害は肝炎活動性の一端を担う. それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある.[doi.org]

  • 門脈性肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] 慢性肝炎は、肝硬変に進行するほど肝がんができやすくなりますので、慢性的に肝機能障害のある方は、放置せず、どの程度肝硬変に進んできているのか、一度精密検査を受けたほうがいいでしょう。 慢性肝炎の治療 1. B型慢性肝炎 ウイルスの増殖に伴い(高ウイルス血症)、慢性肝炎がおこっている方が治療の対象になります。[wakayamah.johas.go.jp] 日本には約40万人の肝硬変患者がいるとされ、ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎など)、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、ヘモクロマトーシス、自己免疫性肝炎などのあらゆる慢性肝疾患が原因となり、これらの慢性肝炎が進行した最終像なのです。[iwamoto-clinic.jp]

  • アルコール性肝疾患

    1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] また、それぞれの病態に応じて、急性肝炎慢性肝炎、肝硬変に分類されます(例えばB型肝炎ウイルスによる急性肝炎の場合にはB型急性肝炎、また慢性肝炎、肝硬変の場合にはそれぞれB型慢性肝炎、B型肝硬変と診断されます)。慢性肝炎のうち、15%はB型慢性肝炎、70%はC型慢性肝炎、あと15%は自己免疫性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎などです。[city.fukuyama.hiroshima.jp] プラスαでは、以前もまとめているアルコール性脂肪肝からの慢性肝炎を再掲していきます。 1. 肝疾患、肝臓の炎症が持続する慢性肝炎とは?3つの理解 1-1 肝臓の疾患「肝炎」の理解 1-2 慢性肝炎の状態とは?その定義 1-3 慢性肝炎の原因「非アルコール性脂肪肝炎:NASH」とは?[office-purej.com]

  • ウイルス性肝炎

    垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎の症状と経過: C型慢性肝炎は自覚症状に乏しい病気で,全身の倦怠感や食欲不振などの症状をうつたえる人は患者全体の約10%です。 C型肝炎慢性化すると発症してから10 20年の小康状態ののち、悪化し肝硬変そして肝臓がんへと新興していきます。 C型慢性肝炎の治療: インタ-フェロンやリバビリン(抗ウイルス剤)が使われます。[asahi-net.or.jp] 出産時や性行為による感染もありますが、B型肝炎に比べて稀です。 症状 肝臓の炎症は、ウイルスに感染してまもなくおこる急性肝炎と、長い期間ウイルスが肝臓にとどまる事によっておこる慢性肝炎に分類されます。慢性肝炎は肝臓の細胞が破壊されている状態であり、血液検査で肝臓の機能低下が認められます。[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • 肝細胞癌

    B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp] 肝細胞癌は、わが国にではその約90%が肝炎ウイルス感染を成因とする慢性肝炎やさらに線維化が進行した肝硬変を背景として発症します。肝細胞癌に関係する肝炎ウイルスの内訳は、C型肝炎ウイルス(HCV)が約70%、B型肝炎ウイルス(HBV)が約20%です。[jikeisurgery.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    健常者におけるB型急性肝炎罹患後の慢性化率は10%以下といわれていましたが、近年急性肝炎後の慢性化する症例が増加しています。HBVの持続感染者の多くは、「無症候性キャリア」となりますが、10-20%の持続感染者では慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変、肝臓癌へと進行するとされています。 2.[hospital.osaka-med.ac.jp] B型慢性肝炎 現場で役立つポイント 慢性肝炎 とは、6カ月以上肝臓に 炎症が持続 している病態をいう。門脈域に炎症・線維化が、他に肝細胞の変性・壊死が認められる。 B型慢性肝炎 とは、 B型肝炎ウイルス(HBV) の感染によって発症する疾患であり、肝硬変、肝癌へと進行することがある。[nurseful.jp] それを慢性肝炎と言い、そのままにしておくと重症化して「肝硬変」や「肝がん」を発症してしまう恐れがある疾患です。 慢性肝炎は、ウイルスによるものとアルコールの過剰摂取が主な原因。6ヶ月以上炎症が続き、その後、数年 数十年と長期にわたると言われています。[organ-kaizen.net]

  • 慢性肝疾患

    慢性肝炎は、肝臓の細胞(肝細胞)が長期間にわたり持続する炎症によって壊れる病気です。次第に肝臓に線維が増加して(線維化)硬くなり、肝硬変となり、肝癌を合併する場合もあります。わが国の慢性肝炎の90%がB型やC型の肝炎ウイルスの感染によるものです。慢性肝炎に特有の症状はなく、多くの場合、血液検査の異常で発見されます。[tsukazan-clinic.com] 慢性肝炎とは、慢性的に肝臓に炎症を生じる疾患です。肝炎が6か月以上持続していると、慢性肝炎と診断されます。 原因としてはB型肝炎、C型肝炎が大部分ですが成因不明の場合も稀にあります。 現在日本では慢性肝炎の70 80%がC型肝炎ウイルス、15 20%がB型肝炎ウイルスにより発症すると言われています。[kansikkan.jp] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net]

  • 大結節性肝硬変

    B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] B型慢性肝炎 現場で役立つポイント 慢性肝炎 とは、6カ月以上肝臓に 炎症が持続 している病態をいう。門脈域に炎症・線維化が、他に肝細胞の変性・壊死が認められる。 B型慢性肝炎 とは、 B型肝炎ウイルス(HBV) の感染によって発症する疾患であり、肝硬変、肝癌へと進行することがある。[nurseful.jp] 大別すると,急性炎症(急性肝炎),慢性炎症(慢性肝炎),高度の繊維増加を伴う構造の変化(肝硬変),胆汁流出障害,循環障害,代謝障害,寄生虫感染などがある。これらの原因として,ウイルス感染,アルコール毒性,薬剤アレルギー,栄養障害,自己免疫異常,胆道疾患,心臓病などがある。[kotobank.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    B型慢性肝炎ではほとんどの場合、自覚症状はみられません。ただし、肝炎が急激に悪化すると、疲れやすい、だるい、食欲がない、尿が黒褐色のような色になるといった症状が現れることがあります。 一方、症状が現れていないからといって治療を行わずに長期間放置すると肝硬変や肝癌に進行してしまうことがあります。[myclinic.ne.jp] 我が国では、慢性肝炎のほとんどがB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが原因であり、C型慢性肝炎が約70%を占めます。ウィルス性肝炎で肝臓が傷つく主な原因は、ウイルスそのものによるのではなく、ウイルスを排除するために働く宿主の免疫応答であると考えられています。慢性肝炎では自覚症状に乏しく、健康診断で発見されることも多いのです。[nissay.co.jp] 急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info]

さらなる症状