Create issue ticket

考えれる1,068県の原因 慢性皮膚炎

  • 皮膚炎

    手と足は特に慢性皮膚が生じやすい部位ですが、その理由は、手は多くの異物と頻繁に触れ、足は靴下と靴により生じる温かく湿った状態に置かれるためです。慢性皮膚は、接触皮膚、汗疱、診断や治療が十分になされていない他の皮膚、いくつかの原因不明の慢性皮膚疾患である可能性があります。[msdmanuals.com] とくに冬期など空気が乾燥すると悪化しやすいのが、アトピー皮膚です。 アトピーとは「不思議な」という意味で、いろいろなものに過敏な反応をしめす特定な体質をさし、その体質によって起こる慢性皮膚をアトピー皮膚炎と呼ぶようになりました。[sato-seiyaku.co.jp] 本研究グループは、これらの関係をまとめることで、さまざまなタイプの慢性皮膚が起こる仕組みを、次のように説明づけることができると考えました。 皮膚には、毒物やカビなど、体外のさまざまな有害な因子を感知して、それぞれを追い出すのに最適な反応を引き起こす仕組みがあり、この仕組みは主に体表面から0.2 mmほどの微小環境が担っている。[kyoto-u.ac.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    痒みを伴い慢性的に経過する皮膚(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。[dermatol.or.jp] アトピー性皮膚慢性に経過し、かゆみを伴う湿疹病変が繰り返す病気です。当皮膚科では毎週水曜日の午後に成人・小児のすべてのアトピー性皮膚の患者さんを対象としてアトピー外来(完全予約制)を開設しております。[h.u-tokyo.ac.jp] 経過と予後 アトピー性皮膚慢性に経過しますが,適切な治療により症状がコントロールされた状態が長く維持されると寛解が期待できます.一般的には,症状が軽いほど寛解する割合が高くなります.[zousantsushin.jp]

  • 接触性皮膚炎

    刺激性接触皮膚は刺激物が許容濃度を超えて皮膚についた場合に起こる急性毒性皮膚と、弱い刺激の繰り返しで生じる慢性刺激性皮膚に分けられます。 アレルギー性接触皮膚炎は、ある物質にアレルギーをもつ人の皮膚にその物質が接触することによって起こる皮膚炎です。[yomidr.yomiuri.co.jp] また、初期の治療の開始が遅れて、湿疹反応が全身に拡大したもの(自家感作性皮膚という)あるいは慢性化したものは、かなり難治性で専門の皮膚科医による治瞭が必要となります。 接触性皮膚の好発部位と原因との関係を図に示しました。[hiroshima.med.or.jp] また、家族や本人に喘息やアレルギー性鼻炎を患った経験があり、体の広い範囲に慢性の湿疹皮膚があればアトピー性皮膚炎(図2a,b)が強く疑われます(アトピー性皮膚炎は小児や成人だけでなく高齢者でも発症します。)[tmghig.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    皮膚腫瘍、悪性腫瘍の手術・センチネルリンパ節生検・抗癌剤治療 重症薬疹に対する全身管理 尋常性乾癬、膿疱性乾癬に対する紫外線療法・生物学的製剤の使用 皮膚悪性リンパ腫に対する放射線治療、紫外線治療、抗癌剤治療 自己免疫性水疱症に対する全身管理、ステロイド剤、免疫グロブリン製剤などの使用 アトピー性皮膚などの慢性皮膚疾患に対する外用療法・教育入院[med.oita-u.ac.jp] *4 アトピー性皮膚 皮膚慢性アレルギー疾患。角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリア機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる。慢性に経過する炎症と掻痒を特徴とする湿疹皮膚群の一疾患である。[amed.go.jp] に抗原刺激が加わると,種々の抗原に対して感作が成立し,アトピー疾患(皮膚,鼻炎,喘息)を発症する.[med.m-review.co.jp]

  • 乾癬

    *2 乾癬 (かんせん) : 皮膚の赤み、盛り上がり、フケのような鱗屑(りんせつ)が付着しはがれるなどの皮膚症状が慢性的にみられ、関節なども引き起こす。主な原因はまだわかっていない。[prtimes.jp] 一方、近年乾癬は多くの併存症(メタボリック症候群、高脂血症、心血管系障害、糖尿病、関節炎、ぶどう膜、肺気腫、慢性腎不全、炎症性腸、骨粗鬆症、鬱病など)があり、全身の炎症性疾患であると認識されています。乾癬は皮膚のみならずトータルマネージメントを要する疾患です。[nissay-hp.or.jp]

  • うっ滞性皮膚炎

    慢性静脈不全症およびうっ滞性皮膚の治療がともに不十分な場合には,うっ滞性皮膚は,明らかな皮膚潰瘍,慢性浮腫,皮膚の肥厚および線維化,または硬化性脂肪織(脂肪織炎の結果として生じる有痛性の硬結で,重症例では足首が細く,腓腹部が太くなり,下腿が逆向きのボウリングのピンに似た形態となる)に進行する。[msdmanuals.com] うっ滞性皮膚 HOME 一般皮膚科・形成外科 うっ滞性皮膚 うっ滞性皮膚とは、主に膝下にできる慢性皮膚です。 静脈の血流不全による皮膚炎のため、40代以降の女性や普段立ち仕事の方に多い症状です。 原因 下肢静脈瘤と呼ばれる病気の影響が進んだ場合に起きる症状です。[yamamedi-spa.com] 執筆者: どんな病気か 静脈瘤 (じょうみゃくりゅう)など下肢の血行障害によって膝(ひざ)下3分の1の部位に生じる、とくに中年以降の女性に多い慢性皮膚です。 原因は何か 遺伝的に静脈の弁が弱い体質に加えて、長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因となって膝下3分の1の部位に 静脈瘤 ができ、血液のうっ滞が生じます。[medical.itp.ne.jp]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    慢性痒疹 [ 編集 ] 結節性痒疹(けっせつせいようしん)ともいう。主に、 アトピー性皮膚 や高齢者の慢性湿疹に続発することがある。 妊娠性痒疹 [ 編集 ] 妊娠3 4ヶ月以降(妊娠中期)に主として四肢伸側に激しい発作性の掻痒が生じ、掻痒を伴う丘疹が四肢・腹部・背部に多発する病態である。[ja.wikipedia.org] 外陰部接触皮膚 カンジダやトリコモナスといった感染症が認められなくても外陰部の痒み訴えるかたは、決して少なくありません。慢性の痒みを訴える成人女性の約50%は接触皮膚(いわゆる、かぶれ)といわれています。[fuyukilc.or.jp] そう痒の原因 原因 示唆する所見 診断アプローチ 原発性皮膚疾患 アトピー性皮膚 紅斑,ときに苔癬化,毛孔性角化症,乾皮症,デニー-モルガン線,hyperlinear palms(掌紋が目立つ)の存在 通常はアトピーまたは慢性再発性皮膚の家族歴あり 臨床的評価 接触皮膚炎 アレルゲンへの接触に続発した皮膚炎;紅斑,小水疱 臨床的評価 皮膚糸状菌症[msdmanuals.com]

  • 全身性エリテマトーデス

    SLEの診断基準 臨床項目 急性皮膚ループス(頬部紅斑など) 慢性皮膚ループス 口腔内潰瘍 脱毛 関節 漿膜炎(胸膜炎、心外膜炎) 蛋白尿 0.5g/日以上または赤血球円柱 神経学的症状(痙攣、精神症状) 溶血性貧血 白血球 4000未満、またはリンパ球 1000未満 血小板 10万未満 免疫項目 抗核抗体陽性 抗ds-DNA抗体陽性 抗[ncvc.go.jp] 【分類基準・2012SLICC】 臨床11項目 1.急性皮膚ループス 2.慢性皮膚ループス 3.口腔潰瘍 4.非瘢痕性脱毛 5.滑膜 6.漿膜炎 7.腎症 8.神経症状 9.溶血性貧血 10.白血球減少、リンパ球減少 11.血小板減少 免疫6項目 1.抗核抗体 2.抗dsDNA抗体 3.抗Sm抗体 4.抗リン脂質抗体 5.低補体 6.溶血性貧血[hmh.or.jp] ループス:乾癬様皮疹、環状紅斑 慢性皮膚ループス:円板状皮疹(Discoid疹)、脂肪織、凍瘡様皮疹 循環障害:レイノー現象、爪周囲紅斑、爪周囲梗塞、網状皮斑 4) 筋骨格: 関節痛・関節炎・腱鞘炎 (非破壊性、MP/PIPおよび手関節に多い) Jaccoud変形(腱や靱帯のゆるみが原因で生じる) 筋肉痛、筋炎 5) 心・肺症状: 胸膜炎[ryumachi.umin.jp]

  • 乾癬性関節炎

    乾癬性関節 乾癬とは自己免疫性の慢性炎症性皮膚疾患であり、この10%前後に関節を合併するといわれています。 写真は背部の皮膚病変ですが、上肢、下肢、躯幹、額、頭皮などどこにでも小さな病変があることがありますので詳細な観察が必要です。[oguchi-clinic.jp] 概要 疾患のポイント: 乾癬性関節とは、皮膚慢性炎症性疾患である乾癬に伴う炎症性関節である。 乾癬性関節炎は乾癬の4 30%に合併すると報告されている。[clinicalsup.jp]

  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    、真皮内結節など しかしながら、小型血管の症状である紫斑、出血斑、紅斑、出血性水泡なども報告されている cutaneous PAN 慢性・再発性の血管炎であり、主に皮下脂肪や真皮-皮下組織の小動脈・細動脈を病変とする。[rheumatology-biboroku.blogspot.com] TERMINOLOGY — 皮膚小血管( CSVV )を表すために用いられる用語には、皮膚白血球破砕性血管炎、皮膚白血球破砕性血管炎( angiitis or vasculitis )、皮膚壊死性細静脈炎があり、いずれも CSVV の特徴的な組織学的所見を表す。[blogs.yahoo.co.jp] B/C型肝炎ウイルス、慢性細菌感染症(例、心内膜、シャントの感染)、HIVのような特定の感染症がこの病気の原因になってもよい。 CLINICAL MANIFESTATIONS — 皮膚病変である触知可能な紫斑 and/or 点状出血に加え、メジャーな臨床所見として発熱、掻痒、関節痛、リンパ節腫脹、低補体血症、 ESR 高値が含まれる。[blogs.yahoo.co.jp]

さらなる症状