Create issue ticket

考えれる61県の原因 慢性皮膚炎

  • 皮膚炎

    丘疹 結節 アトピー性皮膚炎 脂漏性皮膚炎 接触性皮膚炎 貨幣状湿疹 痒疹(注意:正式な概念としては成立していないが、同じ症状・経過をもつ疾患群としてまとめることが可能であり別記とする) 湿疹に関しても急性と慢性の分類がある。急性湿疹はかぶれである接触性皮膚、赤ちゃんの顔にできる脂漏性皮膚、老人の下腿に好発する貨幣状湿疹が含まれる。[ja.wikipedia.org] アトピー性皮膚慢性湿疹に分類され苔癬化の転帰をとりやすい。 湿疹と間違いやすい疾患としてページェット病、有棘細胞癌などがあげられる。また、湿疹の治療は基本的にステロイド外用薬であるので寄生体疾患(ウイルス、細菌、医動物)によるものは除外する必要がある。 汗疹(あせも)は、湿疹の一種ではない。[ja.wikipedia.org]

  • アトピー性皮膚炎

    痒みを伴い慢性的に経過する皮膚(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。[dermatol.or.jp] 抗ヒスタミン薬の多くは慢性じんましんに対してきちんとした臨床試験を行い有効性が実証されています。 ところが、アトピー性皮膚に対して行われた臨床試験は二重盲検法でなかったり、二重盲検法でも症例数が少なかったりで、少々難ありの臨床試験であったのです。そのためもあり、有効性に疑問を持つ人もいたのです。[kyudai-derm.org] アトピー性皮膚治療ガイドラインには以下のように記載されている。 一般に慢性に経過するも適切な治療により症状がコントロールされた状態に維持されると、自然寛解も期待される疾患である。と明記されている。[ja.wikipedia.org]

  • 接触性皮膚炎
  • 尋常性魚鱗癬
  • 乾癬

    かんせんせいかんせつえん 概要 乾癬性関節炎(かんせんせいかんせつえん)は、皮膚の病気である乾癬に、腫れと痛みを伴う関節炎をが合併した病気です。原因は分かっていません。遺伝する病気ではありませんが、家族集積性といい、血縁関係の方にこの病気の方がいると、発症しやすいといわれています。 日本における乾癬の患者数は2010年の患者データベース研究から50 60万人と推計されています。肥満との関連も報告されており、近年の食事の欧米化により、患者数は増加傾向にあります。関節炎を発症するのは、乾癬の患者さんのうち1 20%程度です。乾癬性関節炎はどの年代にも起こり得ますが、20[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • うっ滞性皮膚炎

    うっ滞性皮膚 (鬱滞性皮膚、うったいせいひふえん)とは、静脈の循環不全に起因する慢性皮膚疾患である。 目次 1 頻度 2 原因 3 症状 4 治療 5 生活上の注意 6 関連項目 頻度 [ 編集 ] 比較的よくみられる。大部分は中高年で、男女差は女性に比較的多い。[ja.wikipedia.org] 皮膚アレルギー性血管 過敏性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管炎 結節性多発動脈炎 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性丘疹症(デゴス病) 下腿潰瘍 閉塞性動脈硬化症(ASO) 魚鱗癬[ja.wikipedia.org] ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹[ja.wikipedia.org]

  • 外耳炎

    また、外耳慢性化すると激しい耳の痛みや耳漏を伴う悪性外耳を起こし、皮膚だけでなく骨にまで進行して他の病気を併発させ、生命に関わることもあります。 治療法 数日すると腫れたところから膿が出るので、患部を消毒して軟膏を塗っておくと自然に痛みもとれます。通常は10日ほどで完治しますが、膿が出ない場合は切開して膿を出します。[kenko-s-net.com]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹
  • 薬疹
  • 扁平苔癬

    症候群,慢性甲状腺,悪性リンパ腫,扁平苔癬などがあげられている.肝炎ウイルスの感染が関与した肝外病変の研究は,原因が解明されていない疾患の概念や治療法の確立に寄与するだけでなく,まだ不明な点の多い肝障害の病態を解明する突破口になる可能性がある.[jstage.jst.go.jp] 抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren[jstage.jst.go.jp]

さらなる症状