Create issue ticket

考えれる323県の原因 慢性的な腹痛

  • 便秘

    腹痛・下痢・便秘が慢性に起こるもので、下記のように三つのタイプがありますが、出勤途中や会議などある特定の状況で腹痛や下痢が起こり、排便すると症状が消えるというケースが代表的です。 その下痢はもしかしたら…過敏性腸症候群かも?![genkiplaza.or.jp] 3 過敏性腸症候群 精神ストレスや情緒不安定などが原因で、腸のぜん動運動に異常が起こり、腹痛をともなう慢性な下痢を引き起こします。時に下痢と便秘が交互に起こることもあります。何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、その後再発という現象を繰り返すこともあります。 この疾患・症状に関連する情報はこちら。[takeda-kenko.jp] 器質な疾患がないにもかかわらず、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘が慢性に繰り返される場合は、過敏性腸症候群というストレスからくる病気の可能性もあります。 なぜ症状が起こるのか 腸の動きをコントロールするのは自律神経です。更年期によるエストロゲンの分泌の低下や、精神的ストレスや環境の変化で自律神経の乱れが出ます。[ko-nenkilab.jp]

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    この医師が抱えている大きなものは、23キロもある卵巣嚢胞だ。米国アラバマ州在住の女性の腹部から摘出された。この話は、医者にかかったときに、自分の主張はした方がよい、という好例だ。 数カ月前のことだ。同州の州都モンゴメリーに住むカイラ・ラーンさん(30歳)は、腹痛、息切れを感じ始め、減量を試みているものの体重が激増してきていた。双子でも妊娠しているのかと、見知らぬ人に声をかけられるほどだった。 「息切れせずには、自分の車まで歩くことさえままなりませんでした」と、 ラーンさんはNBC12に対して答えている 。医者にも行ったが、減量するように言われただけだった。[…][buzzfeed.com]

  • 食品アレルギー

    第3222号 2017年5月8日 【FAQ】 患者や医療者のFAQ(Frequently Asked Questions;頻繁に尋ねられる質問)に,その領域のエキスパートが答えます。 今回のテーマ 小児食物アレルギーの発症予防――最近の知見から 【今回の回答者】 夏目 統 (浜松医科大学小児科 助教)[…][igaku-shoin.co.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    身体症状 消化器系症状 慢性胃炎,胃潰瘍(腹痛,食欲不振,吐気,嘔吐,吐血) 大腸障害(下痢) アルコール性肝炎すなわち脂肪肝(肝肥大,右上腹部痛,全身倦怠感) 肝硬変症(黄疸,腹水) 膵臓炎,騨石(腹痛) 糖尿病 循環器系(心臓,血管系)症状 血管拡張(酒焼け,赤ら顔くも状血管腫) 動脈硬化症,高血圧症,循環障害 アルコール性心筋症(心肥大[synapse.ne.jp]

  • 食道炎

    消化器一般 ピロリ菌について 便秘について 逆流性食道炎について 過敏性腸症候群について 逆流性食道炎について 2分でわかる逆流性食道炎動画 逆流性食道炎とは 逆流性食道炎とは、名前の通り「胃の中の胃酸などが食道に逆流して炎症を起こす病気」のことです。 本来、胃の中の胃酸や食物が食道に逆流しないように、食道と胃の間は筋肉(下部食道括約筋)で閉まっています。食べ物を飲み込んだ時に筋肉が緩んで、食道から胃に落ちます。[…][morinomiya-naishikyo.com]

  • 胃炎

    胃炎の原因と症状 原因 症状 急性胃炎 胃の蠕動運動の異常 ・胃がむかむかする ・胃もたれ 胃酸の過剰分泌 胃痛 慢性胃炎 ピロリ菌感染 ・慢性な胃の不快症状 ・胃潰瘍を繰り返す 原因不明(NUD) 慢性な胃の不快症状 胃の病気のサイン 食後に決まって腹痛が起こる…消化性潰瘍 胃や十二指腸の内面を覆っている粘膜の一部にただれ、壊死などの[nipro.co.jp] 過敏性腸症候群 主にストレスから、腸が慢性な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患です。下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。原因は、不安、緊張、ストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などです。[higuchi-cl.jp] 慢性胃炎 慢性胃炎は胃に刺激が繰り返し加わることで慢性に炎症を起こしている状態です。 こんな症状ありませんか? 常に胃のあたりに不快感、痛みがする 胃もたれや食後の腹痛 胃のむかつきや吐き気がある 食欲不振 以上の症状は慢性胃炎の症状としてあるものです。ただし、慢性胃炎はこのような自覚症状がない場合もあります。[okabefujiko-clinic.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    クラミジア感染症スクリーニングの実施で、PID(骨盤内炎症性疾患)の発病率を減らすことができるのか。ロンドン大学セント・ジョージア校地域保健科学部門のPippa Oakeshott氏らが無作為化試験を行い、BMJ誌2010年4月24日号(オンライン版2010年4月8日号)で報告している。クラミジア感染症は欧米で最も多い性感染症で、毎年新規患者は300万人以上。しかし症状に乏しいため放置され、PID発病を招くケースが少なくない。その医療コストは米国で年間20億ドル以上と推計されているという。 迅速検査治療群と対照群とに無作為化し1年間のPID発病率を追跡[…][carenet.com]

  • 胆石症

    胆石症について 外科豆知識 胆石症ってどんな病気? 胆石症とは、胆のうや胆管に石ができてしまう病気です。肝臓でつくられた胆汁という消化液が、胆管を通って十二指腸に流れていきます。この胆汁が何らかの原因によって固まってしまい「胆石」ができます。この石は、胆汁が濃縮される胆のうに一番よくできます(胆のう結石)が、時に胆管の中にできてしまうこともあります(胆管結石)。 胆石症の症状は?[…][osakacity-hp.or.jp]

  • 乳糖不耐症

    乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、乳糖(ラクトース)の消化酵素のラクターゼが消化できないことで、消化器に生じる諸症状。多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。ヒトを含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する。 成体になっても活性が続いている場合には、ラクターゼ活性持続症などと呼ばれる。また牛乳アレルギーやガラクトース血症は、乳糖不耐症とは異なる。 乳糖不耐症は、小腸でラクターゼが十分に働かず、乳糖が分解されないことで症状を起こしている。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状