Create issue ticket

考えれる141県の原因 慢性的な不安

  • 更年期障害

    「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指し、一般的には 45 55歳 くらいになります。この時期は女性ホルモンのひとつ エストロゲン量 が急激に減少し、この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。 「体の不調」 と 「心の不調」 更年期障害は 「女性ホルモン (エストロゲン) の減少」 という体の変化によって引き起こされますが、それ以外にもストレスを感じやすい環境にいると、心身が不安定になり、症状も悪化しがちです。 更年期障害の症状は、のぼせ、めまい、肩こりなどの 「体の不調」 とイライラ、不眠、不安などの 「心の不調」[…][kobayashi-seidaido.co.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    そのうち、慢性な精神症状として、幻覚や幻聴、幻視、幻臭など五感に異常が現れます。続いて妄想、不安、不眠、鬱へと移行していきます。また、この頃になると、覚せい剤を摂取していないにもかかわらず、そのときと同様の感覚がよみがえったり、禁断症状のように突然不安感や幻覚に襲われるようにもなります。[police.pref.chiba.jp]

  • 不安障害

    慢性不安と急性不安のどちらにでも使える病名ですので、使いやすさがあります。 しかしながら多くの場合は、慢性不安があります。ですから、不安神経症 全般性不安障害であることが多いです。 全般性不安障害の治療 それでは全般性不安障害の治療はどのように行っていくのでしょう。[cocoromi-cl.jp] 全般性不安障害とはどんな病気? 全般性不安障害は、毎日の生活の中で漠然とした不安や心配を慢性に持ち続ける病気です。 ただ心配しているだけなら良いのですが、尽きることない不安と心配のために徐々に身体症状や精神症状が現れるようになり、不安が悪循環していきます。[tawara-clinic.com] 患者さんは、自分か家族の誰かが病気にかかるのではないか、あるいは事故にあうのではないか、というような不安を他の心配事とともに口にします。 女性に多く、しばしば背景には慢性なストレスの強い環境要因が認められます。[hirosakiekimae-mentalclinic.com]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 心因性過換気

    しかし、あまりにも急激な環境の変化や著しい精神ショックを体験したり、慢性に不都合な状況にさらされた場合などには、対処していく力がおよばず、不安、焦燥、抑うつ、無気力、とじこもりといったような精神的症状を呈することがあります。このような症状が一時的にも出現すれば心因性の症状と呼ぶことができます。[nginet.or.jp] 最終には本人が現状をどれだけ受け入れることができるかが、症状の軽減への鍵となります。 不安慢性に続き、社会生活に支障を来す場合は、薬物療法が有効となります。 恐怖 特定の対象に対する恐れ、と定義されます。対人恐怖、不潔恐怖、広場恐怖など、対象も人や物に限らず、見えないものや特定の状況に対する恐怖などもみられます。[machida-mental.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    最終的な症状は解明されていませんが、十分な心理治療を受けないと、この症状は慢性なものになってしまうと言われています。 治療について 混合性不安抑うつ障害の治療方法を比較する研究が無いので、医師は症状の深刻さや過去の精神病の治療に合わせて対処しています。[kokoronotanken.jp] 中高年に多い不安障害の症状と治療 不安障害は人ごみや会議など特定の状況で不安が誘発される「恐怖性不 安障害」とそれ以外の不安障害に分けられますが、とくに発見しにくいのが 「全般性不安障害」と「混合性不安抑うつ障害」です。 全般製不安障害は、慢性のストレスと関係が深い病気です。[aydijital.blog14.fc2.com] じわじわとス トレスにさらされているうちに、持続な軽い不安に襲われ、活動性の低 下、落ち着かない、引きこもりといった行動の異常や頭痛、肩こり、めまい、 発汗、頻脈、呼吸が浅いなどの自律神経症状が出ます。そして、こうした 症状に軽いうつ病が加わったのが混合性不安抑うつ障害です。[aydijital.blog14.fc2.com]

  • 片頭痛

    筋弛緩作用を合わせ持つ抗不安薬(エチゾラム、ジアゼパムなど)を鎮痛剤と併用するとよいこともあります。 慢性緊張型頭痛では予防に抗不安薬や抗うつ剤が用いられています。筋弛緩剤(チザニジンなど)の併用が有効な例もあります。[neurology-jp.org] 慢性な鎮痛薬の使用に不安を感じている場合などにも試してみると良いかもしれません。 その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら![kracie.co.jp] 睡眠リズムの整え方 休日でも起床時刻は変えない 平日と休日の睡眠時間の差は2時間以内に収める 昼寝は15時までに20 30分程度にする (2)片頭痛が不眠症を引き起こす 片頭痛の痛みが原因で満足な睡眠をとることができず、慢性な不眠症になってしまうケースもあります。[sleepstyles.jp]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 強迫性障害

    強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英: Obsessive–compulsive disorder , OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である。1994年以前は強迫神経症の診断名であった。同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。アメリカ精神医学会発行のDSM-IV(精神障害の診断と統計マニュアル)において、不安障害に分類されている。多くはその行為に日あたり1時間以上を費やしてしまう。2013年のDSM-5では強迫症の診断名も併記される。[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状