Create issue ticket

考えれる137県の原因 慢性特発性血小板減少性紫斑病

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    これにより、リツキサン注は、 造血器腫瘍 自己免疫疾患 ネフローゼ症候群 慢性特発血小板減少紫斑―の治療、また 腎移植 肝移植―における拒絶反応防止に用いることができるようになりました。[medwatch.jp] JMACCT試験ID JMA-IIA00070 最終情報更新日: 2014年5月31日 登録日:2011年08月12日 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 特発血小板減少紫斑 試験開始日(予定日) 2011-10-20 目標症例数 24 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 試験の目的 慢性特発血小板減少紫斑[rctportal.niph.go.jp] 「Promacta」/「レボレード」は、コルチコステロイド、免疫グロブリン、または脾臓摘出術に対して十分な反応が得られない1歳以上の慢性特発血小板減少紫斑慢性ITP)の小児患者のための血小板減少症の治療薬としても、米国および欧州連合で承認されています。[novartis.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 血小板減少症

    しかし、一割程度は慢性の経過を辿る。また、成人がITPを発症した場合慢性化することが多い。ITPが6ヶ月以上遷延化した場合、慢性特発血小板減少紫斑の診断が下される(小児にあっては、ウイルス感染が先行し発症が急激ならば、急性ITPと考えて良い)。[ja.wikipedia.org] 治療 小児に多い急性特発血小板減少紫斑は、半年以内に約9割は自然軽快しますので、出血傾向が強くなければ経過を観察します。成人に多い慢性特発血小板減少紫斑では、ピロリ菌感染が見られる患者さんに対し、特別な胃薬と抗生物質を1週間服用し、ピロリ菌を除く治療をすると約半数で血小板が増加します。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 特発血小板減少紫斑(ITP*)は血小板が減少し、その結果として出血の危険が高まる病気で、国が指定する難病の対象になっています。 慢性に経過する病気の性格上、治療の目標は出血を防ぐことです。 血小板数が5万/μL以上であれば通常は出血の危険はほとんどありませんので、定期的に血小板数と出血症状をみながら経過を観察します。[kyowa-kirin.co.jp]

  • 盲腸腺癌

    盲腸がん・盲腸癌治療の知識と情報 医療相談 盲腸がん(盲腸癌)ステージの進んだ3期、4期(末期)の盲腸がん(盲腸癌)では次の様な転移や症状が見られます。 局所再発、リンパ節転移、肺転移、肝臓転移、腹膜転移、骨転移、脳転移、副腎転移、脾臓転移、腸閉塞、腹膜播種、癌性腹膜炎、腹水、むくみ、体力の低下、衰弱、痛みなど。 盲腸がん(盲腸癌)治療に不安や行き詰まりを感じたり、化学療法(抗がん剤治療)の副作用の軽減、QOL(生活の質)の向上、延命、治癒を目指す盲腸がん(盲腸癌)の治療法を検討されている方。 西洋医学との併用、あるいは西洋医学以外のアプローチ方法もございますので、[…][e-kanpo.jp]

  • 慢性特発性血小板減少性紫斑病

    これにより、リツキサン注は、 造血器腫瘍 自己免疫疾患 ネフローゼ症候群 慢性特発血小板減少紫斑―の治療、また 腎移植 肝移植―における拒絶反応防止に用いることができるようになりました。[medwatch.jp] JMACCT試験ID JMA-IIA00070 最終情報更新日: 2014年5月31日 登録日:2011年08月12日 基本情報 進捗状況 試験終了 対象疾患 特発血小板減少紫斑 試験開始日(予定日) 2011-10-20 目標症例数 24 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ 介入 試験の内容 試験の目的 慢性特発血小板減少紫斑[rctportal.niph.go.jp] 特発血小板減少紫斑には、血小板減少が急におこる急性特発血小板減少紫斑(急性ITP)と、徐々におこってくる慢性特発血小板減少紫斑慢性ITP)の2つのタイプがあります。 急性特発血小板減少紫斑(きゅうせいとくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう) 子どもに多くみられ、発生数に男女差はありません。[kotobank.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、英語: Acquired immune deficiency syndrome, AIDS(エイズ))は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす疾患。照屋勝治はエイズを慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」としている。性感染症の一つ。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状