Create issue ticket

考えれる14県の原因 慢性湿疹性発疹

つまり: 慢性湿疹性発

  • 蕁麻疹

    しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。なお、接触皮膚炎(かぶれ)でみられる湿疹は、IV型アレルギーであり、機序が異なる。[ja.wikipedia.org] 経過による分類発疹の出没が1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上のものを「慢性蕁麻疹」と分類することがあるが、分類する意義がないという意見もある。 原因による分類 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。アレルギー性蕁麻疹の一つ。サバなどの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性発疹

    その他  爪白癬、足白癬、カンジダなど真菌症  虫刺症、脂漏皮膚炎、皮脂欠乏湿疹、痒疹、貨幣状湿疹、自家感作皮膚炎、 ウイルス発疹症など湿疹、皮膚炎  乳児、小児湿疹  急性、慢性蕁麻疹  脱毛症  いぼ、アクロコルドン  にきび  熱傷、熱傷後瘢痕  ケロイド、肥厚瘢痕  その他 紅皮症、水疱症など 手術 皮膚腫瘍  粉瘤、脂漏性角化症[nmc.kpu-m.ac.jp] また、アトピー性皮膚炎など皮膚の慢性炎症状態がありますと、1型(HSV-1)ウイルスの初感染により重症の皮膚感染症、カポジ水痘様発疹症(疱疹湿疹)を起こすことがあります。[narumi-clinic.jp]

  • アルコール離脱

    、肝硬変 腎・尿路 頻尿 尿中血陽性、尿中蛋白陽性、排尿困難 皮膚 蕁麻疹、全身そう痒症、皮膚乾燥、湿疹、せつ、多形紅斑、発疹、丘疹性皮疹 全身性皮疹、皮膚炎、血管性浮腫 呼吸器 鼻出血、喉頭不快感、息詰まり感、咽喉乾燥、鼻閉、呼吸異常、喘鳴、口腔咽頭不快感、咽頭炎、口腔咽頭痛 器質化肺炎、過換気、鼻漏 眼 眼乾燥、眼刺激、眼痛、眼瞼浮腫[kegg.jp] 白血球減少症、白血球数増加、赤血球数減少 好中球数減少 内分泌・代謝 高プロラクチン血症 血中プロラクチン減少、血中トリグリセリド増加、血中カリウム減少、血中ブドウ糖増加、体重増加、高脂血症、尿中ケトン体陽性 血中コレステロール増加、体重減少 肝臓 肝機能異常(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、ALP、血中ビリルビンの増加等) 慢性肝炎[kegg.jp]

  • 皮膚腫瘍

    その他  爪白癬、足白癬、カンジダなど真菌症  虫刺症、脂漏皮膚炎、皮脂欠乏湿疹、痒疹、貨幣状湿疹、自家感作皮膚炎、 ウイルス発疹症など湿疹、皮膚炎  乳児、小児湿疹  急性、慢性蕁麻疹  脱毛症  いぼ、アクロコルドン  にきび  熱傷、熱傷後瘢痕  ケロイド、肥厚瘢痕  その他 紅皮症、水疱症など 手術 皮膚腫瘍  粉瘤、脂漏性角化症[nmc.kpu-m.ac.jp]

  • 妊娠性そう痒性蕁麻疹様丘疹

    対症療法 慢性疾患(変形関節症)では薬物療法以外の療法も考慮 損傷皮膚及び粘膜、湿疹又は発疹の部位に使用しないこと。[mhlw.go.jp] 慢性疾患(変形関節症)では薬物療法以外の療法 損傷皮膚及び粘膜、湿疹又は発疹の部位に対して刺激があるので使用しないこと 1日2回患部に貼付する。[mhlw.go.jp] 原因療法ではなく対症療法 慢性疾患(変形関節症)では薬物療法以外の療法 損傷皮膚及び粘膜、湿疹又は発疹の部位に対して刺激があるので使用しないこと 1日2回患部に貼付する。[mhlw.go.jp]

  • 全身性単純ヘルペス

    また、アトピー性皮膚炎など皮膚の慢性炎症状態がありますと、1型(HSV-1)ウイルスの初感染により重症の皮膚感染症、カポジ水痘様発疹症(疱疹湿疹)を起こすことがあります。[narumi-clinic.jp]

  • 乏血性ショック

    《続きを見る》 77 interferon alfacon-1 36 下痢、低蛋白血症、倦怠感、全身倦怠、全身倦怠感、口内炎、咳嗽、好中球減少、好酸球肺炎、感染症、慢性甲状腺炎、掻痒感、注射部位しこり、注射部位発赤、注射部位皮膚荒れ、注射部潰瘍、消化器症状、湿疹、熱、甲状腺中毒ミオパチー、痙攣、発熱、発疹、白血球低下、白血球数低下、白血球減少[selimic.imic.or.jp]

  • 家族性寒冷蕁麻疹

    しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。なお、 接触皮膚炎 (かぶれ)でみられる 湿疹 は、 IV 型 アレルギー であり、機序が異なる。[ja.wikipedia.org] 経過による分類 発疹の出没が1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上のものを「慢性蕁麻疹」と分類することがあるが、分類する意義がないという意見もある。 原因による分類 食物性蕁麻疹 [ 編集 ] 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。アレルギー性蕁麻疹の一つ。[ja.wikipedia.org]

  • 湿疹

    急性湿疹では発赤,腫脹(しゅちょう), 丘疹 ,湿潤,糜爛(びらん)面,落屑(らくせつ)などが境界不鮮明にみられ,かゆみが強く,掻破(そうは),摩擦,2次感染により 発疹 は変形する。慢性湿疹では皮膚の角質増加,細胞浸潤が起こり,皮膚の肥厚,浸潤,苔癬化,色素沈着がある。[kotobank.jp] 局面のものと全身に発生する汎発性のものがあり,前者はさらに頭部・四肢・顔面・陰部湿疹などと分類される。外因は,日光,湿潤,摩擦,掻破,化学薬品,細菌など。 治療は,かゆみを止めること,外部の刺激から病変部を保護することが目的で,油脂性軟膏,カーボワックスなどが用いられる。慢性湿疹にはこのほか,ステロイドホルモンの局所注射も行われる。[kotobank.jp]

  • 足底疣贅

    原因として考えられるものは自己免疫・食べ物アレルギー・ダニ・HD・薬疹・ウィルス発疹症などがあります。 組織学的には、急性、亜急性、慢性と分かれますが、臨床的には、通常は急性湿疹、慢性湿疹に分類することが多いです。[nana-skincare.jp]

さらなる症状