Create issue ticket

考えれる229県の原因 慢性消化管出血

  • 横隔膜ヘルニア

    先天性横隔膜ヘルニアの治療 静岡県立こども病院 小児外科 新生児の横隔膜ヘルニアは、現在でも救命率が低い代表的な疾患ですが、当院では極めて良好な成績を上げております。また産科とNICUと連携し胎児診断例に対しては、心エコーやMRI検査などで重症度を予測し出生前から計画的な治療計画をたてます。当院で出産した後には、NICUやPICUで各科の連携の下に治療が行われます。 NICUでは本疾患の治療に欠かせない人工肺(ECMO)、除水装置(膜型人工腎臓)、NO治療がいつでも開始できるようになり、さらなる治療成績の向上を目指しています。[shizuoka-pho.jp]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    (Osler-Weber-Rendu症候群) 執筆者: David J. Kuter , MD, DPhil, Professor of Medicine, Harvard Medical School; Chief of Hematology, Massachusetts General Hospital 遺伝性出血性毛細血管拡張症は,遺伝性の血管奇形疾患で,常染色体優性形質で遺伝し,男女を問わず発生する。 80%を超える患者が形質転換増殖因子β1(TGF-β1)およびTGF-β3の受容体をコードするエンドグリン( ENG )遺伝子,またはTGF-βシグナル伝達経路に関与するタンパクのSMAD4をコードする[…][msdmanuals.com]

  • 貧血

    スポーツ貧血 一般に、鉄欠乏性貧血となります ストレスによる消化出血、過多月経 過重練習による筋肉損傷、血管内破壊 食欲の低下、ダイエット 鉄の吸収の低下と需要の増大 発汗による鉄の漏出 慢性炎症に伴う貧血 非常に多い貧血ですが、一般的な認識が少ないものです 様々な慢性炎症性疾患により、炎症性サイトカインが増えることにより生じます 近年、[cityhosp-kumamoto.jp] 貧血の一般的な原因 発症の仕組み 例 慢性的な過剰出血 膀胱腫瘍 消化のがん 重度の月経出血 痔核 腎腫瘍 鼻出血 消化のポリープ 胃や小腸の潰瘍 突然の過剰出血 外傷 出産 血管破裂 手術 赤血球産生低下 再生不良性貧血 慢性疾患 葉酸欠乏症 鉄欠乏症 白血病 リンパ腫 転移したがん 骨髄異形成(骨髄組織の異常) 骨髄線維症 多発性骨髄腫[msdmanuals.com] もし鉄分の低下が認められたならば体内から失われた原因として慢性的な出血(胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がんなどの消化の疾患や子宮筋腫あるいは血尿などにより継続的に少しずつ出血していること)、偏食等の食生活の問題、吸収の問題やまれには慢性的な体内での溶血(赤血球が壊れること)等が考えられます。[itonaika-ketsuekinaika.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    スポーツ貧血 一般に、鉄欠乏性貧血となります ストレスによる消化出血、過多月経 過重練習による筋肉損傷、血管内破壊 食欲の低下、ダイエット 鉄の吸収の低下と需要の増大 発汗による鉄の漏出 慢性炎症に伴う貧血 非常に多い貧血ですが、一般的な認識が少ないものです 様々な慢性炎症性疾患により、炎症性サイトカインが増えることにより生じます 近年、[cityhosp-kumamoto.jp] を必要とします 悪性腫瘍による貧血 がんが進行した状態で合併します 鉄欠乏性貧血 慢性炎症による貧血 消化出血 がんによる栄養障害 骨髄への浸潤 機序は様々です 微量元素の不足による貧血 銅や亜鉛の不足による貧血があります 微量の元素なので、ふつうは不足となることはありません 経管栄養を長期している患者さんで発症します 以前の栄養には、銅[cityhosp-kumamoto.jp] や肝硬変では貧血を伴うことがあります 消化出血、溶血性貧血、脾臓の機能亢進、葉酸欠乏、アルコールによる障害など様々な機序があります 肝臓疾患では、貧血を伴う可能性を考える必要があります 内分泌疾患による貧血 甲状腺機能低下症 副腎皮質機能低下症 下垂体機能低下症 副甲状腺機能亢進症 これらの疾患では、貧血を伴う可能性があります 時々、血液検査[cityhosp-kumamoto.jp]

  • 鉄欠乏症

    子宮筋腫や、慢性消化出血のある場合、また 胃腸が弱くて鉄の吸収の悪い場合も鉄欠乏性貧血になります。 体内の鉄の量は男性で約3g、女性で2.5gです。その内の60%はヘモグロビンとして 血液に利用され、30%は貯蔵鉄として肝臓などに貯蔵されています。 鉄が不足すれば、ヘモグロビンの量が減ります。[city.gifu.med.or.jp] 特に偏食をしているわけでもない男性が鉄欠乏性貧血であった場合、しばしば消化からの慢性的な出血を疑う。 鉄欠乏性貧血の診断はさほど難しくはないが、診断・治療にあたっては下記のように原因を検索する必要があり、その際出血の有無、出血源を調べる。蛇足であるが、第二次世界大戦前は 回虫 や 鉤虫症 などの 寄生虫 も大きな原因であったらしい。[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    表1.失神の原因 器質的疾患(急性) 心原性:急性冠症候群 不整脈 急性大動脈解離 大動脈弁狭窄症 肥大型閉塞性心筋症 肺疾患:肺塞栓症 肺高血圧症 気管支喘息 消化器疾患:消化出血 その他:感染症 脱水 脳血管障害 アナフィラキシーなど 変性疾患(慢性) 慢性本態性起立性低血圧、パーキンソン症候群など 神経起因性失神(Neurally[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 鉄欠乏性貧血

    鉄が不足しているといわれ、鉄を摂取してもなかなか回復しない時には、消化出血やヘリコバクターピロリなどによる慢性胃炎、婦人科疾患による出血などの可能性があります。こころあたりがあるようなら、消化器内科や産婦人科への受診が必要となります。[hiroshima-med.jrc.or.jp] 月経過多(子宮筋腫、子宮内膜症など) 慢性的な出血(潰瘍や腫瘍による消化出血、痔からの出血) 成長期や妊娠などの際の需要の増大 胃や十二指腸切除後などの吸収不良 症状 :動悸・息切れ・易疲労感・全身倦怠感・浮腫・立ちくらみ・顔面蒼白などの貧血の一般的な兆候の他に爪がスプーン状になったり、希に口内炎、舌炎、嚥下障害(Plummer-vinson[nms.co.jp] 特に偏食をしているわけでもない男性が鉄欠乏性貧血であった場合、しばしば消化からの慢性的な出血を疑う。 鉄欠乏性貧血の診断はさほど難しくはないが、診断・治療にあたっては下記のように原因を検索する必要があり、その際出血の有無、出血源を調べる。蛇足であるが、第二次世界大戦前は 回虫 や 鉤虫症 などの 寄生虫 も大きな原因であったらしい。[ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    他に消化粘膜の出血・壊死、リンパ節の腫大、肝臓など実質臓器の微細出血、胸水や腹水の増加がみられる。慢性に経過した場合、明らかな病変は認められない。 5.病原学的検査 急性経過で死亡した個体の肺、腸粘膜、リンパ節の組織小片乳剤を直接鏡検し、あるいは割面スタンプのギムザ染色標本を鏡検して、増殖型虫体(タキゾイト)を検出する。[naro.affrc.go.jp]

  • 肝硬変

    肺高血圧症 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化出血、葉酸欠乏症。 肝硬変に至った肝臓を元に戻すことは不可能なため、その治療は基本的に対症療法が行われ、合併症の発生を避けるといったことが主に行われる。また、食事制限を行うことによって、肝硬変の進行を少しでも遅らせたり、合併症を防ぐといったことも行われる。[ja.wikipedia.org] 非代償性肝硬変により慢性肝不全になると 主に腹水、浮腫、消化出血、黄疸、肝性脳症といった症状を示します。 いずれの肝硬変も、放っておくと肝臓癌になる可能性があります。 腹水 おなかの腹腔といわれるすきまには、臓器と臓器の摩擦をすくなくして、 運動を円滑にするために、通常は20 50mlの水がはいっています。[seihouen.ne.jp] 命にかかわる合併症 慢性肝炎は生命に危険はありませんが、肝硬変になると、生命にかかわることがあります。 消化出血(しょうかかんしゅっけつ)、肝がん、肝不全(かんふぜん)の3つが肝硬変の三大死因です。[kotobank.jp]

  • 胃炎

    胃粘膜の急性炎症で、臨床的には腹痛、嘔吐、消化出血などの突発症状を呈し、飲酒、喫煙、薬物(NSAIDs、コカイン等)、ストレスなどが原因として上げられる。 慢性胃炎は、胃粘膜の慢性炎症と固有胃腺の萎縮、腺の過形成あるいは腸上皮化生を主要所見とする。固有胃腺の萎縮は幽門前庭部から胃体部へと加齢とともに拡大していく。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状