Create issue ticket

考えれる12県の原因 慢性消化管出血

  • 鉄欠乏性貧血

    特に偏食をしているわけでもない男性が鉄欠乏性貧血であった場合、しばしば消化からの慢性的な出血を疑う。 鉄欠乏性貧血の診断はさほど難しくはないが、診断・治療にあたっては下記のように原因を検索する必要があり、その際出血の有無、出血源を調べる。蛇足であるが、第二次世界大戦前は 回虫 や 鉤虫症 などの 寄生虫 も大きな原因であったらしい。[ja.wikipedia.org]

  • 横隔膜ヘルニア
  • 肝硬変

    肺高血圧症 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化出血、葉酸欠乏症。 肝硬変に至った肝臓を元に戻すことは不可能なため、その治療は基本的に対症療法が行われ、合併症の発生を避けるといったことが主に行われる。また、食事制限を行うことによって、肝硬変の進行を少しでも遅らせたり、合併症を防ぐといったことも行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    オスラー・ウェーバー・ランデュ病 (オスラー・ウェーバー・ランデュびょう、 英 : Osler-Weber-Rendu diease 、オスラー・ウェーバー病とも)は、皮膚、粘膜、多発性無彩血管を主訴とする 常染色体優性遺伝 の疾患である [1] 。「繰り返す鼻出血」が特徴的な疾患である。遺伝性出血性毛細血管拡張症(hereditary hemorrhagic telangiectasia; HHT)とも呼ばれる。 疫学・疾患概要 [ 編集 ] ALK1およびTIE2 遺伝子 などの変異により、 血管 構築が維持できなくなり、拡張した毛細血管が形成される。それにより容易に出血を起こす [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈圧亢進症

    肺高血圧症 血液疾患により、貧血、脾機能亢進症、慢性消化出血、葉酸欠乏症。 肝硬変に至った肝臓を元に戻すことは不可能なため、その治療は基本的に対症療法が行われ、合併症の発生を避けるといったことが主に行われる。また、食事制限を行うことによって、肝硬変の進行を少しでも遅らせたり、合併症を防ぐといったことも行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 多血症

    これは赤血球が過剰に生産に よる消費や高ヒスタミン血症に伴う胃潰瘍などの慢性的な消化出血のため、鉄が消費 されるためと考えられます。この小球性低色素性の場合にはヘモグロビン濃度、ヘマト クリット値が正常の事があるので注意を要します。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 真性多血症

    これは赤血球が過剰に生産に よる消費や高ヒスタミン血症に伴う胃潰瘍などの慢性的な消化出血のため、鉄が消費 されるためと考えられます。この小球性低色素性の場合にはヘモグロビン濃度、ヘマト クリット値が正常の事があるので注意を要します。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    他に消化粘膜の出血・壊死、リンパ節の腫大、肝臓など実質臓器の微細出血、胸水や腹水の増加がみられる。慢性に経過した場合、明らかな病変は認められない。 5.病原学的検査 急性経過で死亡した個体の肺、腸粘膜、リンパ節の組織小片乳剤を直接鏡検し、あるいは割面スタンプのギムザ染色標本を鏡検して、増殖型虫体(タキゾイト)を検出する。[naro.affrc.go.jp]

  • 失神

    表1.失神の原因 器質的疾患(急性) 心原性:急性冠症候群 不整脈 急性大動脈解離 大動脈弁狭窄症 肥大型閉塞性心筋症 肺疾患:肺塞栓症 肺高血圧症 気管支喘息 消化器疾患:消化出血 その他:感染症 脱水 脳血管障害 アナフィラキシーなど 変性疾患(慢性) 慢性本態性起立性低血圧、パーキンソン症候群など 神経起因性失神(Neurally[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 萎縮性胃炎

    胃粘膜の急性炎症で、臨床的には腹痛、嘔吐、消化出血などの突発症状を呈し、飲酒、喫煙、薬物(NSAIDs、コカイン等)、ストレスなどが原因として上げられる。 慢性胃炎は、胃粘膜の慢性炎症と固有胃腺の萎縮、腺の過形成あるいは腸上皮化生を主要所見とする。固有胃腺の萎縮は幽門前庭部から胃体部へと加齢とともに拡大していく。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状