Create issue ticket

考えれる62県の原因 慢性水様性下痢

  • 食中毒

    食中毒予防のポイント 食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。普段、当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こすことがあるのです。 家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず、重症化することもあります。家庭での食事作りでの食中毒予防のポイントをチェックしてみましょう。 食中毒予防の3原則 食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」 家庭でできる食中毒予防の6つのポイント 食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント(政府広報オンライン)[…][mhlw.go.jp]

  • 乳糖不耐症

    牛乳を飲むとお腹がごろごろ カルシウムやビタミンDに富み、 アミノ酸バランス もよく、子供の成長にはもちろん、 大人にとっても骨粗しょう症やイライラ(カルシウム不足で悪化!)を防ぎ、自律神経のバランスを 整えるスーパー食品・牛乳。ですが、「牛乳を飲むとお腹がごろごろする」という方がいます。 別にお腹が冷えるからではなくて、温めたものや、アイスクリームもだめというお気の毒な方まで...。 他に、お腹が張る、ひきつるように痛む、気分が悪くなる、下痢ぎみになるなどの症状が出る方もいます。 乳児以外で出るこういう症状は、 乳糖不耐症 といって、別に牛乳にアレルギーがあるわけでありません。 小腸内で[…][web.archive.org]

  • 下痢

    コレラ菌と類似の毒素を分泌するため、の激しい下痢をおこします。凝集付着性大腸菌は途上国で小児の慢性下痢症をおこす病原体として報告されてきましたが、旅行者下痢症の原因になることが最近明らかになりました。 旅行者下痢症の病原体 細菌 病原性大腸菌:上記参照 カンピロバクター:日本でも食中毒の原因菌として増加。[tra-dis.org] 下痢もみられる.最近話題になることが多いのが高齢女性に多いmicroscopic colitis(collagenous colitisとlymphocytic colitisを含む)で,慢性下痢をきたす.NSAIDsやランソプラゾールによる薬剤誘起のものが多い.内視鏡的には非常に長い縦走潰瘍が特徴的だが無所見のことも多い.collagenous[kotobank.jp] 低栄養状態,食物アレルギー,乳糖不耐症,甲状腺機能亢進症などはおのおの問診,理学所見,一般検査などで見当をつける.実践的には,慢性下痢で典型的な過敏性腸症候群でなく,原因が明らかでない場合は,腸の内視鏡ないし造影検査を行うのが一般的である.Crohn病が疑われる場合は大腸検査だけでなく小腸検査も必要.AIDSでは諸種の感染性腸炎のほか,非感染[kotobank.jp]

  • 熱傷

    皮膚の創傷  低温熱傷(上) 2018.12.4 痛み伴わず進行 重症化するケースも 【相談者】 Aさん 82歳男性。腰にカイロを貼り、電気敷布の上で寝ていました。翌朝、家族がカイロを剥がしたところ、皮膚が赤くなり、水ぶくれができていました。[…][saiseikai-toyama.jp]

  • 腎結石症

    著者: 磯谷周治 順天堂大学大学院 監修: 堀江重郎 順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学 著者校正/監修レビュー済 :2019/02/20 概要・推奨 疾患のポイント: 腎結石症・尿管結石症とは、腎および尿管に結石を認める状態である。 生涯罹患率は男性で9.0%、女性で3.8%である。男性では30 60歳代、女性は50 60歳代にピークを認める。 通常は、中年以降の男性に急激に発症した、血尿を伴う腰背部痛、CVA knocking painを認めたとき、尿路結石を疑う。 ポイント: 多くの場合には尿潜血・血尿が陽性であるが、嵌頓した場合などでは陰性になることもある。[…][clinicalsup.jp]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 宿便

    抄録 大腸穿孔は腸間膜の対側に穿孔する遊離穿孔の形態をとり, 糞便性腹膜炎を伴うことが多いが, 腸間膜側への穿孔はまれである. 今回我々は腹腔内遊離ガスを伴い, 広範囲にわたり多彩な気腫像 (後腹膜気腫, 縦隔気腫, 皮下気腫) を呈した宿便性S状結腸穿孔の1例を経験した. 症例は78歳の女性で, 突然発症した下腹部痛にて当院を受診した. 下腹部を中心に腹膜刺激症状, 恥骨部に捻髪音を認めた. 腹部CT 上, 腹腔内遊離ガス, 皮下気腫を伴った後腹膜気腫, 縦隔気腫を認めた. 下部消化管穿孔にて緊急手術を施行した. 術中所見はS状結腸に30mm大の穿孔部を認め, 宿便性S 状結腸穿孔と診断した.[…][doi.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 独: Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 ロバート・ジェームス・グレーブス(1835年)とカール・アドルフ・フォン・バセドウ(1840年)によって発見、報告された。かつては発見者のカール・フォン・バセドウ(Carl von Basedow)にちなみ、バセドウ氏病とも呼ばれた。英語圏ではグレーブス病(グレーブスびょう、 英: Graves' disease)と呼ばれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラ( Salmonella )は、人に下痢症状を起こす細菌ですが、数多くの種類があります。感染症法の3類感染症の腸チフスの病原体であるSalmonella typhi(チフス菌)や同じく感染症法の3類感染症のパラチフスの病原体であるSalmonellaparatyphi A(パラチフスA菌)も、サルモネラの仲間です。ただし、 感染症法の3類感染症[…][city.yokohama.lg.jp]

さらなる症状