Create issue ticket

考えれる323県の原因 慢性咳嗽

  • 慢性閉塞性肺疾患

    COPD:慢性閉塞性肺疾患 (Chronic Obstructive Pulmonary Disease) 症状:咳嗽、痰、労作時呼吸困難、喘鳴、体重減少など COPDとは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。[saichu.jp] 出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について 情報 デジタル大辞泉 の解説 まんせいへいそくせい‐はいしっかん〔‐ハイシツクワン〕【慢性閉塞性肺疾患】 息切れや咳嗽(がいそう)・喀痰(かくたん)の増加などを主な症状とする、進行性肺疾患の一。[kotobank.jp] 咳嗽、喀痰がみられることも多いが、見られないこともある。重症化すると、呼吸不全、慢性高二酸化炭素血症となり予後も不良の状況となる。肺炎、気管支炎をおこしやすく、それを契機にした急性増悪を繰り返しやすい。また、重症者であるほど、急性増悪が重症化しやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    アルコール依存症の患者さんや疑いのある方には、一体どのような症状が現れるのでしょうか?その特徴的な症状を以下にまとめました。 アルコール依存症にかかると体だけでなく社会生活にも悪影響が アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を自分でコントロールできなくなった状態のことをいいます。飲むのはよくないことだとわかっていても、脳に異常が起きて飲むことをやめられなくなります。[…][alcoholic-navi.jp]

  • 上気道咳嗽症候群

    慢性咳嗽: 原因疾患として、後鼻漏(上気道咳症候群)、胃食道逆流症、非喘息性好酸球性気管支炎(NAEB)、アトピー咳嗽、咳喘息、感染後咳嗽、ACE阻害薬、喫煙――の頻度が高い。 喫煙・ACE阻害薬の中止によっても原因不明の場合は、最も可能性が高いと考えられる疾患に対する診断治療が基本である。[clinicalsup.jp] [ 概 念 ] 慢性副鼻腔炎と気管支拡張症を伴ない、湿性咳嗽を示す慢性咳嗽です。 粘液線毛輸送系に最も大事な線毛細胞の線毛運動が障害されている場合や、 小児期の肺炎の後遺症などによって生じることがあります。[maeda4159.net] 持続期間による咳の分類(図1) 一般的に、3週以内の咳を急性咳嗽、3 8週の咳を遷延性咳嗽、8週以上持続する咳を慢性咳嗽と定義しています。3週以内に軽快する急性咳嗽の多くは上気道炎(いわゆるかぜ)や感染後咳嗽ですが、持続期間が長くなるほど、これらの頻度は低くなります。[okayama-gmc.or.jp]

  • うっ血性心不全

    著者の結論: 現時点でのデータは、2つの方法による利尿薬の静脈内投与の利点について信頼に足る評価を下すには不十分である。小規模で比較的異質な研究からは今回のレビューにより、ループ利尿薬を持続注入した方が利尿に優れ、安全性プロフィールが良好であることが示された。これまでのデータからは臨床診療に関し明確な勧告を行うことはやはりできない。この問題の十分明確な解決のためには、さらに大規模な研究を実施すべきである。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 線維性気管支炎

    臨床医の方へ 長引く咳嗽慢性咳嗽)に対して、どのような診断をしていますか?慢性気管支炎と診断していませんか? 中枢性鎮咳薬を漫然と処方していませんか? 本邦における慢性咳嗽の原因疾患は、欧米とは随分異なっています。 本邦における慢性咳嗽の原因疾患と主な治療法を表に示します。[kubix.co.jp] 後鼻漏による咳嗽 疫学・臨床像 欧米では喘息と後鼻漏が慢性咳嗽の重要な原因とされており、後鼻漏の原因は慢性副鼻腔炎が39%、アレルギー性鼻炎が23%とされています。 慢性副鼻腔炎による後鼻漏は咳嗽の原因となります。しかし、慢性副鼻腔炎の後鼻漏を有する患者さん全てが咳嗽を訴えるわけではないので、その発生機序には不明な点があります。[kobe-seki-nmc.com] 在宅酸素療法など 慢性咳嗽 外来診療体制 役職 氏名 月 火 水 木 金 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 診療部長 副島 佳文 副部長 小林 奨 医員 北御門 孝 非常勤 荒木 智絵 平成31年4月現在 診療担当医 副院長 診療部長 そえじま よしふみ 副島 佳文 鹿児島大学 昭和58年卒 日本内科学会認定内科医[hakujyujikai.or.jp]

  • アレルギー性喘息
  • 肺性心

    抄録 肺性心はその病態から,肺血管の解剖学的閉塞によって起こる肺血管障害型と,低酸素血症およびアシドーシスによって起こる換気障害型とに分けることができ,それぞれ異なった進展様式をとる.また,臨床症状については,肺血栓塞栓による急性肺性心では呼吸困難,胸痛,頻脈,右心系心雑音などがよく見られるのに対し,慢性肺性心ではその上に浮腫,肝うっ血が見られるのが特徴である.[jstage.jst.go.jp]

  • 再発肺塞栓症

    国保旭中央病院循環器センター内科 神田 順二, 金城 恒道,佐藤 寿俊,橋本 亨,鈴木 勝 4.下大静脈フィルター挿入後に肺塞栓を再発した症例 武蔵野赤十字病院循環器科, 東京医科歯科大学医学部循環器内科 1) 樋口 晃司 ,佐々木 毅,中村 浩章,櫻井 馨,永田 恭敏, 宮本 貴傭,新田 順一,尾林 徹,丹羽 明博,磯部 光章 1) 5.慢性咳嗽[ja-sper.org]

  • 肺塞栓症

    肺塞栓症(肺血栓塞栓症・肺梗塞症)とは 肺塞栓症とは、肺動脈に血栓(血液の塊)が詰まる病気です。 一般的な原因の一つとして、脚の静脈血栓(深部静脈血栓症)があり、この血栓が血流にのって心臓を通過し肺動脈へ運ばれ肺塞栓症をおこします。 このため、深部静脈血栓症と肺塞栓症は関係深い病気であり、合わせて「静脈血栓塞栓症」といいます。 肺塞栓症は死亡率が高く、かかりにくい生活を心がけるなど注意が必要です。 1.肺塞栓症の主な症状 息苦しい、胸痛(息の吸い込み時)、冷や汗、動悸、せき、血痰、胸部圧迫感、失神、ショック、下肢の腫れ・痛み、皮膚の変色 2.肺塞栓症の主な原因と予防[…][y-heart.adic.or.jp]

  • 剥離性間質性肺炎

    急性・亜急性発症の場合:呼吸困難、咳嗽、喀痰、喘鳴、発熱 特発性間質性肺炎(急性型、亜急性型、慢性型の急性増悪) 薬剤性肺炎、過敏性肺臓炎、器質化肺炎、肺胞出血・血管炎 b.[okinawa.med.or.jp] 慢性の発症:呼吸困難、咳嗽 間質性肺炎(慢性型)、サルコイドーシス、 慢性過敏性肺臓炎、肺胞蛋白症、肺 Langerhans 細胞組織球症、肺脈管筋腫症、 石綿肺 胸部単純X 線写真は肺野の情報の他に、心 拡大の有無、肺門・縦隔リンパ節の腫大、胸水 の有無、骨病変の情報も与えてくれる。[okinawa.med.or.jp] .中肺野優位な疾患: サルコイドーシス、肺水腫など c.下肺野優位な疾患:誤嚥性の肺疾患、びまん性汎細気管支炎、 IPF、膠原病肺など d.びまん性分布: 粟粒結核、肺脈管筋腫症(Pulmonary LAM)、 ニューモシスチス肺炎、サイトメガロウイル ス肺炎など また、単純胸写の経時的変化から情報を捉え ていくことにより、急性、亜急性、慢性[okinawa.med.or.jp]

さらなる症状