Create issue ticket

考えれる6県の原因 慢性全身性類肉腫症

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    肝は,胃腸管に対する生体防御の要であり,胃腸管から吸収された異物や菌体成分の処理を行っている.肝はまた,胆管を介して腸管に直接,接している.代謝の中心的な臓器でもあり,薬物などに対する解毒機能が重要である.免疫関連臓器としても重要である.したがって,肝は抗原性物質や異物に曝されやすく,肉芽腫ができやすい臓器と言える.全身性の反応としてサルコイドーシスや薬剤性肝炎に伴う肉芽腫が代表的と言える.また,肝固有の疾患で肉芽腫形成をきたす疾患も多い.原発性胆汁性肝硬変が代表的であり,さらに慢性肝炎やNASHでも肉芽腫が形成される.あるいは肉芽腫に類似するクッパー細胞や組織球の反応もしばしばみられる[…][arcmedium.co.jp]

  • 肺真菌症

    肺真菌症とは? どんな感染症か 一般にカビと称される真菌による肺感染症です。主な原因菌としては、アスペルギルスとクリプトコックスが知られています。肺真菌症の大半は、 日和見感染症 (コラム)として発症します。 アスペルギルスが免疫能の低下した、とくに好中球の数や機能が減弱した患者さんに感染した場合には、最も重篤な病型である侵襲性 肺アスペルギルス症 として発症します。免疫能の低下が軽い場合には、菌の組織内への侵襲の程度が弱く、慢性の経過をたどる慢性壊死性 肺アスペルギルス症 などを発症します。[…][qlife.jp]

  • アンドログラフィス属

    具体的に言うと (TNF-αの発現に関連した障害) 慢性関節リウマチ、若年慢性関節リウマチ、骨関節、脊椎関節、炎症腸疾患(クローン病及び潰瘍大腸炎を含む)、慢性心不全、全身エリテマトーデス、硬皮肉腫症、多発筋炎/皮膚筋炎、乾癬、多発性骨髄腫、脊髄形成異常の症候群、急性骨髄性白血病、パーキンソン病、ADDS痴呆複合体、アルツハイマー[tubokusa.com]

さらなる症状