Create issue ticket

考えれる375県の原因 慢性中耳炎, 頭痛, 髄膜炎

  • 急性副鼻腔炎

    手術は慢性中耳などの耳科手術から副鼻腔炎に対する鼻科手術、さらには扁桃摘出術や、口腔・舌疾患から声帯ポリープなどの喉頭疾患に対するレーザー手術、頸部疾患(唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍など)に対する頭頸部外科手術まで幅広く対応しています。悪性疾患の治療も行っていますが、再建手術の必要な進行癌は大学病院を紹介しております。[nho-kumamoto.jp] また、発熱は、一般には軽微ですが、もし高熱や激しい頭痛がある場合には、稀ではありますが、硬膜外膿瘍や脳膿瘍など頭蓋内合併症も疑わなければなりません。 治療法 鼻腔内に血管収縮剤などをスプレーして鼻腔と副鼻腔の交通をよくし、消炎剤などの吸入(ネブライザー*1)、薬の内服をおこなっていただきます。[morishita-ent.com] ④副鼻腔は、鼻の両わきにある顔面骨の空洞の部分です.副鼻腔は脳や眼に接する 場所にあるため重症の急性副鼻腔の場合は、(脳膜炎)や視力低下をおこ すこともあります.また副鼻腔炎の慢性化を防ぐ目的で普通の急性副鼻腔炎でも通 常、一カ月間の抗生剤、消炎剤などの内服が必要です。[www2u.biglobe.ne.jp]

  • グラデニーゴ症候群

    続き(あと53病気) 、急性アレルギー性中耳、急性ムコイド中耳、急性漿液ムチン性中耳、急性血性中耳、急性非化膿性中耳慢性滲出性中耳慢性漿液性中耳慢性耳管鼓室カタル、グルーイヤー、慢性ムコイド中耳、好酸球性中耳慢性アレルギー性中耳慢性漿液ムチン性中耳慢性非化膿性中耳、アレルギー性中耳炎、ムコイド中耳炎、ムコーズス[wellcan.jp] その原因は、二日酔いあるいは片頭痛のような原因から髄膜炎や髄膜炎菌の疾患のような重大な命にかかわる可能性のある疾患まで範囲が及ぶ可能性があります ... もっと見る» 耳の症状 ...様々な症状が、耳や、聴覚機能に影響を及ぼす可能性があります。 耳自体が、耳の痛み(耳痛)あるいいは特異な耳の形のような気づくことができる症状であり得ます。[shoojoo.jp] ウイルス性気管 ウイルス性気管支 ウイルス性口内 ウイルス性出血熱 ウイルス性心 ウイルス性心筋 ウイルス性心 ウイルス性 ウイルス性脊髄 ウイルス性脳炎 ウイルス性先天性肺炎 ウイルス性中毒疹 ウイルス性腸 ウイルス性糖尿病 ウイルス性内耳炎 ウイルス性粘膜疹 ウイルス性脳炎 ウイルス性脳脊髄炎 ウイルス性敗血症[askdoctors.dousetsu.com]

  • 外耳炎

    慢性中耳 急性中耳 が治りきらずに長引くと、慢性中耳に移行することがあります。慢性中耳では、鼓膜に穴が開いており(鼓膜穿孔と言います)、体調の悪い時に耳だれを繰り返します。 鼓膜穿孔が大きい場合は、全身麻酔手術が必要となるため、希望の方には近隣の総合病院を紹介いたします。[miyake-jibika.com] 傷が悪化すると、細菌が入っておできができ、徐々に痛みが激しくなり、やがて我慢できなくなるほどの頭痛がすることもあります。また、耳周辺のリンパ腺が腫れて、耳からあごにかけて痛みが発生することもあります。さらに汗をかきやすい夏場には、プラグ式のイヤホンなどで密閉し続けると、湿気でカビが生えるケースもあるのです。[style.nikkei.com] 真珠腫性中耳の場合、三半規管を壊してめまいを起こしたり、顔面神経マヒを起こしたり、最悪の場合にはになってしまう場合もあります。 治療方法 「急性中耳炎」 まずは痛み止めなどのお薬を処方して経過をみます。発熱や痛みが止まない場合には、抗生剤を使って耳管の中の細菌を抑えます。状況によっては鼓膜切開して膿を出す場合もあります。[takahashi-jibika.jp]

  • 副鼻腔炎

    手術は慢性中耳などの耳科手術から副鼻腔炎に対する鼻科手術、さらには扁桃摘出術や、口腔・舌疾患から声帯ポリープなどの喉頭疾患に対するレーザー手術、頸部疾患(唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍など)に対する頭頸部外科手術まで幅広く対応しています。悪性疾患の治療も行っていますが、再建手術の必要な進行癌は大学病院を紹介しております。[nho-kumamoto.jp] 意外に思われるかもしれませんが、病院で調べたら、頭痛ではなく 「 実は副鼻腔(びくう)炎だった」ということがよくあります。 「鼻の病気なのに頭痛?」と思う方もいらっしゃいますが、副鼻腔(びくう)炎が原因で、頭痛が起こるのは珍しいことではありません。 副鼻腔(びくう)炎とは 副鼻腔炎ってどんな病気?[epark.jp] 中耳 さらに炎症が周囲に波及した場合、中耳や目の炎症を来たしたり、の原因になることもあります。 耳鼻科による検査 副鼻腔炎の専門科は耳鼻咽喉科です。鼻鏡などで鼻腔粘膜の変化を調べたり、鼻からの分泌物から原因となっている細菌の種類を調べます。アレルギー性鼻炎が疑われる場合には、原因となるアレルゲン物質の検査もします。[newsdigest.de]

  • モラレ‐髄膜炎

    3)鑑別診断 無菌性髄膜が常に鑑別となる。 Behcet病、外傷後再発性髄膜慢性中耳や副鼻腔炎に伴う髄膜炎、Vogt-小柳-原田病、SLEやSjogren症候群などの膠原病、薬剤(木材の保存料)、類上皮嚢胞、サルコイドーシス、肉芽腫性血管炎などが挙げられる。 4)治療 HSV感染に準じアシクロビルが投与される。[ameblo.jp] もうちも当時は風邪をこじらせ 頭痛に高熱に吐き気で 夜中に救急車で運ばれ、髄膜炎と診断を受けました! 痛み止めを処方されただけで 自宅安静しかないと言われ、2週間近く自宅安静してましたが、 全く回復の兆しがなく 回復どころか 自力で排尿ができず、転院しました。[mixi.jp] その他の危険因子としては急性、または慢性の肺炎球菌性副鼻腔中耳、アルコール依存症、糖尿病、摘脾、低γグロブリン血症、補体欠損、頭蓋底骨折を伴う頭部外傷、脳脊髄漏がある。抗生物質療法にもかかわらず肺炎球菌性髄膜炎の死亡率は未だに20%という高さである。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎球菌性肺炎

    慢性気道感染症、中耳、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎、などの原因にもなり、脾摘患者、無脾症、リンパ腫などの患者では重篤になることが知られています。[city.itabashi.tokyo.jp] 髄膜炎例では、頭痛、発熱、痙攣、意識障害、髄膜刺激症状等の症状を示す。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp] 2007年から始まった「ワクチンの有用性向上のためのエビデンスおよび方策に関する研究」(庵原・神谷班)において、5歳未満の人口10万人当たりのIPD罹患率は、公費助成前の2008 2010年はが2.8、非が22.2であった。これに対し、公費助成後の2012年には0.8、非10.6まで減少した。[niid.go.jp]

  • 硬膜副鼻洞奇形

    治療 抗生剤、抗ヒスタミン剤、鎮痛解熱剤 慢性中耳 急性中耳発病後3ヶ月以上経過した場合、慢性化したと考えられています。 単純性化膿性慢性中耳 鼓膜穿孔、耳漏 、それらの結果としての 難聴 が 3主徴 です。耳漏排泄が続くが、合併症が少ないです。[tsujimoto-jibika.com] 見逃されやすい頭痛 性別・年齢 婦人の頭痛 小児の頭痛 小児救急頭痛 1993年マイアミ子供病院救急部門での頭痛 短期入院頭痛患者のおもな診断 小児救急での急性頭痛のおもな診断 老人の頭痛 経過からみた頭痛の分類 突発完成型頭痛 短期間劇症頭痛 brief headache 急性頭痛 亜急性頭痛 慢性頭痛 日周性からみた頭痛 目覚め型頭痛[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp] 鑑別診断では細菌性やその他の感染性(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、近傍の感染症または部分的に治療された細菌性、培養が陰性となりうる非ウイルス性(真菌性、寄生虫性、梅毒など)、癌性、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ症候群など)による二次的である。[ja.wikipedia.org]

  • 脳膿瘍

    慢性中耳に続発するものでは、小脳や側頭葉に膿瘍をつくりやすい。同時に、硬膜下膿瘍や横静脈洞血栓症などを伴うことがある。副鼻腔炎によるものは前頭洞炎に続発するものが多く、前頭葉下面に膿瘍を生じやすい。 [加川瑞夫] 臨床症状は、感染症状、頭蓋内圧亢進 (こうしん) 症状、脳の巣症状が現れる。[kotobank.jp] 【症状 】 脳膿瘍の一般的症候は、発熱などの感染症状をはじめとして、頭痛、嘔吐(おうと)、 意識障害 などの 頭蓋内圧亢進 (こうしん)症状と膿瘍が発生した脳の局所症状を認めることが特徴です。けいれんもしばしばみられます。髄膜炎を合併すると、頭痛はさらにひどくなり 項部硬直 などの 髄膜刺激症状 を示すようになります。[jlogos.com] 鑑別診断では細菌性やその他の感染性(マイコプラズマやリステリア、リケッチアなど)、近傍の感染症または部分的に治療された細菌性、培養が陰性となりうる非ウイルス性(真菌性、寄生虫性、梅毒など)、癌性、非感染性炎症性疾患(サルコイドーシス、ベーチェット病、ブドウ症候群など)による二次的である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性中耳炎

    左真珠腫性中耳 真珠腫という 「できもの」が生じ、左上方の骨を破壊しています。 放置すると、頭がい骨が破壊され、等を引き起こします。 慢性中耳炎の治療 慢性化膿性中耳炎 の治療は、基本的には急性中耳炎と同じです。[takemura-jibika.jp] 進行するとめまい、顔面神経麻痺、耳鳴、耳痛、頭痛、嘔気、発熱などを起こすことがあります。症状は非活動期と活動期に分けられます。 非活動期では耳漏はないですが鼓膜穿孔部から少量の耳漏が認められ、耳内が湿った状態になりやすいです。経外耳道および耳管経由の感染で活動期に移行したりします。[tokushima-u.ac.jp] 病状が進行すると膿性耳漏と高度難聴以外に耳痛、頭痛、めまい、味覚障害あるいは顔面神経麻痺が起こります。さらに脳内に浸潤すると脳膿瘍になり、生命の危険性も生じます。 主な原因 慢性中耳炎は毒性の強い菌、鼻咽腔疾患、糖尿病や免疫不全が原因となります。真珠腫は上鼓室型、鼓膜癒着型と先天性に分類されます。[kmu.ac.jp]

  • 髄膜炎

    その他の危険因子としては急性、または慢性の肺炎球菌性副鼻腔中耳、アルコール依存症、糖尿病、摘脾、低γグロブリン血症、補体欠損、頭蓋底骨折を伴う頭部外傷、脳脊髄漏がある。抗生物質療法にもかかわらず肺炎球菌性髄膜炎の死亡率は未だに20%という高さである。[ja.wikipedia.org] 菌性 流行地 ‘’とは、脳・脊髄の表面をおおっているに生じた感染症で、菌という細菌が原因のものが‘菌性’です。[forth.go.jp] 〔医語類聚(1872)〕 出典 精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について 情報 世界大百科事典 内の 髄膜炎 の言及 【頭痛】より …(1)1日のうちいつ頭痛が起こりやすいか,(2)頭痛は持続性か発作性かまたは周期性か,(3)頭痛の強さと性質(ずきずき痛む拍動性,ずーんと痛む圧迫性,きりきり痛む乱切性など),(4)頭痛の部位,[kotobank.jp]

類似した症状