Create issue ticket

考えれる16県の原因 慢性中耳炎

  • アトピー
  • 耳管開放症

    耳管開放症 情報交換の場 ようこそ当ホームページへ! このページは耳管開放症という病気について、 情報を交換するためのページです。 2004年3月7日作成 2005年1月13日更新 (掲示板は随時) 耳とのどをつないでいる管を耳管といい、通常は閉じていますが、耳管が開いた状態のままになってしまう病気を耳管開放症といいます。 主な症状として、自分の声や呼吸音が耳や頭に響いてしまう(自声強聴)、めまい・耳鳴り、耳の閉塞感、聴力低下などがあります。 開放症そのものは命にかかわるようなことはありません。 しかしこの症状が精神的・肉体的に非常に負担になり、日常生活に支障をきたす場合もあります。[…][jikankaiho.web.fc2.com]

  • 中耳炎

    慢性中耳が持続すると,中耳での破壊的変化(キヌタ骨長脚の壊死など)または耳のポリープ(鼓膜穿孔を通って外耳道へ脱出した肉芽組織)が生じる場合がある。耳のポリープは重篤な徴候であり,ほぼ必ず真珠腫を示唆する。 真珠腫は,慢性中耳後に中耳,乳突部,または上鼓室に形成される上皮細胞の増殖である。[msdmanuals.com] 中耳:特定の病態を指すものではない。通常は急性中耳を指す。 急性中耳中耳に炎症が起こっている状態。痛みが強い。 慢性中耳:急性中耳炎の後鼓膜が穿孔したもの。 滲出性中耳炎:中耳に浸出液がたまっている状態。急性中耳炎に引き続き起こることが多い。[ja.wikipedia.org] 慢性中耳は,上気道感染後,または入浴もしくは水泳の際に鼓膜穿孔を通って水が中耳に入ったときに増悪することがある。感染はグラム陰性桿菌または黄色ブドウ球菌( Staphylococcus aureus )によって起こることが多く,痛みがなく膿性でときに悪臭を伴う 耳漏 を生じる。[msdmanuals.com]

  • 急性中耳炎

    小児急性中耳に関してはガイドラインが作成されており、それを参考に加療されることが好ましい。 完全に治癒することが多いが、慢性中耳に移行したり、頭蓋内合併症を起こしたりすることもある。 耳鼻咽喉科[ja.wikipedia.org] 中耳:特定の病態を指すものではない。通常は急性中耳を指す。 急性中耳中耳に炎症が起こっている状態。痛みが強い。 慢性中耳:急性中耳炎の後鼓膜が穿孔したもの。 滲出性中耳炎:中耳に浸出液がたまっている状態。急性中耳炎に引き続き起こることが多い。[ja.wikipedia.org] 耳 内耳 外耳 日本耳科学会 中耳(急性) MSDマニュアルプロフェッショナル版 中耳(滲出性) MSDマニュアルプロフェッショナル版 中耳慢性) MSDマニュアルプロフェッショナル版[ja.wikipedia.org]

  • 外耳炎

    耳の病気 外耳炎 外耳道は耳の穴から鼓膜までのことです。外耳炎は耳掻きなどで外耳道の皮膚を傷つけてしまい、そこからカビや細菌が感染し、炎症を起こすことです。汚水や整髪剤などが耳に入ると外耳炎にかかりやすくなります。 症状は耳を引っ張ったり押すと患部が痛み、ご飯を噛んだり、飲み込むときにもあごを動かすと痛みが生じるため食事も困難になります。腫れてくると、外耳道を防いで耳鳴りが起こったり、耳の周囲のリンパ腺が腫れてきます。 また、外耳炎が慢性化すると激しい耳の痛みや耳漏を伴う悪性外耳炎を起こし、皮膚だけでなく骨にまで進行して他の病気を併発させ、生命に関わることもあります。 治療法[…][kenko-s-net.com]

  • 急性外耳円
  • 難聴

    髄膜炎性内耳 - 感音難聴。回復は難しく、中途失調となることも。 中耳性内耳 - 感音難聴。急性中耳では回復もあるが、慢性中耳が起きていると、炎症が慢性化し、感音難聴が回復不能となることがしばしば。 メニエール病 - 低音域から始まる感音難聴が特徴。次第に中音域や高音域も感音難聴となってゆく。[ja.wikipedia.org] 急性中耳 - 急性中耳だけなら伝音難聴。また回復も見込める。内耳を併発すると感音難聴も生じる。(中耳性内耳慢性中耳 - 伝音難聴。次第に耳小骨に悪影響が出て難聴が回復不能となる。内耳炎を併発すると感音難聴も生じる。(中耳炎性内耳炎) 真珠腫性中耳炎 - 初期は無症状か伝音難聴。[ja.wikipedia.org]

  • アレルギー性鼻炎

    小児の慢性鼻炎は適切な治療を受けないと中耳、副鼻腔炎といった合併症や発育障害や顔面の伸長化がみられるため注意が必要である。小児の場合は扱える薬品に制限が加わるため、経口抗ヒスタミン薬としてはザジテン、抗肥満細胞薬としてインタールが治療の中心となることが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    多発血管炎性肉芽腫症 ( 英語 : Granulomatosis with polyangiitis; GPA )は全身性の 血管炎 で、中〜小型 動脈 を傷害する疾患。 1939年 ドイツ の病理学者 Wegenerにより報告された。 鼻 やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に 間質性肺炎 、 急速進行性糸球体腎炎 をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて 鞍鼻 を呈することがある。 眼球突出 、 ぶどう膜炎[…][ja.wikipedia.org]

  • ダウン症候群

    ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)は、体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、減数第二分裂に起こる。新生児に最も多い遺伝子疾患である。 症状としては、身体的発達の遅延、特徴的な顔つき、軽度の知的障害が特徴である。平均して8-9歳の精神年齢に対応する軽度から中度の知的障害であるが、それぞれのばらつきは大きく、現時点で治療法は存在しない。教育と早期ケアによりQOLが改善されることが見込まれる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状