Create issue ticket

考えれる391県の原因 慢性上気道感染症による気管支拡張症

つまり: 慢性上気道感染症による気管支拡張

  • 気管支拡張症

    概要 気管支拡張とは、なにかしらの原因で気管支の壁が破壊されている状態を指します。先天的なものもあれば、気道感染を繰り返すことで後天的に発症することもあります。 気管支拡張を発症すると、大量の痰を認めるようになり、咳や呼吸困難が生じるようになります。そのため気管支拡張では、痰に対して適切に対処することが重要になります。[medicalnote.jp] 慢性肺疾患の1つである気管支拡張の人には、慢性の湿性咳、疲労、息切れなどの胸部症状がみられる。また、肺機能が時間と共に低下する場合がある。歌唱には気管支拡張の人の肺機能を維持し、生活の質を高める可能性がある。本レビューでは、気管支拡張における歌唱の利益を評価したランダム化比較試験はないことがわかった。[cochrane.org] 気管支拡張 15年08月23日 気管支拡張とは、気管支が嚢胞状、円柱状に不可逆的な拡張を起こす疾患であり、犬および猫では珍しい病気とされています。レントゲン所見より播種性気管支拡張と限局性気管支拡張に分けられます。 播種性気管支拡張は感染症炎症性肺疾患、アレルギー性気管支炎、好酸球浸潤などの合併症が原因とされています。[minamigaokaah.com]

  • 上気道咳嗽症候群

    色がついた痰で黄 緑色のうみのような痰が伴うときは、呼吸器感染症( 気管支炎、肺炎、 肺化膿症) や気管支拡張などを、血性痰は上気道炎、肺癌、気管支拡張、肺結核症、非定型抗酸菌症等が考えられます。色がついていない痰は気管支喘息などのアレルギー疾患や呼吸器感染症の初期に見られることが多いです。[kishoku.gr.jp] 具体的には、風邪症候群、扁桃炎・咽頭炎、気管支炎、肺炎、肺気胸などの急性疾患、さらに気管支喘息、アレルギー性喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核、気管支拡張などの慢性疾患まで、幅広い呼吸器疾患の診断と治療、および管理を行います。[tanakagaku-cl.com] [ 概 念 ] 慢性副鼻腔炎と気管支拡張を伴ない、湿性咳嗽を示す慢性咳嗽です。 粘液線毛輸送系に最も大事な線毛細胞の線毛運動が障害されている場合や、 小児期の肺炎の後遺症などによって生じることがあります。[maeda4159.net]

  • 線維性気管支炎

    :肺炎 88 上気感染 89 喘息 90 慢性閉塞性肺疾患 91 気管支拡張 92 嚢胞性線維腫症 93 サルコイドーシスと肉芽腫性肺疾患 94 外因性アレルギー性肺胞隔炎 95 特発性線維性肺胞隔炎 96 肺好酸球増加症と血管炎 97 真菌症と肺 98 職業病性肺疾患 99 薬物誘発性肺疾患 100 器質化肺炎を伴う閉塞性細気管支炎と[medsi.co.jp] ・ 肺炎 ・ 気管支拡張 ( ※3 )、 進行性肺がん 血たんがでる ※3 気管支拡張とは… 気管支の内腔の一部が拡張し、その拡張した部分にたんがたまりやすく、細菌が感染して気管支炎を繰り返す。 ・ 肺気腫 、 肺結核 湿性のせきがだんだんとからせきに変わった、または、その逆の場合。[japa.org] 気管支炎や肺炎を繰り返すと気道に恒久的なダメージを与え、その結果気管支拡張と呼ばれる症状になります。気管支拡張になると、慢性的に気道が細菌感染に犯されやすく、肺の機能喪失が進行します。 2. 呼吸筋の協調性障害 A-Tは呼吸筋の協調障害を生じ、その結果咳がうまくできずまた呼吸が浅くなります。[tmd.ac.jp]

  • 喀血

    頻度が多いのは肺結核や気管支拡張です。 肺結核は昔の病気と考えがちですが、今でも新しく肺結核と診断される人はいます。特に高齢者の場合、昔結核に感染したものの発症せず、高齢になってから発病して喀血や咳などで見つかる人が多く、実際に65歳以上の新規肺結核患者は65歳未満の約5倍と高率です。[tyojyu.or.jp] 気管支拡張、肺吸虫症、肺の損傷でも、時に喀血します。大動脈瘤(りゅう)が肺や気管支に破裂すると大出血し、大量に喀血すると窒息しかねません。[medical.jiji.com] 気管支拡張 気管支拡張とは、何らかの原因によって気管支が広がってしまった状態を指します。 気管支が広がると痰と咳がでるようになり、気管支の血管が傷ついて喀血が生じることもあります。また、肺の感染症を合併することが多く、その場合には発熱したり呼吸が苦しくなることもあります。[medicalnote.jp]

  • 気管支炎

    出血部位は喉頭,気管,気管支,肺実質などさまざまであり, 気管支拡張 , 肺結核 ,各種の 肺炎 , 肺癌 , 気管支炎 , 肺化膿症 , 肺梗塞 (こうそく)などが,鑑別すべき疾患である。気管支拡張は,全年齢層を通じて喀血,血痰の最も頻度の高いものである。… ※「気管支炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。[kotobank.jp] ただし肺結核、肺化膿症、気管支喘息、気管支拡張等の肺・心疾患を伴うものは除外する。また男性に多く、冬期に増加する傾向がある。進行そのものは緩慢で適切な治療を行えば問題は無いが、放置すると肺性心へ進行する事も多いので注意が必要である。[ja.wikipedia.org] また、結核、非結核性抗酸菌症、がんや異物などによる気道閉塞、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、びまん性汎細気管支炎、慢性気管支炎などの疾患が続発性気管支拡張の原因となることもあるので鑑別が必要です。[saiseikai.or.jp]

  • 急性気管支炎

    ただし肺結核、肺化膿症、気管支喘息、気管支拡張等の肺・心疾患を伴うものは除外する。また男性に多く、冬期に増加する傾向がある。進行そのものは緩慢で適切な治療を行えば問題は無いが、放置すると肺性心へ進行する事も多いので注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 色がついた痰で黄 緑色のうみのような痰が伴うときは、呼吸器感染症( 気管支炎、肺炎、 肺化膿症) や気管支拡張などを、血性痰は上気道炎、肺癌、気管支拡張、肺結核症、非定型抗酸菌症等が考えられます。色がついていない痰は気管支喘息などのアレルギー疾患や呼吸器感染症の初期に見られることが多いです。[kishoku.gr.jp] また気管支ぜんそく、気管支拡張や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性呼吸器疾患をもともとお持ちの方では、急性気管支炎を引き金にして、急に症状が悪くなることがあるため、十分注意が必要です。[www2.huhp.hokudai.ac.jp]

  • 風邪

    その他、副鼻腔気管支症候群(副鼻腔炎と肺の気管支拡張)、胃食道逆流症など、さまざまな原因で咳が続きます。長引く咳の場合は、風邪だと思い込まずに、是非一度、呼吸器内科を受診してください。[kanto-ctr-hsp.com]

  • ウイルス性下気道感染症

    「肺活量」や「1秒量・1秒率」の検査では、空気を肺に出し入れする換気機能を調べることで、肺気腫や慢性気管支炎、気管支拡張、気管支ぜんそくなどがわかります。 「胸部X線検査」では、異常な陰影から肺炎や肺結核、気管支炎、気管支拡張、肺気腫、気胸、胸膜炎などがわかります。 各検査項目の詳細については、 こちら をご覧ください。[kyoukaikenpo.or.jp] 疾患名としては、慢性気管支炎、肺気腫( 慢性閉塞性肺疾患 : COPD )、 気管支拡張 、びまん性 細気管支炎 (DPB)、陳旧性 肺結核 、塵肺、非結核性好酸菌症、 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 (ABPA)、間質性 肺炎 、慢性 気管支喘息 などがあります。[qlife.jp] 気管支拡張 気管支が広がってもとに戻らなくなる病気で、気管支の広がった部分には分泌物がたまりやすく、細菌の温床となるため、感染をくり返します。 気管支ぜんそく 気管支がアレルギーなどによる炎症によって過敏になる病気で、何らかの刺激で気道が狭くなり、喘鳴(ぜんめい)や咳などが出て呼吸が苦しくなる発作をくり返します。[kyoukaikenpo.or.jp]

  • 副鼻腔炎

    こうしてみると、蓄膿症とか、気管支拡張という診断がつけられたら、場合によっては十分な吟味が必要ということになります。特に小さいお子さんで慢性副鼻腔炎という診断がついたら、小児科や呼吸器内科に相談してみることも必要かもしれません。[ohta-hp.or.jp] 長期間、慢性副鼻腔炎が続くと、慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)、気管支拡張(きかんしかくちょうしょう)などの下気道(かきどう)の病変をひきおこすことがあります。これを 副鼻腔気管支症候群 (ふくびくうきかんししょうこうぐん)(「 副鼻腔気管支症候群 」)といい、副鼻腔炎の症状のほか、せきやたんで苦しむことにもなります。[kotobank.jp] 慢性副鼻腔炎になると鼻の粘膜の腫れによる鼻づまり、色のついた粘調性の鼻汁、嗅覚の低下(臭いがわからない)などの症状のほか、鼻汁が喉の奥にまわり込み(後鼻漏)、慢性気管支炎や気管支拡張、びまん性汎細気管支炎の合併など実にやっかいな病状になることがあります。[mta.or.jp]

  • 急性過換気

    その他には、たばこによるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や気管支拡張の悪化、気管支と鼻の隣にある副鼻腔に感染を起こした場合(副鼻腔気管支症候群)、アレルギー性鼻炎が悪化した場合があります。さらに、8週間以上続く場合には、まれですが、肺結核、気管支結核、肺がん、気管支のがんなど早期診断、早期治療が必要な大事な病気が含まれています。[kimura-clinic.pro] 膠原病内科)について 診療内容 気管支喘息などの呼吸器アレルギー性肺疾患 慢性閉塞性肺疾患 呼吸器感染症 呼吸器悪性腫瘍 びまん性肺疾患 膠原病 専門分野 呼吸器・アレルギー疾患 急性呼吸不全、ARDS、慢性呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群、原発性肺胞低換気症候群、過換気症候群、気管支喘息、咳喘息、COPD、びまん性汎細気管支炎、副鼻腔気管支症候群、気管支拡張[www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp] 慢性の病気では、長期間の喫煙で肺と気管支が傷んでしまう COPD(慢性閉塞性肺疾患) 、気管支粘膜に主にアレルギーによる炎症が起こって空気の通り道が狭くなる 気管支喘息 、慢性的な炎症のため肺が徐々に硬く小さくなってゆく 間質性肺炎 、咳と痰が多い 気管支拡張 、結核菌とは違い他者への感染性のない 非結核性抗酸菌症 、そして 肺結核 等々[yanase.or.jp]

さらなる症状