Create issue ticket

考えれる20県の原因 慢性リンパ性白血病

  • 非ホジキンリンパ腫

    B細胞リンパ腫 前駆B細胞リンパ芽球リンパ腫/白血病 Precursor B-lymphoblastic leukemia/lymphoma (B-LBL) 慢性Bリンパ白血病 Chronic lymphocytic leukemia (B-CLL)/小リンパ球性リンパ腫 Small lymphocytic lymphoma (B-SLL[ja.wikipedia.org] T細胞リンパ腫 前駆T細胞リンパ芽球リンパ腫/白血病 Precursor T cell lymphoblastic lymphoma/leukemia (T-LBL) 慢性Tリンパ白血病/前駆リンパ球性白血病 T cell chronic lymphocytic leukemia/T-Prolymphocytic lymphoma ([ja.wikipedia.org] 進行が速いが抗がん剤感受も高いため早期発見が重要である。[ja.wikipedia.org]

  • 小球性貧血

    大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖疾患 白血球増殖疾患 急性骨髄白血病 (AML) 慢性骨髄白血病 (CML) リンパ系増殖疾患 急性リンパ白血病 (ALL) 慢性リンパ白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。[ja.wikipedia.org] 慢性リンパ白血病には広義の慢性リンパ白血病と狭義の慢性リンパ白血病の定義があるが、狭義の慢性リンパ白血病の細胞の増殖が末梢血・骨髄で主に行われる場合は CLL だが、同じ細胞が主にリンパ節で増殖するならば小リンパリンパ腫とされ、狭義の慢性リンパ白血病と小リンパ球性リンパ腫は本質的には同一の疾患が異なる側面を見せているに過ぎないとされる[ja.wikipedia.org] 急性骨髄白血病や、成人急性リンパ白血病慢性骨髄性白血病、骨髄移植など、これまでの白血病の治療成績を掲載しています。 Media Libraryでは、臨床試験に関する講習会についての講演内容の動画の掲載、Newsletterではグループ施設の運営委員、スタッフの方へ役立つ情報をお届けします。[jalsg.jp]

  • リンパ腫

    前者をB細胞腫瘍と言い、後者をT/NK細胞腫瘍と言う。 リンパ球の腫瘍としては急性リンパ白血病 (ALL)、慢性リンパ白血病 (CLL)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫を始め各種ある。それぞれ、正常リンパ球のどの段階で発癌したかによって性質が異なると考えられている。そのためリンパ球の成熟過程を知っておくことが理解の助けとなる。[ja.wikipedia.org] しかし、ALLは臨床経過が急性骨髄白血病 (AML) に非常に近く、そのような単純な分類は臨床家が受け入れることができない。急性と慢性の違いに関しても、骨髄リンパとは随分印象が異なる。AMLと慢性骨髄性白血病 (CML) は確かに鑑別が重要だが、ALLとCLLは鑑別することはまずない。[ja.wikipedia.org] 教科書で急性白血病慢性白血病の違いは分化障害の有無とかといった項目が並ぶが、これは骨髄のみ気にするべき事項であってリンパ性では問題にならない。CMLは原発性骨髄線維症や本態性血小板血症といった骨髄増殖性疾患に分類され、さらにAMLとなる「急性転化」があるので区別が重要となる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    また慢性の脱髄性ニューロパチーと診断された症例の約3割が本態M蛋白血症を有している。M蛋白血症はMGUS、多発骨髄腫、悪性のリンパ増殖疾患(悪性リンパ腫や慢性リンパ白血病)、重鎖病、原発性アミロイドーシス、POEMS症候群、ALアミロイドーシスなどが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。[ja.wikipedia.org] 慢性リンパ白血病には広義の慢性リンパ白血病と狭義の慢性リンパ白血病の定義があるが、狭義の慢性リンパ白血病の細胞の増殖が末梢血・骨髄で主に行われる場合は CLL だが、同じ細胞が主にリンパ節で増殖するならば小リンパリンパ腫とされ、狭義の慢性リンパ白血病と小リンパ球性リンパ腫は本質的には同一の疾患が異なる側面を見せているに過ぎないとされる[ja.wikipedia.org] 急性骨髄白血病や、成人急性リンパ白血病慢性骨髄性白血病、骨髄移植など、これまでの白血病の治療成績を掲載しています。 Media Libraryでは、臨床試験に関する講習会についての講演内容の動画の掲載、Newsletterではグループ施設の運営委員、スタッフの方へ役立つ情報をお届けします。[jalsg.jp]

  • 原発性骨髄線維症

    大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖疾患 白血球増殖疾患 急性骨髄白血病 (AML) 慢性骨髄白血病 (CML) リンパ系増殖疾患 急性リンパ白血病 (ALL) 慢性リンパ白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org] 二次骨髄線維症の原因となる疾患急性骨髄白血病、急性リンパ白血病慢性 骨髄性白血病、真性赤血球増加症(真性多血症)、原発性血小板血症(本態性血小板 血症)、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] *骨髄穿刺で骨髄液を採取できない(dry tap). 3.骨髄生検で異型巨核球増加と骨髄の線維化、骨梁の増加を認める. 4.二次骨髄線維症を除外する.[med.osaka-cu.ac.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    濾胞辺縁帯リンパ腫 MALTリンパ腫、濾胞リンパ腫、慢性リンパ白血病/小リンパ球性リンパ腫、リンパ芽球型白血病/リンパ腫。CCND1陰性のMCL。 標準的治療は確立してはいないが、これまでに実施された比較試験などから推奨される治療法は以下のようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    慢性リンパ白血病には広義の慢性リンパ白血病と狭義の慢性リンパ白血病の定義があるが、狭義の慢性リンパ白血病の細胞の増殖が末梢血・骨髄で主に行われる場合は CLL だが、同じ細胞が主にリンパ節で増殖するならば小リンパリンパ腫とされ、狭義の慢性リンパ白血病と小リンパ球性リンパ腫は本質的には同一の疾患が異なる側面を見せているに過ぎないとされる[ja.wikipedia.org] 男性にやや多く(女性の1.3-2.2倍)発症年齢の中心値は45-55歳であるが、小児白血病の中ではわずか5%を占めるだけであり、青年層も発症はするが中年以降により多く見られる [2] 。慢性骨髄白血病は、 慢性リンパ白血病 と違い、人種による発症率の差は無い [1] 。[ja.wikipedia.org] 急性骨髄白血病や、成人急性リンパ白血病慢性骨髄性白血病、骨髄移植など、これまでの白血病の治療成績を掲載しています。 Media Libraryでは、臨床試験に関する講習会についての講演内容の動画の掲載、Newsletterではグループ施設の運営委員、スタッフの方へ役立つ情報をお届けします。[jalsg.jp]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    この疾患では原因のはっきりしない特発のものが約半数を占めるが [3] 、 全身性エリテマトーデス や 関節リウマチ などの 膠原病 、 慢性リンパ白血病 や 悪性リンパ腫 などの リンパ増殖性疾患 、あるいは エイズウイルス感染症 などの感染性疾患に続発することもある [2] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状