Create issue ticket

考えれる79県の原因 慢性アルコール依存症

  • 慢性アルコール依存症

    Q1.アルコール依存アルコール中毒はどう違いますか? アルコール依存はかつて(慢性アルコール中毒と呼ばれていました。しかし、急性アルコール中毒という場合はアルコール依存とは異なります。 Q2.自分でお酒が止められればアルコール依存症ではない ですか? 止めることはできても長く止め続けられないのがアルコール依存症の特徴です。[shinanohospital.com] このように、治療を受けずにいると「死」にいたるまで飲み続けてしまうのがアルコール依存の特徴で、慢性的で進行性の怖い病気です。 アルコール依存の治療は、まず酒をやめることから こうした連鎖を終息させ、本人や家族が穏やかで幸せな生活を送っていくためには、「お酒を断つ(断酒)」以外に方法はありません。[jiyu.or.jp] アルコール依存の本態は「飲酒コントロール障害」であり、慢性進行性の疾患です。 アルコール依存が進行するにつれ、心・身体・仕事・家庭・社会など、人生のあらゆる側面において深刻な影響が出てきます。 心への影響 睡眠薬代わりにアルコールを飲んでいる方は多いですが、長期的には、アルコールは不眠症などの睡眠障害を引き起こします。[sakuranoki-akihabara.com]

  • パニック発作

    知合いに、夜中に急に不安感に襲われ、心臓はドキドキ、呼吸も苦しくなるという症状に時々見舞われている人がいます。病院の検査では異常がないようですが、心配です。 「これから何か嫌なことが起こるかもしれない」と、気掛かりで落ち着かない気分が「不安(Angst)」です。不安は将来の悪いできごとを避けるための注意信号。しかし、この不安感が余りにも強過ぎて、生活の質(QOL)を著しく低下させたり、長期にわたり日常生活に支障を来たす場合には、「不安障害(Angststörung)」として扱われます(表1)。 表1 不安障害に含まれる主な疾患 疾患名 パニック発作 予期しない 主に状況に依存 パニック障害[…][newsdigest.de]

  • 血小板減少症

    2017-09-13 UPDATE 血小板数が正常範囲以下に減少するため、出血が止まらなくなる病気です。 チワワ、ダックス、ヨークシャー・テリア、トイ・プードル、ボストンテリア、ペキニーズなど 人気の小型種・短頭種に、先天性水頭症としての発生が多い傾向にあります。 血小板減少症 血小板 治療 原因 症状 2017-09-13 UPDATE 目次 血小板について解説 血小板は骨髄で作られて血液中に放出され、7日ほど循環します。正常の状態では血小板の産生量と除去量は等しく、さらに脾臓で貯蔵されるため、血小板数は安定しています。 原因 ・遺伝や骨髄内の腫瘍による血小板産生の低下[…][irisplaza.co.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性膵炎

    またアルコール慢性膵炎に関連する糖尿病はインスリンによる治療となることがあります。アルコール慢性膵炎の場合アルコール依存の方が罹患することが多く、膵臓の治療の他にアルコール依存に対するアプローチも必要です。 膵のう胞 膵のう胞とは、膵臓に出来る液体が溜まっている袋状のもの(嚢胞)の事です。[chitoseshinano.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 大麻乱用

    秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。6月30日(土)の放送では、厚生労働省 監視指導・麻薬対策課の牧角一信さんに、「身近にひそむ薬物乱用」について伺いました。 左から秋元才加、JOY、牧角一信さん[…][excite.co.jp]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • クッシング症候群

さらなる症状