Create issue ticket

考えれる1県の原因 慢性または周期的な好中球減少

  • D因子不足による再発性ナイセリア感染症

    皮膚のブドウ球菌およびグラム陰性菌による感染が特徴である。最もよくみられる食細胞の欠損は,慢性肉芽腫性疾患,白血球接着不全症(I型およびII型),周期減少症,およびChédiak-Higashi症候群である。 補体の欠損 はまれである(2%以下);補体成分または補体インヒビターの単独欠損があり,遺伝性も後天性もありうる。[msdmanuals.com]