Create issue ticket

考えれる79県の原因 慢性うっ血性脾腫

  • 門脈血栓症

    家庭医学館 の解説 もんみゃくけっせんしょう【門脈血栓症 Portal Vein Thrombosis】 [どんな病気か] 門脈 系の血管が、血液のかたまりによって閉塞(へいそく)した状態です。閉塞をおこした部位によって肝内性(かんないせい)と肝外性(かんがいせい)とに分けられます。肝外性の代表的なものは、 肝臓 に入る手前の門脈本幹(もんみゃくほんかん)に 血栓 (けっせん)が形成された場合です。[…][kotobank.jp]

  • 門脈圧亢進症

    門脈圧亢進症(もんみゃくあつこうしんしょう) は、 消化管 から 肝臓 へ 血液 を運ぶ 門脈 圧が上昇する疾患群。 概念 [ 編集 ] 門脈圧が上昇する病気をまとめて門脈圧亢進症と言う。(ここでいう門脈は腹部の門脈で、 下垂体 の門脈ではない。) 病態 [ 編集 ] 腸管 から吸収された栄養や毒素は、門脈系を通って 肝臓 内で処理されたのち、 下大静脈 を通って全身へと送られる。 肝硬変 などにより門脈圧が上昇して逃げ場を失った血流は、 臍静脈 、 左胃静脈 、 下直腸静脈 等を迂回して肝臓を介さずに直接 体循環 へ流れる。本来の道筋をショートカットする事を 短絡 ( シャント[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝静脈閉塞

    肝静脈閉塞症 肝静脈閉塞症は、肝臓の小静脈がふさがることで起こります 肝静脈閉塞症はどの年齢の人にも発症します。1 3歳の小児は血管が細く閉塞を起こしやすい傾向がありますが、それ以降でも発症します。小静脈の閉塞は、肝臓内の血管に対して毒性のある物質が原因です。このような物質には、クロタラリア属やセネキオ属の植物の葉(ジャマイカではハーブティーに使われる)に含まれるアルカロイドや、癌の化学療法に使われるシクロホスファミド、アザチオプリンなどの薬があります。また骨髄移植などで行われる放射線療法や、肝臓移植の拒絶反応で生じる抗体によっても小静脈の閉塞が起こります。[…][mh.rgr.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    D731 機能亢進症 D732 慢性うっ血 D733 脾膿瘍 D734 脾のう〈嚢〉胞 D735 脾梗塞 D738 その他の脾疾患 D739 脾疾患,詳細不明 D740 先天性メトヘモグロビン血症 D748 その他のメトヘモグロビン血症 D749 メトヘモグロビン血症,詳細不明 D750 家族性赤血球増加症 D751 続発性〈二次性[e-stat.go.jp] 原発性血小板減少症 D695 続発性血小板減少症 D696 血小板減少症,詳細不明 D698 その他の明示された出血性病態 D699 出血性病態,詳細不明 D70 無顆粒球症 D71 多形核好中球機能障害 D720 白血球の遺伝性異常 D721 好酸球増加症 D728 その他の明示された白血球の障害 D729 白血球の障害,詳細不明 D730 機能低下症[e-stat.go.jp]

  • 先天性葉酸吸収不良

    D73.0 機能低下症 D73.1 機能亢進症 D73.2 慢性うっ血 D73.3 脾膿瘍 D73.4 脾のう 胞 D73.5 脾梗塞 D73.8 その他の脾疾患 D73.9 脾疾患,詳細不明 D74 メトヘモグロビン血症 D74.0 先天性メトヘモグロビン血症 D74.8 その他のメトヘモグロビン血症 D74.9 メトヘモグロビン[ja.wikipedia.org] された出血性病態 D69.9 出血性病態,詳細不明 (D70-D77) 血液及び造血器のその他の疾患 [ 編集 ] D70 無顆粒球症 D71 多形核好中球機能障害 D72 白血球のその他の障害 D72.0 白血球の遺伝性異常 D72.1 好酸球増加症 D72.8 その他の明示された白血球の障害 D72.9 白血球の障害,詳細不明 D73 疾患[ja.wikipedia.org]

  • トランスコバラミン 1 欠乏

    D73.0 機能低下症 D73.1 機能亢進症 D73.2 慢性うっ血 D73.3 脾膿瘍 D73.4 脾のう 胞 D73.5 脾梗塞 D73.8 その他の脾疾患 D73.9 脾疾患,詳細不明 D74 メトヘモグロビン血症 D74.0 先天性メトヘモグロビン血症 D74.8 その他のメトヘモグロビン血症 D74.9 メトヘモグロビン[wikiwand.com] その他の明示された出血性病態 D69.9 出血性病態,詳細不明 (D70-D77) 血液及び造血器のその他の疾患 D70 無顆粒球症 D71 多形核好中球機能障害 D72 白血球のその他の障害 D72.0 白血球の遺伝性異常 D72.1 好酸球増加症 D72.8 その他の明示された白血球の障害 D72.9 白血球の障害,詳細不明 D73 疾患[wikiwand.com]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    D731 機能亢進症 D732 慢性うっ血 D733 脾膿瘍 D734 脾のう〈嚢〉胞 D735 脾梗塞 D738 その他の脾疾患 D739 脾疾患,詳細不明 D740 先天性メトヘモグロビン血症 D748 その他のメトヘモグロビン血症 D749 メトヘモグロビン血症,詳細不明 D750 家族性赤血球増加症 D751 続発性〈二次性[e-stat.go.jp] 原発性血小板減少症 D695 続発性血小板減少症 D696 血小板減少症,詳細不明 D698 その他の明示された出血性病態 D699 出血性病態,詳細不明 D70 無顆粒球症 D71 多形核好中球機能障害 D720 白血球の遺伝性異常 D721 好酸球増加症 D728 その他の明示された白血球の障害 D729 白血球の障害,詳細不明 D730 機能低下症[e-stat.go.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    機能低下症 D730 機能低下症 機能亢進症 D731 機能亢進症 うっ血 オピッツ病 D732 慢性鬱血性脾 脾膿瘍 D733 脾膿瘍 脾のう胞 D734 脾嚢胞 非外傷性脾臓破裂 脾梗塞 脾捻転 D735 脾梗塞 脾周囲炎 脾線維症 脾臓炎 D738 その他の脾疾患 ヘモグロビンM病 先天性NADH・メトヘモグロビン還元酵素欠損症[kegg.jp] 球減少症 リンパ球性類白血病反応 リンパ球増加症 リンパ組織球増多症 異型リンパ球増加症 好酸球減少症 好中球増加症 骨髄性類白血病反応 単球性類白血病反応 単球増加症 白血球増加症 本態性白血球増多症 無リンパ球症 類白血病反応 D728 その他の明示された白血球の障害 白血球機能障害 D729 白血球の障害, 詳細不明 摘脾による無脾 萎縮[kegg.jp]

  • 慢性好中球性白血病

    慢性好酸球白血病/特発性好酸球増加症候群(CEL/HES)では好酸球浸潤による臓器障害の症候として肝うっ血心不全、などを呈します。 急性白血病へ転化するリスクも 通常は慢性に経過しますが、真性多血症(PV)や本態性血小板血症(ET)から骨髄繊維症(MF)に進むことがあります(二次性MF)。[tokushukai.or.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    D731 機能亢進症 D732 慢性うっ血 D733 脾膿瘍 D734 脾のう〈嚢〉胞 D735 脾梗塞 D738 その他の脾疾患 D739 脾疾患,詳細不明 D740 先天性メトヘモグロビン血症 D748 その他のメトヘモグロビン血症 D749 メトヘモグロビン血症,詳細不明 D750 家族性赤血球増加症 D751 続発性〈二次性[e-stat.go.jp] 原発性血小板減少症 D695 続発性血小板減少症 D696 血小板減少症,詳細不明 D698 その他の明示された出血性病態 D699 出血性病態,詳細不明 D70 無顆粒球症 D71 多形核好中球機能障害 D720 白血球の遺伝性異常 D721 好酸球増加症 D728 その他の明示された白血球の障害 D729 白血球の障害,詳細不明 D730 機能低下症[e-stat.go.jp]

さらなる症状