Create issue ticket

考えれる386県の原因 感覚, 感覚鈍麻

  • 末梢神経障害

    しびれ・感覚鈍麻の範囲や程度は次第に拡大し、やがて手にも同様の症状が現れる場合もあります。また運動神経の障害も出現し、両足の筋萎縮などがおこります。 さらに末梢神経障害が進行すると、神経の死滅が進んで、しびれ、痛みなどが弱くなったり、消失することがあります。[nukada.jimdo.com] (2)感覚神経 熱い、冷たい、痛いといった感覚をもたらします。また、ものを触ったときの感触を伝えることも感覚神経の役割です。 このほか、自らの手足を動かしたとき、その位置がどこにあるのか(位置覚)を感知する「深部感覚(しんぶかんかく)」も、感覚神経によりもたらされます。[medicalnote.jp] 症状 手足の先端を中心とした異常感覚、灼熱感(しゃくねつかん)、痛み、感覚鈍麻(かんかくどんま)(感覚が鈍くなること)、筋力低下などが現われます。 治療 尿毒症の治療が主体となります。適切な血液透析(けつえきとうせき)や腎移植(じんいしょく)によって有害な老廃物を除去します。[kotobank.jp]

  • 多発性神経炎

    多発神経炎の症状としては、四肢の末端から始まる筋力低下と感覚鈍麻であるが、そのほか発汗異常、起立性低血圧、膀胱 (ぼうこう) ・直腸障害など自律神経の麻痺を示す場合もあり、アミロイド神経炎では自律神経障害が早くから現れてくるのが特徴とされている。[kotobank.jp] 中枢性のしびれ 脳の障害によるしびれ 感覚神経は、脊髄を経由して脳の視床という部分に達するまでに左右交叉するため、通常、視床・大脳の障害では、病気と反対側の半身(顔面を含む)の感覚が低下します。例えば、左側の脳に脳梗塞が起こると、右半身がしびれます(図の1型)。[mieko-neurologyclinic.com] 最も多い症状は、手足の運動障害と感覚障害です。手足に力が入りづらい(脱力)、転びやすい(歩行障害)、物をうまくつかめない(握力・巧緻性の低下)、触った感じが分かりづらい(感覚鈍麻)、痺れやちくちくした痛みを感じる(感覚異常)などの症状が出ます。腱反射は一般に低下ないし消失します。[cidp-sgj.org]

  • 脳卒中

    手足の感覚の異常 唇の周囲と片方の手のひらの感覚が同時におかしくなる 顔の片側と左右どちらか一方の感覚がおかしくなる 入浴した時に体の半分は風呂の熱さを感じない 5. 言語の異常 言いたいことがうまく言えない、書けない 聞いた言葉や読んだ文章が理解できない 6.[ncvc.go.jp] 症状は片麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] つまり、顔と手足といった離れた身体部分の、左右どちらか半分だけに運動や感覚の異常が急に出た場合には、まず脳卒中と考えて間違いありません。 症状の起こり方は? 脳卒中の症状は急に現れることが多く、たいていは発症日時がはっきりしています。[ncvc.go.jp]

  • 多発性硬化症

    神経学的診察所見としては、 視神経 萎縮、 視神経乳頭 耳側蒼白( 乳頭黄斑 線維が 視神経炎 で障害されやすいため)、視野欠損等の視神経障害、 片麻痺 、 対麻痺 、 四肢麻痺 等の運動障害、 痙縮 、四肢 腱反射 亢進、 病的反射 の出現、 痙縮 、 小脳性運動失調 、 感覚鈍麻感覚性失調 、 膀胱直腸障害 、 内側縦束 (medial[bsd.neuroinf.jp] 急性脊髄炎のみがみられその他の脱髄性病変が示唆されたない場合には全身性エリテマトーデスや混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群による可能性も考慮する、 四肢の筋力低下 痙縮 感覚障害 Uldryらの検討では脊髄病変と感覚障害の対応は46.4%で対応があり、14.2%はおそらく対応するとしながらも全体として画像上のプラークと症候を結びつけるとは[ja.wikipedia.org] 視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    出現する症候は閉塞動脈によって異なり,頸動脈系では一過性黒内障,片麻痺,半身感覚鈍麻,失語症などがみられ,椎骨脳底動脈系では,回転性めまい,複視,失調,嚥下障害,同名性半盲などがみられる。[jaam.jp] 内頚動脈領域症状…単麻痺ないし片麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org] 内頸動脈系のTIAでは半身の運動麻痺、感覚鈍麻(どんま)、失語症(言葉が言えない、理解できない)、片眼の視野障害などの症状がみられます。椎骨脳底動脈系のTIAでは、めまい、構音障害、物が二重に見える複視、意識障害を伴わないで下肢の脱力のために転ぶドロップアタックといった症状がみられます。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 糖尿病性多発ニューロパチー

    糖尿病性神経障害の分類と主な症状 分 類 主要原因 症 状 広範性対称性神経障害 多発性神経障害 (感覚・運動神経の障害) ポリオール経路をはじめとした諸代謝異常 異常感覚(しびれ、ジンジンする感じ、冷感)、自発痛、神経痛、感覚鈍麻、こむらがえり 自律神経障害 ポリオール経路をはじめとした諸代謝異常 発汗異常(味覚性発汗、無汗)、起立性低血圧[dm-net.co.jp] タイトル 糖尿病性多発ニューロパチーと手根管症候群は,手掌以遠の感覚神経伝導によって区別できるか?[iss.ndl.go.jp] 主要アウトカム指標は、筋力検査、感覚検査、および神経学的検査の複合スコアを含む様々な方法で測定した神経機能の変化とした。副次的アウトカム指標は、神経伝導検査、ニューロパチーの症状、生活の質、足潰瘍の出現、有害作用であった。 データ収集と分析: レビューに含めた試験は、我々のうちの最低2名が独自に選択し、評価した。[cochrane.org]

  • ギラン・バレー症候群

    感覚の障害 感覚鈍麻、異常感覚、神経因性疼痛が高頻度に認められる。痛みは90%近い患者で認められ、神経根痛や筋痛、関節痛などを訴えることもある。ステロイド、カルバマゼピン、オピオイド、ガバペンチン、プレガバリンなどが支持療法として用いられる。[ja.wikipedia.org] 風邪や下痢などのあとで、下肢の筋力低下、感覚鈍麻、歩行困難などの症状を呈する病気。原因は不明。[kotobank.jp] 発症時に感覚症状が強いが、筋力低下が限局的 発症時に膀胱直腸障害が存在 発症時の発熱 境界明瞭な感覚障害 呼吸機能障害がなく、限局的な筋力低下の緩徐な進行 (亜急性炎症性脱髄性ニューロパチー、またはCIDPを疑う) 筋力低下の著名な非対称性 持続的な膀胱直腸障害 髄液中の細胞数増多(50/μl) 髄液中の多核球増多 治験概要 治験の目的・デザイン[chiba-crc.jp]

  • 糖尿病性神経障害

    皮膚に触れるとザラザラ、ビリビリする錯感覚もみられる。これらは残存神経や再生神経の異常な神経インパルスの結果である。足底が薄皮で覆われたような感覚鈍麻は陰性症状であり神経線維現象を反映した症状である。初期の感覚障害は足に限局するが、進行すると靴下型になりさらに進行すると手袋靴下型になる。[ja.wikipedia.org] 症状 顔面神経麻痺、外眼筋麻痺、発汗異常 立ちくらみ、心拍数変動の減少 便秘、下痢、食欲不振、嘔気 こむらがえり、インポテンツ、尿意を感じない 手足のしびれ、痛み、潰瘍、手足が熱い、手足が冷える、感覚鈍麻などです。[irakoclinic.com] 異常感覚 (手や足の先がジンジンと痺れたり冷たい) 2. 感覚鈍麻 (触った感じがはっきりしなかったり、足の裏に薄紙が一枚張り付いたような感じ) 3. 疼痛 (手足に灼熱様の痛み、刺すような痛み、圧迫されるような痛み) 4.[hyoyaku.org]

  • 手根管症候群

    理学所見で最も重要なのは薬指の感覚です。手根管症候群の患者さんでは薬指の左右で感覚が異なります。薬指の中指側の感覚が障害されますが小指側は正常です。この所見があればかなり高い確率で手根管症候群が疑われます。[twmu-mcens.jp] 痛み 感覚障害 しびれ 握力の低下 手指の使い勝手が悪くなる 物を落としやすい傾向が出てくる 感覚障害やしびれは親指、人差し指、中指、薬指によく生じます。症状はよく夜間に生じますが、運転や新聞を読むような日常生活中にも生じることがあります。症状が進むと感覚障害や運動障害が一日中生じていることもあります。[assh.org] 多くの患者様は手全体がしびれて感覚が鈍いと訴えますが、丁寧に感覚検査を行うと、小指はしびれ感がなく、環指の小指側は親指側と比べて明らかに感覚障害が軽度です。[ogoridaiichi.jp]

  • ニューロパチー

    これらの神経の神経線維が広く侵されると、筋力の低下、筋萎縮(きんいしゅく)、感覚鈍麻(かんかくどんま)、感覚脱失などの症状が現れます。後述する原因により運動系、感覚系、自律神経系の障害を来しますが、時にはこれらの系が組み合わさって現れてくることも少なくありません。[medical.itp.ne.jp] (2)感覚神経 熱い、冷たい、痛いといった感覚をもたらします。また、ものを触ったときの感触を伝えることも感覚神経の役割です。 このほか、自らの手足を動かしたとき、その位置がどこにあるのか(位置覚)を感知する「深部感覚(しんぶかんかく)」も、感覚神経によりもたらされます。[medicalnote.jp] しびれ・感覚鈍麻の範囲や程度は次第に拡大し、やがて手にも同様の症状が現れる場合もあります。また運動神経の障害も出現し、両足の筋萎縮などがおこります。 さらに末梢神経障害が進行すると、神経の死滅が進んで、しびれ、痛みなどが弱くなったり、消失することがあります。[nukada.jimdo.com]

さらなる症状

類似した症状