Create issue ticket

考えれる1,730県の原因 感覚障害

  • 末梢神経障害

    障害された神経ごとの代表的な症状 運動神経が障害された場合 力が入りにくい、歩きにくいといった症状が起こります。 感覚神経が障害された場合 感覚が鈍くなり、痛みや温冷感がわかりにくくなることがあります。これとは逆に、感覚過敏になることもあります。[medicalnote.jp] [症状] 3種類の末梢神経のうち、運動神経に障害がおこると、筋力が低下したり筋肉が萎縮(いしゅく)します。 感覚神経に障害がおこると、しびれや痛みが現われたり、逆に、痛みや熱さ、冷たさなどの感覚が鈍くなったりします。深部感覚障害では、手足の位置関係がわからなくなる、からだのバランスが崩れる、などの症状が現われます。[kotobank.jp] ボルテゾミブ(ベルケイド) 症状 手足のしびれ、痛み、感覚が鈍い、起立性低血圧、 便秘、 など 患者さんの訴え 指先や足先がしびれる、足に力が入らない、 など 病態など 末梢神経障害の発症機序は十分に解明されてはいませんが、軸索障害による感覚障害が主で、痛みを伴うこともあります。[scchr.jp]

  • 脳卒中

    症状は片麻痺や感覚障害だけでなく、失語や失認など「高次脳機能障害」をしばしば伴います。さらに、心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症も合併しますからあなどれません。 *高次脳機能障害・・・大脳の皮質が傷害されたときにみられる症状で、失語(言葉が出てこない、他人のいうことが理解できないなどの症状で、言語中枢に傷害が生じた時に起こる。[ncvc.go.jp] 症状は出血の部位によって異なりますが、多くは片麻痺、感覚障害を伴い、重症例では意識障害をきたします。意識障害を伴う脳出血の予後はあまりよくありません。 3.くも膜下出血 脳動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面(くも膜下腔)に出血するものです。大部分は先天性の動脈瘤ですが、高血圧によって大きくなるといわれています。[ncvc.go.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    片麻痺と感覚障害 内頚動脈系と同じように身体半身に出現することもありますが、左右の手足にさまざまな組み合わせで生じる場合があります。 片麻痺や失語症、あるいは一過性黒内障や半盲はTIAに特有な症状ですが、めまいや感覚障害はTIAに特有な症状とはいえません。[medicalnote.jp] 内頚動脈領域症状…単麻痺ないし片麻痺、感覚異常、構語障害、失語 椎骨脳底動脈領域症状…めまい、同名半盲、運動失調、半身ないし両側の筋力低下・感覚障害、構語障害これを分かりやすい言葉で表現すると、片目が見えなくなったり、ものが二重に見えたり、転倒しやすくなったり、顔や手足がしびれたり、急に言葉が不自由になる(ろれつがまわらない、言葉がでなくなる[ja.wikipedia.org] 健康・介護のまめ知識 2014年3月10日 一過性脳虚血発作(TIA) 今回は高齢者の方に時折ある 一過性脳虚血発作について触れたいと思います 一過性脳虚血発作(TIA)とは、 脳に行く血液の流れが一過性に悪くなり、 運動麻痺、感覚障害などの症状が現れ、 24時間以内、 多くは数分以内にその症状が 完全に消失する もの をいいます。[i-kouseikai.com]

  • ニューロパチー

    障害された神経ごとの代表的な症状 運動神経が障害された場合 力が入りにくい、歩きにくいといった症状が起こります。 感覚神経が障害された場合 感覚が鈍くなり、痛みや温冷感がわかりにくくなることがあります。これとは逆に、感覚過敏になることもあります。[medicalnote.jp] パターン8、非対称性の固有感覚障害があり、筋力低下がない感覚性神経細胞障害(神経節障害)の原因となるものを考える。[ja.wikipedia.org] CIDPとは四肢の筋力低下、感覚障害で発症し、2ヶ月以上にわたり進行性あるいは再発性の経過をとる末梢神経障害です。 約半数が四肢の筋力低下、感覚障害が左右対称性で、四肢の近位と遠位の両方が障害される典型タイプです。そのほかに左右非対称で多くが上肢から始まるタイプ、四肢の遠位の障害が目立つタイプなどいくつかの亜型が存在します。[neurology-jp.org]

  • 後下小脳動脈閉塞

    嚥下や声帯運動にも影響が生じることから、飲み込みの障害や発声障害(声がかれたりします)などの症状もみることになります。 感覚障害の出現様式は、ワレンベルグ症候群で特徴的です。すなわち、温度や痛覚の感覚障害を認めるようになりますが、顔面では血管性病変と同側、体幹や上下肢では反対側に感覚障害をみるようになります。[medicalnote.jp] めまいは回転性めまいも多いので、鑑別のために上下肢の失調や腹 肢、顔面や半身の感覚障害など他の神経症状に注意します。 2.後下小脳動脈(PICA)領域の梗塞 PICAは椎骨動脈から分岐する主要血管で、その閉塞はしばしば延髄外側梗塞(Wallenberg症候群)をもたらします。[tokushima-u.ac.jp] 症状として出現する頻度の高いものは、運動障害感覚障害、頭痛、けいれん発作、意識障害などです。小児では梗塞型、成人では出血型が多く、年齢によって症状に差が見られる点がもやもや病の特徴です。[touhoclinic.jp]

  • 多発性神経炎

    脊髄がある位置で障害されると、その支配領域またはそれ以下の領域の感覚障害されます。 脊髄のどこが侵されたかによって感覚障害の内容が異なってきます。脊髄障害の原因としては、脊椎の変形(頚椎症、腰椎症)、椎間板ヘルニア、脊髄炎、脱髄疾患(多発性硬化症ほか)、血管障害、腫瘍、外傷などがあります。[mieko-neurologyclinic.com] 末梢[まつしよう]神経が障害される病気で、手足に運動障害や、しびれや痛みなど感覚障害が起こります。1本の末梢神経が障害される単神経炎のほかに、左右対称性に、系統的に障害される 多発性神経炎 と、複数の末梢神経が障害される 多発性単神経炎 があります。[cocokarada.jp] そして多発神経障害の症状の特徴は,感覚障害でいえば,手袋靴下型の感覚障害,運動障害でいえば四肢の遠位筋優位の麻痺や筋萎縮が起こることであります.このような障害のパターンをとる理由は,次のように言われております.すなわち神経線維の障害はその走行中どこで起こったとしても神経刺激はそこで伝わらなくなってしまうため,例えば感覚障害であれば,指先からの[itsuki-hp.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    前脊髄動脈の血流が滞ることによって、体の運動機能や感覚、内蔵の機能に大きな障害をもたらすことになります。 【 前脊髄動脈症候群の検査と診断 】 前脊髄動脈症候群とは前脊髄動脈の閉塞による、急激に下肢の対麻痺や障害レベル以下の解離性感覚障害や膀胱直腸障害などが挙げられます。[hospita.jp] ぜんせきずいどうみゃくしょうこうぐん 前脊髄動脈症候群 脊髄の前側の部分に酸素や栄養を届ける前脊髄動脈が何らかの理由で詰まってしまい、麻痺などの症状が起こる病気 5人の医師がチェック 29回の改訂 最終更新: 2018.09.13 POINT 前脊髄動脈症候群とは 脊髄の前側の部分に酸素や栄養を届ける前脊髄動脈の血流が低下して、手足の麻痺や感覚障害[medley.life] 前脊髄動脈症候群 前脊髄動脈の閉塞により、急激に下肢の対麻痺・障害レベル以下の解離性感覚障害(触覚はわかるが、痛覚と温度覚が障害)・膀胱直腸障害を呈する。背部痛を伴うことがある。 後脊髄動脈症候群 後脊髄動脈症候群は、前脊髄症候群の1/10程度の頻度で少ない。 病巣部以下の深部感覚優位の障害、深部反射の低下/消失、膀胱直腸障害が起こる。[medi.m2blog.net]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見などをもとに、総合的に診断する。[nurseful.jp] 多発性硬化症 (MS)、視神経脊髄炎 (NMO) 病因 リンパ球や自己抗体により大脳白質、脊髄、視神経といった中枢神経が障害を受ける自己免疫疾患です。 症状 病変部位により、視野・視力障害、麻痺、感覚障害、失調症状など様々な症状が出現し、多くの場合、初期には再発と寛解を繰り返します。[itb-dsc.info] な全感覚感覚レベルと限局性脊髄性疼痛、完全なブラウンセカール症候群、急性尿閉、進行性感覚失調(後索) 大脳半球 軽度の皮質下性認知機能障害、不全片麻痺 てんかん、半盲 脳症(鈍麻、錯乱、傾眠)、皮質盲 MSの病勢は発症早期はむしろ活発である。[ja.wikipedia.org]

  • 坐骨神経痛

    神経根圧迫は,感覚障害,運動障害,または反射障害(最も客観的な所見)を引き起こすことがある( 脊髄圧迫 )。L5-S1の椎間板ヘルニアはアキレス腱反射に影響を及ぼすことがあり,L3-L4の椎間板ヘルニアは膝蓋腱反射に影響を及ぼすことがある。[msdmanuals.com] 足の感覚異常や排尿障害に関しては、施術後数日は良好な状態が続くが次第に元に戻るという経過を繰り返している状態です。[fine-chiro.com] ・腰痛 ・足に力が入りにくい ・足などに触れられた時の感覚がおかしい ・おしっこが出にくい、ひどい便秘などの排尿・排便障害 ・インポテンツ などの症状があります。 坐骨神経痛の経過 ヘルニアの状態によっては、自然と坐骨神経痛が回復することもあります。 ほとんどの場合が自然には回復しません。[clinicyu.com]

  • 頸部脊椎症

    重要な鑑別 [ 編集 ] 正中神経傷害とC6 7神経根障害の鑑別 正中神経障害では感覚障害は手首より遠位部の掌側に限局し、第4指は橈側半分が障害される。C6 C7根症では手首より前腕の方に感覚障害の分布が広がっており手背部も障害される。[ja.wikipedia.org] 外側型や遠外側型では圧迫された神経根の症状、つまり下肢の限局的な感覚障害や運動障害を呈します。排尿や排便の障害あるいは両下肢全体の運動感覚障害を認めることは少ないのですが、巨大なヘルニアでは生じる可能性があります。[square.umin.ac.jp] 【症状】 局所症状:頭痛、頸部痛、頸部から肩甲骨・背部の凝りや不快感、頸部の運動制限 神経根症状:肩から上肢にかけての放散痛、前腕や手指のしびれと知覚障害、筋萎縮、筋肉の線維性攣縮(ピクピクするような痙攣) 脊髄圧迫症状:手指・手掌全体から体幹や下肢に及ぶしびれや感覚障害、巧緻運動障害(箸が使いづらい、ボタンがかけづらいなど)、下肢痙性麻痺[shimazaki-hospital.com]

さらなる症状

類似した症状