Create issue ticket

考えれる389県の原因 感覚鈍麻

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 末梢神経障害

    しびれ・感覚鈍麻の範囲や程度は次第に拡大し、やがて手にも同様の症状が現れる場合もあります。また運動神経の障害も出現し、両足の筋萎縮などがおこります。 さらに末梢神経障害が進行すると、神経の死滅が進んで、しびれ、痛みなどが弱くなったり、消失することがあります。[nukada.jimdo.com] 症状 手足の先端を中心とした異常感覚、灼熱感(しゃくねつかん)、痛み、感覚鈍麻(かんかくどんま)(感覚が鈍くなること)、筋力低下などが現われます。 治療 尿毒症の治療が主体となります。適切な血液透析(けつえきとうせき)や腎移植(じんいしょく)によって有害な老廃物を除去します。[kotobank.jp] 振動障害に由来する痺れや感覚鈍麻の治療効果は後述するように期待できませんが、他疾患による痺れや痛みは治療効果が期待できますので、患者のQOLを配慮すると、鑑別診断が重要であることは理解できると思います。 また、振動障害では尺骨神経障害・正中神経障害などの絞扼性神経障害が起ることは稀ではありません。[research.johas.go.jp]

  • 酒害

    【 酒害者家族のためのチェックリスト 】 (改訂 13/03/03) [ はじめに ] 以下のチェックリストは、ホスピタルで使用している酒害者家族(相談)のための、初診時チェックリストの概要です。 Printer-friendly Version 酒害者家族のためのチェックリスト[…][www2.gunmanet.ne.jp]

  • 多発性神経炎

    多発神経炎の症状としては、四肢の末端から始まる筋力低下と感覚鈍麻であるが、そのほか発汗異常、起立性低血圧、膀胱 (ぼうこう) ・直腸障害など自律神経の麻痺を示す場合もあり、アミロイド神経炎では自律神経障害が早くから現れてくるのが特徴とされている。[kotobank.jp] 末梢性のしびれ 末梢神経は身体全体に分布していて、1本または数本の末梢神経が外傷、圧迫で物理的に障害を受けると、神経が支配している領域にしびれや感覚鈍麻が現れます。[mieko-neurologyclinic.com] 最も多い症状は、手足の運動障害と感覚障害です。手足に力が入りづらい(脱力)、転びやすい(歩行障害)、物をうまくつかめない(握力・巧緻性の低下)、触った感じが分かりづらい(感覚鈍麻)、痺れやちくちくした痛みを感じる(感覚異常)などの症状が出ます。腱反射は一般に低下ないし消失します。[cidp-sgj.org]

  • 一過性脳虚血発作

    出現する症候は閉塞動脈によって異なり,頸動脈系では一過性黒内障,片麻痺,半身感覚鈍麻,失語症などがみられ,椎骨脳底動脈系では,回転性めまい,複視,失調,嚥下障害,同名性半盲などがみられる。[jaam.jp] 内頸動脈系のTIAでは半身の運動麻痺、感覚鈍麻(どんま)、失語症(言葉が言えない、理解できない)、片眼の視野障害などの症状がみられます。椎骨脳底動脈系のTIAでは、めまい、構音障害、物が二重に見える複視、意識障害を伴わないで下肢の脱力のために転ぶドロップアタックといった症状がみられます。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 2型糖尿病

    本資料はアストラゼネカ英国本社が2019年3月18日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容・解釈については英語が優先します。 心筋梗塞の既往歴を有する患者さんの主要心血管イベントを16%低下 駆出率の値に関わらず心不全による入院を低減 アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ)は、SGLT2阻害剤フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン、米国での製品名:Farxiga、以下、フォシーガ)の第III相DECLARE-TIMI[…][astrazeneca.co.jp]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 子宮頸炎

    厚生労働省) 血小板減少性紫斑病 発熱、倦怠感など不定な症状に始まり、急に現れる出血傾向、神経症状など 血小板減少性紫斑病について(独立行政法人医薬品医療機器総合機構) 急性散在性脳脊髄炎(ADEM) 発熱、頭痛、目が見えにくい、手足の筋力低下、感覚鈍麻などの全身症状) 急性散在性脳脊髄炎について(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)[pref.saitama.lg.jp] み 接種した部位が赤くなる 接種した部位の腫れ 全身反応 筋肉痛、関節痛、頭痛、腹痛(およそ10人に1人) じんましん、めまい、発熱(10人に1人未満) 重い副反応 アナフィラキシー・ショック や、嘔吐、呼吸困難、血圧低下などの激しい全身 アレルギー 症状(およそ96万接種に1回) ギラン・バレー症候群 急速に悪化する手足などの筋力低下、感覚鈍麻[city.tokyo-nakano.lg.jp] 急性散在性脳脊髄炎(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ホームページ)(外部サイト) 急速に悪化する手足等の筋力低下、感覚鈍麻等の全身症状 ギラン・バレー症候群の詳しい症状は下記をご覧ください。[city.nerima.tokyo.jp]

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん、Carpal tunnel syndrome:CTS)とは、手根管(腱と神経が通っている手首内の管)の中を走る正中神経が何らかの原因で手根管内圧が上がり、圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。 1900年頃より提唱がなされている。病理学的解明は、1960年代頃にアメリカ合衆国のクリーブランド病院で整形外科部長を務めていたジョージ・ファレンによってなされている。 多くは特発性であるが、以下の関連は指摘されている。 職業性 アメリカ労働省職業安全衛生管理局 (OSHA) による調査にて、反復作業労働に生じることが多いという報告がなされている。 外傷性[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    (後索) 大脳半球 軽度の皮質下性認知機能障害、不全片麻痺 てんかん、半盲 脳症(鈍麻、錯乱、傾眠)、皮質盲 MSの病勢は発症早期はむしろ活発である。[ja.wikipedia.org] 感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称性進行性痙性対麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節性温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害なし)、便失禁、対称性の進行性痙性対麻痺 前脊髄動脈領域病変(後索のみ障害なし)、馬尾症候群、境界明瞭な全感覚の感覚レベルと限局性脊髄性疼痛、完全なブラウンセカール症候群、急性尿閉、進行性感覚失調[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状