Create issue ticket

考えれる555県の原因 感覚消失

  • 前脊髄動脈症候群

    症状と徴候 緊張を伴う突発的な背部痛が周囲に放散し,その後数分以内に両側性かつ髄節性の弛緩性筋力低下と感覚消失が起こる。温痛覚が他の感覚より強く障害される。典型的には前脊髄動脈が障害され,前脊髄症候群が生じる( 脊髄症候群 )。脊髄の後索を通って伝導する位置覚および振動覚のほか,しばしば軽い触覚も比較的障害を免れる。[msdmanuals.com] その有名なこととして、皮膚感覚は隣あう神経根による重複支配であるため、単一の神経根が障害された場合は感覚鈍麻は起こるが、感覚消失は通常生じない。単一の神経根が障害された場合は感覚鈍麻の範囲は皮膚分節より狭い。感覚消失や境界が明瞭な場合は末梢神経障害( ニューロパチー )の可能性が高い。[ja.wikipedia.org] 症状としては,突発的な重度の背部痛,その直後に四肢に生じる急速進行性かつ両側性の弛緩性筋力低下と感覚消失(温痛覚に顕著)などがある。診断はMRIによる。治療は主として支持療法である。 脊髄の後方3分の1への主要な栄養血管は後脊髄動脈であり,前方3分の2では前脊髄動脈である。[msdmanuals.com]

  • ニューロパチー

    体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] III型 (肥厚性間質性ニューロパチー[hypertrophic interstitial neuropathy],Dejerine-Sottas病)は,まれな常染色体劣性遺伝疾患であり,小児期に進行性の筋力低下および感覚消失,ならびに深部腱反射消失として始まる。[msdmanuals.com] 遠位対称性の感覚運動性多発ニューロパチー糖尿病性ニューロパチーの中で圧倒的に多い。感覚神経の障害はつま先からはじまる感覚消失に呈し、しだいに脚を上行し指先、腕にひろがる。運動神経の障害は短趾伸筋の萎縮などに現れる。 糖尿病性自律神経ニューロパチー典型的には遠位対称性の感覚性多発ニューロパチーと複合的に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄梗塞

    症状と徴候 緊張を伴う突発的な背部痛が周囲に放散し,その後数分以内に両側性かつ髄節性の弛緩性筋力低下と感覚消失が起こる。温痛覚が他の感覚より強く障害される。典型的には前脊髄動脈が障害され,前脊髄症候群が生じる( 脊髄症候群 )。脊髄の後索を通って伝導する位置覚および振動覚のほか,しばしば軽い触覚も比較的障害を免れる。[msdmanuals.com] その有名なこととして、皮膚感覚は隣あう神経根による重複支配であるため、単一の神経根が障害された場合は感覚鈍麻は起こるが、感覚消失は通常生じない。単一の神経根が障害された場合は感覚鈍麻の範囲は皮膚分節より狭い。感覚消失や境界が明瞭な場合は末梢神経障害( ニューロパチー )の可能性が高い。[ja.wikipedia.org] 症状としては,突発的な重度の背部痛,その直後に四肢に生じる急速進行性かつ両側性の弛緩性筋力低下と感覚消失(温痛覚に顕著)などがある。診断はMRIによる。治療は主として支持療法である。 脊髄の後方3分の1への主要な栄養血管は後脊髄動脈であり,前方3分の2では前脊髄動脈である。[msdmanuals.com]

  • ビタミンB12欠乏

    重度の欠乏症によって神経が損傷することがあり、手足のチクチク感や感覚消失、筋力低下、反射消失、歩行困難、錯乱、認知症が起こります。 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。 高用量のビタミンB 12 のサプリメントを摂取すると、貧血による症状は消失する傾向があります。[msdmanuals.com] ときに、チクチク感や感覚消失といった神経損傷の典型的な症状がみられる場合に疑われることもあります。欠乏症が疑われる場合には、血液中のビタミンB 12 の値を測ります。通常、医師は葉酸欠乏症(これも大きな赤血球の原因となります)の可能性を否定するため血液中の葉酸値も測定します。[msdmanuals.com]

  • 自律神経性ニューロパチー

    体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com] 遺伝性感覚性ニューロパチーI型 (HSAN I)は、初期の著明な感覚消失と後期の明確な感覚現象(感覚異常、特徴的な「電撃」痛あるいは「うずくような」痛み)によって識別される遺伝性運動感覚性ニューロパチーの軸索型である。[grj.umin.jp] III型 (肥厚性間質性ニューロパチー[hypertrophic interstitial neuropathy],Dejerine-Sottas病)は,まれな常染色体劣性遺伝疾患であり,小児期に進行性の筋力低下および感覚消失,ならびに深部腱反射消失として始まる。[msdmanuals.com]

  • 筋骨格腰痛

    診断 [ 編集 ] レッド・フラッグ(危険な徴候) [ 編集 ] レッド・フラッグは、重篤な疾患がある可能性を示す警告サインである レッド・フラッグ [35] 可能性のある疾患 [8] がんの既往 がん 原因不明の体重減少 膀胱や消化管がコントロール困難 馬尾症候群 筋力のかなりの低下、感覚障害 臀部の感覚消失 (サドル麻痺) 年齢に比べてかなりの[ja.wikipedia.org]

  • 歯齦炎

    、高血圧、眩暈、しびれ、筋骨格硬直、肩こり、手指硬直、不眠症、意識喪失、音声変調、低血圧、てんかん、眠気、皮膚感覚過敏、流涙、気分変動、頻脈、不整脈、動悸、心電図異常、胸痛、脈拍数低下、徐脈、血管炎、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、尿蛋白増加、血尿、尿沈渣異常、尿糖陽性、尿閉、頻尿、尿路感染、糸球体症、気管支肺炎、胸水、ほてり、関節炎、異常感[medley.life] 7).感覚器:(頻度不明)眼充血、眼瞼炎、眼精疲労、視力低下、複視、嗅覚障害、結膜炎、味覚異常、味覚消失。 8).精神神経系:(頻度不明)頭痛、高血圧、眩暈、しびれ、筋骨格硬直(肩こり、手指硬直)、意識障害、不眠症、意識喪失、音声変調、低血圧、てんかん、眠気、皮膚感覚過敏、流涙、気分変動。[medical.nikkeibp.co.jp] コレステロール上昇、総蛋白低下、アルブミン低下、血糖上昇、K下降、血中尿酸上昇、アミラーゼ上昇、Cl下降、Na上昇、Na下降、そう痒感、湿疹、蕁麻疹、光線過敏性皮膚炎、眼瞼浮腫、浮腫、アナフィラキシー、斑状丘疹性皮疹、血管浮腫、気管支痙攣、脱毛、皮膚乾燥、水疱性皮疹、扁平苔癬、眼充血、眼瞼炎、眼精疲労、視力低下、複視、嗅覚障害、結膜炎、味覚異常、味覚消失[medley.life]

  • 末梢神経障害

    症状としては筋力低下、チクチクする感覚感覚消失などがみられます。呼吸を制御している筋肉が侵され、呼吸不全に至ることもあります。 最も多くみられる種類の慢性多発神経障害では、感覚だけが侵されます。最初に症状が現れるのは、通常、足ですが、手の場合もあります。[msdmanuals.com] 遠位対称性の感覚運動性多発ニューロパチー 糖尿病性ニューロパチーの中で圧倒的に多い。感覚神経の障害はつま先からはじまる感覚消失に呈し、しだいに脚を上行し指先、腕にひろがる。運動神経の障害は 短趾伸筋 の萎縮などに現れる。 糖尿病性自律神経ニューロパチー 典型的には遠位対称性の感覚性多発ニューロパチーと複合的に認められる。[ja.wikipedia.org] 感覚神経の障害:しびれや痛みが生じたり、逆に感覚が鈍くなったり、消失したりする。 ・自律神経の障害:手足の発汗障害や異常知覚などがみられる。 これらの障害は単独で生じることもありますが、通常は複合されて症状が現れます。[saiseikai.or.jp]

  • 多発性神経炎

    症状は脱力、チクチクする感覚または感覚消失です。 慢性多発神経障害の最も一般的なタイプでは、感覚だけが侵されます。通常は足が最初に侵されますが、手が先のこともあります。チクチクする感覚、しびれ、焼けつくような痛み、振動が感じられない感覚消失、手脚の位置が認識できない位置感覚消失などが目立つ症状です。[mh.rgr.jp] 症状としては筋力低下、チクチクする感覚感覚消失などがみられます。呼吸を制御している筋肉が侵され、呼吸不全に至ることもあります。 最も多くみられる種類の慢性多発神経障害では、感覚だけが侵されます。最初に症状が現れるのは、通常、足ですが、手の場合もあります。[msdmanuals.com] 3年8カ月後にインフルエンザHAワクチンを接種したところ、18日目より足底のしびれを自覚し増悪、両膝下まで拡大、感覚低下・筋力低下も生じ歩行困難となったため接種50日目に入院となった。深部腱反射は消失、MMT4程度の遠位優位筋力低下、手袋靴下型の異常感覚・全感覚低下をみた。[imic.or.jp]

  • 本態性高血圧症

    ,減弱,左右差),冷感,虚血性潰瘍,浮腫,四肢の運動障害,感覚障害,腱反射亢進などを診察する.[kotobank.jp] として,貧血・黄疸,甲状腺腫,頸動脈血管雑音,頸静脈怒張の有無や眼底所見を,胸部所見では心尖拍動とスリルの触知(最強点と触知範囲),心雑音,Ⅲ音,Ⅳ音,不整脈,および肺野のラ音の聴診を行う.腹部診察として,血管雑音とその放散方向,肝腫大と叩打痛,腎臓腫大(多発性囊胞腎),四肢は末梢動脈拍動(橈骨動脈,足背動脈,後脛骨動脈,大腿動脈)の触知(消失[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状