Create issue ticket

考えれる61県の原因 感覚性運動軸索神経障害

  • ニューロパチー

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。絞扼性ニューロパチーでは障害された末梢神経に限局した症状が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org]

  • 血管運動の不安定性

    小児発症型SCAは、小脳、脊髄、および脳幹の変性、ならびに感覚神経障害を伴う、フィンランドで報告されたまれな疾患です。. 38Marinesco Sjグレン症候群は、運動失調症が知的障害、白内障、低身長、低血圧に関連するまれな疾患です。. ミトコンドリア遺伝子の変異は、運動失調表現型を引き起こす可能性があります(下記参照)。.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 自律神経性ニューロパチー

    ①シャルコー・マリー・トゥース病 遺伝運動感覚ニューロパチーとも呼ばれ、末梢神経の変性がおこります。の周りをおおっている髄鞘たんぱく(ミエリン)の合成が障害されて線維組織に置き換えられる肥厚型(ひこうがた)(1型)と、髄鞘の障害をともなわない軸索型(2型)があります。 多くは両親のどちらかが素因をもつ、優性遺伝形式をとります。[itamikenkiyu.jimdo.com]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    小児発症型SCAは、小脳、脊髄、および脳幹の変性、ならびに感覚神経障害を伴う、フィンランドで報告されたまれな疾患です。. 38Marinesco Sjグレン症候群は、運動失調症が知的障害、白内障、低身長、低血圧に関連するまれな疾患です。. ミトコンドリア遺伝子の変異は、運動失調表現型を引き起こす可能性があります(下記参照)。.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    例外としては、時間的、空間的に多発する 脱髄疾患 である。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経 、 自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。マクロ的にどこが障害されるかによって、 単神経炎 ・ 多発性単神経炎 ・ 多発神経炎 に区別される。[ja.wikipedia.org]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    小児発症型SCAは、小脳、脊髄、および脳幹の変性、ならびに感覚神経障害を伴う、フィンランドで報告されたまれな疾患です。. 38Marinesco Sjグレン症候群は、運動失調症が知的障害、白内障、低身長、低血圧に関連するまれな疾患です。. ミトコンドリア遺伝子の変異は、運動失調表現型を引き起こす可能性があります(下記参照)。.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 不全麻痺

    例外としては、時間的、空間的に多発する 脱髄疾患 である。障害される神経の種類は 運動神経 、 感覚神経 、 自律神経 に及び、ミクロ的な障害部位は であったり 髄鞘 ( シュワン細胞 )であったりする。マクロ的にどこが障害されるかによって、 単神経炎 ・ 多発性単神経炎 ・ 多発神経炎 に区別される。[ja.wikipedia.org]

  • 尺骨神経絞扼

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    多巣運動ニューロパチー(MMN)多巣運動ニューロパチーは緩徐進行、非対称の四肢筋力低下、感覚障害を伴わないことを特徴とする運動神経障害を主体とする免疫介在ニューロパチーである。生理的絞扼部以外での運動神経に伝導ブロックを認め、感覚神経に異常を認めないことが特徴である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状