Create issue ticket

考えれる41県の原因 感染への罹患性増加

  • 性感染症

    国立感染症研究所の調査では、2008年のデータでは感染症の罹患率は年々減少、もしくは横ばいとなっていたが、2010年以降は後天免疫不全症候群や梅毒では増加傾向にある。 フォアダイス、および真珠様陰茎小丘疹は、発生部位や様態からいかにも尖圭コンジローマなどの性感染症のようにみえるが、性感染症ではない。[ja.wikipedia.org]

  • 化膿レンサ球菌

    それだけではなく,感染症に罹患しやすい(易感染)基礎疾患を持たれた方々の増加があります。[strep.umin.jp]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ※1 炎症性サイトカイン: 炎症を引き起こす原因となるタンパク質の一種 ※2 併存症: 元の疾患が引き起こした疾患ではないが、一緒にみられる疾患 慢性閉塞肺疾患(COPD)の急性増悪 ウイルスや細菌による感染症への罹患、大気中の有害物質やアレルゲンの増加などが原因となって急激な症状の悪化がみられることがあります。[tyojyu.or.jp]

  • ウイルス性発疹

    ただし、近年の傾向として注意を要することは、青年期のウイルス発疹症が少なくないことと、高齢者の帯状疱疹の増加です。 急性ウイルス感染症は、通常、小児期に罹患して長年月にわたる免疫が得られるので、成人には少なかったのですが、成人の罹患例に時折り遭遇します。[narumi-clinic.jp]

  • 下部尿路感染症

    性交: 性的に活発な女性はそうでない女性よりも尿路 感染症に罹患しやすい傾向にある。 尿路結石: 腎、尿管、膀胱結石は尿流を遮断し、尿路 感染症の危険増加させる。 尿路カテーテル法: 留置カテーテルは、尿路感染症の 危険性を増加させる。 尿路の閉塞は再発性尿路感染症の重要な原因である。[kidneyeducation.com]

  • 非定型肺炎

    現在、日本ではこの非結核抗酸菌による感染症(非結核抗酸菌症)が徐々に増加しています。結核の罹患率は人口10万対14.4(2015年)ですが、非結核性抗酸菌の罹患率はj咽喉10万対14.7(2014年)といわれ、後者の年間発病者数はすでに前者よりも増えています。[tokyo-hp.hosp.go.jp]

  • 舌肺炎

    現在、日本ではこの非結核抗酸菌による感染症(非結核抗酸菌症)が徐々に増加しています。結核の罹患率は人口10万対14.4(2015年)ですが、非結核性抗酸菌の罹患率はj咽喉10万対14.7(2014年)といわれ、後者の年間発病者数はすでに前者よりも増えています。[tokyo-hp.hosp.go.jp]

  • B 群溶血性レンサ球

    2008年以降の生後3か月未満罹患率は0.4 0.8(髄膜炎)、0.4 1.1(非髄膜炎)であり、5歳未満と同様に非髄膜炎感染症において2013年以降に有意な増加を認めた(IRR1.71、95%CI: 1.11-2.62)。2014年の罹患率は侵襲GBS感染症全体で1.8/1万出生であった。[niid.go.jp] 考 察 全国規模の人口ベースアクティブサーベイランスにより、侵襲GBS感染症の罹患率が近年増加傾向を示していることが明らかとなった。GBSの主たる感染経路として、母体からの垂直感染が最も重要であり、本邦でも感染予防ガイドラインが2008年より提唱されている 2) 。[niid.go.jp] 本研究においては、侵襲GBS感染症の罹患率が増加傾向であった原因は明らかではない。早発型と遅発型の区別ができていない症例があるため、垂直感染対策の有効性に関する検証を行うためにはデータは不十分であると考える。本研究は人口ベース全数把握調査であることより、侵襲性GBS感染症は、本邦において年間200人程度発生していると推定される。[niid.go.jp]

  • 形成性胃炎

    授乳期間中にインフルエンザウイルスに感染した場合も、母乳中にインフルエンザウイルスが含まれ母乳を介して乳児に感染を起こすことはほとんど無いと考えられます。しかしながら、母親と乳児は極めて濃厚に接触していますので、インフルエンザ罹患中は感染の危険増加します。[myclinic.ne.jp]

  • ガラス工白内障

    増加することになった結果、Xは、細菌性眼内炎に罹患したものと認められる、と判断しました。[medsafe.net] また、PEAを執刀したA医師が、水晶体核の乳化吸引中に、誤って水晶体後嚢を超音波チップで吸い込んでしまい、後嚢破裂を起こしたが、これはA医師が手術器具の操作、乳化吸引の手技などに熟達していなかったことによるものといわざるを得ず、これにより、手術時間が延び、本来不要な手術器具の眼内への侵入、操作が増えるとともに、硝子体への細菌感染の危険が格段[medsafe.net]

さらなる症状