Create issue ticket

考えれる3,664県の原因 感染

  • ウイルス性下気道感染症

    呼吸器感染症 ともいう。気道感染を示す重要な徴候としては 発熱 、 咳 、 痰 といった症状である。 発熱、咳、痰を起こす疾患というのはほとんどが気道感染。または呼吸器感染症である。気道とは鼻腔から肺胞までの区間をいい、声帯より上を上気道、声帯から下を下気道という。[ja.wikipedia.org] RSウイルス感染症とは、RSウイルスによる急性呼吸器感染症です。10月から初春にかけて発生が多くなり、特に12月から1月をピークに、冬期に流行しやすくなるのでご注意ください。 どんな病気? RSウイルスによる急性呼吸器感染症です。[city.osaka.lg.jp] 週間程度で症状が改善される.RSV感染症の場合と同様に,再感染を繰り返すうちに次第に軽症化していき,成人では上気道感染症程度ですむようになると考えられている.しかし,乳幼児あるいは高齢者では,肺炎等の重篤な下気道感染症を引き起こす場合もあり 5) ,さらに,乳幼児では急性脳症の報告 6,7) もある.今回,下気道炎を呈した患者は症例1および[eiken.pref.kanagawa.jp]

  • 上気道感染症

    そして、鼻からのどに感染が起こったものを上気道感染(上気道炎)といいます。 通常は、体力があれば自然に治るもので、3日から1週間程度でよくなります。 こんなときは要注意 乳幼児のかぜは、高い熱が出たり、ひきつけを起こすこともあります。下気道感染(肺炎)を起こしたときは、せきがひどく息苦しくなります。[women.benesse.ne.jp] しかし、多くの感染症専門家は、このウイルス感染症に対する抗菌薬の投与こそが耐性菌増加の原因となっていると指摘しています。すなわち、“かぜ症候群”は一般に自然治癒するものであり、かぜ薬でウイルス感染そのものを治すものではないことを理解し、抗菌薬の濫用を避けなければなりません。[ebm.jp] 小児と成人の上気道感染症 ―目次― Chapter 1 根拠を持って戦略(Strategy)を決めよう! 1 根拠を持って上気道感染症を診よう! 2 上気道の解剖を知るべし! Chapter 2 上気道感染症に関わる微生物(Bacterium) について語ろう![molcom.jp]

  • 尿路感染症

    尿路感染症は、上記の尿路に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染症である。 尿路感染症は、病原体と感染の部位により分類される。ここでは、感染部位からの分類について述べる。病原体については、「病原体」を参照のこと。 上部尿路感染症とは、膀胱よりも上流の尿路の感染症である。[ja.wikipedia.org] しかし、尿路感染症に気づかずにいると、敗血症や髄膜炎といった重症の感染症に進展することもあります。 赤ちゃんの発熱 とくに 生後6か月まで の赤ちゃんは、風邪などで熱をだすことはあまりなく、 発熱 時はこの尿路感染症を積極的に疑って、 必ずオシッコの検査 をします。[kodomo-iin.com] この場所のどこかに細菌が感染すると尿路感染症といいます。腎臓に感染すると腎盂腎炎、膀胱に感染がおこると膀胱炎といわれますが、小児の場合は区別がしにくいので、腎臓が中心に感染がおこったものを上部尿路感染症、膀胱炎が中心の症状を示すものを下部尿路感染症と呼びます。[senoopc.jp]

  • 急性胃腸炎

    家族の感染予防法は?[news.nicovideo.jp] 【潜伏期】 12〜48時間 【伝搬様式】 糞口感染します。吐物などが乾燥すると空気中に浮遊するため、空気感染(飛沫核感染)する可能性も言われています。また、牡蠣などの二枚貝からの感染もあります。 【予防】 ① 手洗い、とくにトイレ、おむつを替えた後、また、食品を扱う前にすることが大切です。[tsudashonika.com] 感染症の予防と治療 (弘前大学医学部付属病院小児科助教 渡辺祥二郎)[asahi.com]

  • ウイルス性上気道感染症

    上部気道感染症 はじめに 猫の上部気道感染症とは、人間でよくある風邪とよく似た、鼻やのど、咽頭の感染のことである。 猫ではこれらの感染はよく見られ、非常に感染しやすい。 これらの主な原因となるウィルスは猫のヘルペスウィルスⅠ型と、猫のカリシウィルスである。 猫のクラミジアは一種の細菌感染であるが、これも結果的に上部気道感染症をおこす。[haramasa.com] 予防 ウィルス性鼻気管炎、カリシウィルス感染症ともに3種の混合ワクチンに含まれますので、そのワクチンを接種しておくのが一番の予防です。しかし、接種していても感染は成立してしまいます。「接種していれば感染しても軽症ですむ」というワクチンなのです。[irisplaza.co.jp] 感染症法における取り扱い(2012年7月更新) 定点報告対象( 5 類感染症)であり、指定届出機関(全国約 3,000 カ所の小児科定点医療機関)は週毎に保健所に届け出なければならない。 届出基準は こちら (国立感染症研究所感染症情報センター)[niid.go.jp]

  • 風邪

    しかし、多くの感染症専門家は、このウイルス感染症に対する抗菌薬の投与こそが耐性菌増加の原因となっていると指摘しています。すなわち、“かぜ症候群”は一般に自然治癒するものであり、かぜ薬でウイルス感染そのものを治すものではないことを理解し、抗菌薬の濫用を避けなければなりません。[ebm.jp] 冬に流行る感染感染症の主な経路は、感染した人の咳やくしゃみの飛沫に含まれる病原体を吸い込む「飛沫感染」、乾燥して小さな粒子となって漂っている病原体を離れた場所で吸い込む「空気感染」、タオルやドアノブ、電車のつり革、嘔吐物などに触れた手を介して口や鼻から侵入する「接触感染」です 特に冬に流行しやすい感染症は、インフルエンザ、ウイルス性胃腸炎[sawai.co.jp] Q1.感染性胃腸炎とはどんな病気ですか? Q2.症状が風邪と似ているようですが、見分け方はありますか? Q3.感染性胃腸炎の予防方法を教えて下さい Q4.感染性胃腸炎の治療法について教えて下さい 王内科胃腸科 院長 王 康義先生のプロフィール Q1.感染性胃腸炎とはどんな病気ですか?[ddmap.jp]

  • アデノウイルス感染症

    また, 比較的感染力が強く, 感染対策においても重要なウイルスである。[doi.org] アデノウイルスの感染は,一般的に感染者の分泌物(感染者の指についた分泌物など)または汚染物(例,タオル,器具)への接触により起こる。空気または水(例,水泳中の感染)を介して感染する場合もある。症状を伴わない呼吸器または消化管からのウイルス排出は数カ月,または数年間続くことがある。[msdmanuals.com] 生後14日以内の感染は重症化しやすく全身の感染症になる。 ウイルスは感染力が非常に強く、口、鼻、喉、目の結膜から体内に入り感染する。一般的には乳幼児が多く感染する。 主な感染経路としては保育園、幼稚園、学校などのプールや感染者のくしゃみが挙げられるほか、感染者が使っていた食器やタオルの共用によって感染することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 気管支炎

    3.診断のための臨床検査 RSVにおいては不顕性感染、潜伏感染が無いことから、急性の呼吸器症状を呈する患者よりRSVが検出された場合、RSV感染症と診断しうる。他の呼吸器ウイルス感染でも同様な症状を呈しうるので、確定診断にはウイルス学的検査が不可欠である。[idsc.nih.go.jp] 上の子が感染した場合、症状が出る前に下の子にうつすリスクがあります。また、小さな子どもは、症状が消えてからも、1-3週間程、周囲の人たちにうつす可能性があります。 RSウイルス感染症は、生後6ヶ月以下の赤ちゃんがかかると、重症になりやすいので小さな赤ちゃんは、かからないように十分に気をつけないといけません。[mokubo.jp] 気道感染[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    1999年4月の感染症法施行後は法に基づく感染症発生動向調査において、梅毒の全数届出が医師に義務付けられ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症がSTD定点から毎月報告されている(届出基準は )。[idsc.nih.go.jp] 感染症自体の影響は中等度ですが、母子感染や慢性疾患を起こすことにより、重大な結果をもたらすことがあります。 性感染症の薬剤耐性は、特に淋菌で問題であり、世界が受ける性感染症の影響を減少させるのに大きな脅威となっています。 性感染症とはどのような疾患で、どのように感染するのか?[forth.go.jp] NHKトップ NHK健康トップ 病名・症状から探す かゆみがある 知らないうちに感染!?性感染症の主な症状や感染の原因とは 性感染症とは? 性感染症とは、性行為、あるいはオーラルセックスなど性行為に類似する行為によって起こる感染症全体を指す言葉です。[nhk.or.jp]

  • 膀胱炎

    女性に多く、細菌感染によるものではない原因不明の膀胱炎です。膀胱や骨盤周囲の強い痛み、尿意切迫感、昼夜間頻尿など、急性膀胱炎と似た症状があるのに、検査をしても尿から細菌が検出されません。細菌感染による疾患ではないため、抗生物質をいくら服用しても症状は改善しません。[lab.toho-u.ac.jp] 女性が初めて感染した場合は、排尿ができない位の強い痛みになります。 治療で症状を抑えることはできますが、残念ながら原因のウイルスを死滅させることはできません。たびたび再発する人には、それを抑える治療もあります。 その他、さまざまな性に対する悩みの相談に応じます。ぜひ、お気軽にご相談下さい。[n-uro.com] 感染症も合併が疑われるときには テトラサイクリン系 マクロライド系も使われることが多い。 出血性膀胱炎 膀胱炎辞典[ja.wikipedia.org]

さらなる症状