Create issue ticket

考えれる59県の原因 悪寒, 正球性正色素性貧血

  • 自己免疫性溶血性貧血

    寒冷曝露から数分 数時間後に、背部痛、四肢痛、腹痛、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感についで、悪寒と発熱をみる。 4.治療法 特発性の温式AIHAの治療では、副腎皮質ステロイド薬、摘脾術、免疫抑制薬が三本柱であり、そのうち副腎皮質ステロイド薬が第1選択である。成人例の多くは慢性経過をとるので、はじめは数か月以上の時間枠を設定して治療を開始する。[nanbyou.or.jp] 血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 上部消化管出血

    はじめに interventional radiology(IVR)支援を目的とした画像を作成する上で重要なことは,用いるソース画像および画像処理(MIPまたはVR)の特性,さらに目的部位の局所解剖などを十分に把握することである。特に,緊急度の高い場合においては,CT検査から血管撮影までの限られた時間内で,有益な情報を提供しなければならない。本稿では,当直帯で遭遇した消化管出血に対して,AZE VirtualPlace雷神を用いて画像処理を行った結果,簡便で,かつ役に立つ情報提供ができた症例を紹介する。 症例提示[…][innervision.co.jp]

  • 横隔膜下膿瘍

    症状は,ふつう弛張性(1日の日内変動が1度以上あるもの)の高熱で悪寒戦慄があり,上腹部や背部の疼痛が強く,白血球数は増加する。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp] 激しい腹痛を伴うことが多く、高熱が出たり、悪寒、震えが止まらないなどが一般的な症状です。胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが、進行して発病するので、早めに治療することで、予防することができます。 【 横隔膜下膿瘍の症状 】 横隔膜下膿瘍は腹膜炎の一種で、激しい腹痛を伴いますか、ほとんど痛みが無い場合もあります。[hospita.jp] 症状としては, 悪寒 を伴う高熱, 白血球増加症 ,食欲不振, 季肋部 から側胸部にかけての 鈍痛 ,皮膚の 浮腫 , 知覚 異常などがみられる。起炎菌は 混合感染 のことが多く,強力な 抗生物質 などの 化学療法 で 治癒 の可能性もあるが,切開して排膿する必要のある場合が多い。同時に原因疾患の処置が必要である。[kotobank.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    リツキシマブ(リツキサン)について リツキシマブを注射すると、発熱、悪寒、悪心(おしん)、頭痛、疼痛(とうつう)、掻痒(そうよう)、発疹(ほっしん)、咳(せき)、虚脱感、血管浮腫(けっかんふしゅ:舌、咽喉の腫れ)等の症状が、投与開始後や注入速度上昇後に突然表れることがあります。[med.oita-u.ac.jp]

  • 小児慢性肉芽腫症

    慢性肉芽腫症とは 原発性免疫不全症(生まれながらに、身体の抵抗力が弱い病気)の中で、最も多い病気です。身体に侵入してきた病原体をこわす(殺菌)ためには、活性酸素が必要です。しかし、慢性肉芽腫症の好中球(白血球の一部)は活性酸素を作ることができず、病原体が殺菌されないため、身体の中で増え続けて感染症を起こします。 さらに、慢性肉芽腫症では身体のいたるところに肉芽腫といわれる一種の“こぶ”のようなものができやすく、まわりの正常な組織を圧迫して臓器を障害することがあります。また、免疫のバランスが悪く約半数の方が慢性の腸炎(肉芽腫性腸炎)を合併します。 慢性肉芽腫症の症状[…][ncchd.go.jp]

  • 感染性心内膜炎

    血液内に細菌などが入り込むことを菌血症といい多くは 悪寒戦慄 を伴う高熱を来します。心臓弁膜に感染が及ぶと弁を破壊するために感染した弁膜に閉鎖不全(逆流)が発生しますが、通常の弁膜症とちがって突然逆流がおこるために急激な呼吸困難などの急性心不全に陥ることも少なくありません。[ach.or.jp] 感染が成立すると,色素貧血,白血球数増加,赤沈亢進,免疫グロブリン高値,末梢血中の免疫複合体およびリウマトイド因子の出現などがしばしばみられる,いずれの所見も診断上有用とはならない。尿検査では,しばしば顕微鏡的血尿を認め,ときに赤血球円柱,膿尿,または細菌尿がみられる。[msdmanuals.com] 感染性心内膜炎の症状には他に、悪寒、関節痛、痛みを伴う皮下結節などがあります。 感染性心内膜炎の診断 感染性心内膜炎が疑われる場合は、入院して診断と治療を行います。 インフルエンザなどのウィルス感染症以外で38.5度以上の発熱している場合敗血症か、心内膜炎を強く疑います。[doctorblackjack.net]

  • 感染性心内膜炎

    血液内に細菌などが入り込むことを菌血症といい多くは 悪寒戦慄 を伴う高熱を来します。心臓弁膜に感染が及ぶと弁を破壊するために感染した弁膜に閉鎖不全(逆流)が発生しますが、通常の弁膜症とちがって突然逆流がおこるために急激な呼吸困難などの急性心不全に陥ることも少なくありません。[ach.or.jp] 感染が成立すると,色素貧血,白血球数増加,赤沈亢進,免疫グロブリン高値,末梢血中の免疫複合体およびリウマトイド因子の出現などがしばしばみられる,いずれの所見も診断上有用とはならない。尿検査では,しばしば顕微鏡的血尿を認め,ときに赤血球円柱,膿尿,または細菌尿がみられる。[msdmanuals.com] 感染性心内膜炎の症状には他に、悪寒、関節痛、痛みを伴う皮下結節などがあります。 感染性心内膜炎の診断 感染性心内膜炎が疑われる場合は、入院して診断と治療を行います。 インフルエンザなどのウィルス感染症以外で38.5度以上の発熱している場合敗血症か、心内膜炎を強く疑います。[doctorblackjack.net]

  • 原発性骨髄線維症

    しかし、特に普段から好中球(白血球の一種)が極端に少ない(500 個/μL 未満)患者さんで、悪寒(寒気)や戦慄(ふるえ)、38 以上の発熱が生じている場合には感染症の可能性があり、治療が必要ですので必ず主治医に連絡を取り、適切な治療(抗菌療法)を受けてください。自己判断は危険です。[mpn-japan.org] 病理組織学的所見 [ 編集 ] 末梢血では貧血、白赤芽症と涙滴状赤血球が見られることが特徴である。貧血色素貧血である。経過とともに貧血は強くなる。白血球は軽度の増加をしていることが多いが減少していることもある。血小板は初期には増加している事が多いが進行すると減少することが多い。血小板は機能的にも形態的にも異状が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 副腎出血

    症状 [ 編集 ] 病気の発症は、発熱、悪寒、嘔吐、頭痛など非特異的なものである。点状出血や 低血圧 による敗血症性ショックをおこす。 低血糖 と 低ナトリウム血症 と 高カリウム血症 、 ACTH 刺激試験は、急性副腎不全を示す。 C反応性蛋白 は上昇するかほぼ正常レベルである。 血小板 減少と PT 、APTTはDICを示唆する。[ja.wikipedia.org] 色素貧血(男性13g/dL以下,女性12g/dL以下)。 血中総コレステロール値低値(総コレステロール 150mg/dL)。 末梢好酸増多( 8%)。 末梢血の相対的好中球減少,リンパ球増多。 高カリウム血症。[jmedj.co.jp] 潜伏期間は2-10日(平均4日)、発症は突発的で高熱、悪寒、頭痛、嘔気、ケイレン、意識障害などがみられ、特徴的には点状出血が眼球結膜、口腔粘膜、皮膚にみられ、体幹や下肢には出血斑、紫斑が出現します。症状の進行は早く12時間以内に特徴的な症状が認められ、1 2日で症状は進行します。[wada-ped.jp]

さらなる症状