Create issue ticket

考えれる195県の原因 悪寒

  • 風邪

    急性期(原則は発汗療法)悪寒・発熱・頭痛があり、汗が出ていない/急性喉頭炎・急性扁桃炎の初期:葛根湯(麻黄を含む薬剤中心)(ある程度体力のある人向けであり、画一処方は慎む) 鼻炎で鼻水・くしゃみ・鼻閉:小青竜湯 インフルエンザで高熱があり、頭痛・倦怠・筋肉痛などが顕著: 西洋医療を優先 軽度の鼻炎・喉頭炎の症状があり、悪寒で顔面蒼白、元から[ja.wikipedia.org] 風邪をひいても、あまり高熱が出ず、たかだか微熱程度で、悪寒があり、体がだるくて起きていられないような場合に使用する。 竹筎温胆湯(ちくじょうおんたんとう)。比較的体力の低下した人の長引いた呼吸器症状が対象であるが、老人の呼吸器疾患には一般に使用してよいと思われる、と大塚恭男は述べている。[ja.wikipedia.org] 体を温める(日本) 悪寒を感じたときには特に温める。体感に見合った対応が必要で、暑く感じているときまで無理に温める必要はないが、体温を上げるために体力を消耗させないようにすることが良い。 体を冷やす(西洋) 解熱鎮痛を目的とし、氷を浮かべた水風呂に入ると効果的とされるが、全身を冷やすことは体力の低下に繋がる。[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    インフルエンザの症状としては、急性の高熱、悪寒、関節痛、のどの痛み(ただし咽頭の発赤、腫脹はない)、咳、鼻水などがあげられる。通常は自然治癒するが高齢者は重症化し死に至ることもあるため予防が大切と言われている。空気感染(飛沫核感染)するため、感染者は5日間の就業停止が望ましいと言われている。特に高齢者との接触は避けたいところである。[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症
  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 日焼け

    抄録 サンバーンは最も普遍的な急性の紫外線傷害の皮膚症状である.24時間をピークに生じ,軽症の場合は軽度の灼熱感とびまん性紅斑であるが,高度になれば浮腫,水疱,びらんを伴った暗紅色斑となり強い灼熱感を伴う.重症の場合は悪寒戦慄,発熱,脱水など全身症状を呈する.皮膚障害はUVBによるシクロブタン型ピリミジンダイマー形成による直接的DNA損傷が[doi.org]

  • 扁桃炎

    扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠感) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠感、頭痛、関節痛に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    急性過敏性肺炎 急性型は,すでに感作されている人が急性に高濃度の抗原に曝露されることによって起こり,曝露後4 8時間に発熱,悪寒,咳嗽,両側性の締め付けるような胸の痛み(喘息で起こりうるような),および呼吸困難として現れる。食欲不振,悪心,および嘔吐を呈する場合もある。[msdmanuals.com] 例えば,有機粉塵による中毒症候群(pulmonary mycotoxicosis,grain fever)は,発熱,悪寒,筋肉痛,および呼吸困難から成る症候群であるが,事前の感作を必要とせず,真菌が産生した毒素または有機塵による汚染物質の吸入によって引き起こされると考えられている。[msdmanuals.com]

  • インフルエンザ

    柴胡桂枝湯 - 「発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのあるものの次の諸症:感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患…」との効能・効果の承認がある。一般用医薬品(OTC)や漢方専門医・薬局の処方(自由診療)により、のどの痛みや渇きに効果があるとして用いられる処方もある。[ja.wikipedia.org] 風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛を特徴とし、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴う。腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。 主要な合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。 潜伏期間は1–2日が通常であるが、最大7日までである。[ja.wikipedia.org] 麻黄湯 - 「悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ないものの次の諸症:感冒、インフルエンザ(初期のもの)…」との効能・効果の承認がある。また、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという報告があるが、患者が気管支ぜんそくなどの基礎疾患を有していると差違が生じるとの報告もある。[ja.wikipedia.org]

  • 痛風性関節炎

    投与から数日から数週間後に発熱、悪寒、頻脈、皮疹が起こることがまれにあるので注意する。 他剤(テォフィリン、ワーファリンなど)との相互作用があるため、必ず併用している薬がある場合は医師・薬剤師に相談して下さい。 日常生活の注意点 痛風(高尿酸血症)を予防するために、次のような点に注意しましょう。[apha.jp]

  • パニック発作

さらなる症状