Create issue ticket

考えれる4県の原因 患者は車椅子生活になる場合がある

つまり: 患者は車椅子生活になる場合があ

  • 大腿骨頚部骨折

    ただし重篤な全身合併症をもち、術後歩行の見込みがない内側型では車椅子生活を選択する場合があります。外側型は術後歩行の見込みが無い患者であっても除痛目的(痛みをとってあげて安楽に暮らせるよう)に早期に手術をおこない、痛み無く離床に持っていく考えが一般的です。[shimura.or.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    2 5歳で発育遅延・動作困難などがみられるようになり、次第に全身の筋肉(心筋を含む)の肥大化・筋力低下が起こり、ほとんどの場合12歳までに車椅子生活となる。また患者の30%程度には主に言語能力において軽度な知能障害が見られる。2014年現在、日本における平気寿命は約28歳。[kotobank.jp] 患者さんは、ジストロフィンたんぱく質の欠如あるいは欠損のために筋力低下が進行し、多くの場合12歳になるまでに車椅子生活となります。呼吸筋や心筋にも影響を及ぼすこともあり、患者さんのほとんどは成人期の初期に呼吸不全や心不全で亡くなっています。[jp.gsk.com]

  • 多巣性運動ニューロパチー

    CIDP の症状は再発再燃を繰り返し、著しい活動の制限や生活の質の低下につながるような経時的悪化を示す場合も少なくありません。適切な治療が行われないと CIDP 患者さんのおよそ 30% が車椅子に頼る生活になる可能性があります。 [i] ハイゼントラは国内で唯一の皮下注用で高濃度( 20% )の人免疫グロブリン製剤です。[cslbehring.co.jp]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    CIDP の症状は再発再燃を繰り返し、著しい活動の制限や生活の質の低下につながるような経時的悪化を示す場合も少なくありません。適切な治療が行われないと CIDP 患者さんのおよそ 30% が車椅子に頼る生活になる可能性があります。 [i] ハイゼントラは国内で唯一の皮下注用で高濃度( 20% )の人免疫グロブリン製剤です。[cslbehring.co.jp]

さらなる症状