Create issue ticket

考えれる21県の原因 患者は歩行できるままである

つまり: 患者は歩行できるままであ

  • 冠動脈疾患

    具体的には心電図の電極をつけたまま階段を上り下りしたり、自転車のペダルをこいだり歩行運動をしていただきます。 心電図検査は簡便で患者さんにも負担が少なく、すぐに結果も判明できる検査ですが、狭心症があるかないかの診断しかできず、どの冠動脈にどの程度の障害が起こっているかということまでは判断できません。[mikami-naika-clinic.jp]

  • 冠動脈塞栓症

    具体的には心電図の電極をつけたまま階段を上り下りしたり、自転車のペダルをこいだり歩行運動をしていただきます。 心電図検査は簡便で患者さんにも負担が少なく、すぐに結果も判明できる検査ですが、狭心症があるかないかの診断しかできず、どの冠動脈にどの程度の障害が起こっているかということまでは判断できません。[mikami-naika-clinic.jp]

  • 深部静脈血栓症

    リハビリの時間になると動いてリハビリ室にいるのですが、帰ってくるとまたずっと臥床している患者さんの場合、ストッキングは履いたままでよろしいでしょうか。歩行訓練開始と同時に弾性ストッキングは外しても良いのでしょうか。また、車いすに移譲をする時にはフロートロンを外したままですが、それはどうでしょうか。[s-que.net]

  • 脊椎転移

    (図1) 癌が背骨に転移して歩けなくなったが、手術をして歩けるようになった患者さんと歩けないまま患者さんの余命です。早期発見と適切な治療をおこない、歩行不能にしないようにすることが大切です。 (図2)術中照射併用手術 A:骨を削り神経の圧迫を取り除きます。 B:そのまま手術中に放射線治療室に移動して、腫瘍に照射装置を近づけます。[cick.jp] しかし、いったん麻痺がおこって歩けなくなり、適切な治療がされないと残された命は短いままとなります。(図1)これは歩行ができない患者さんには、せっかく進歩したがん治療薬を使うことができないためです。 したがって、背骨のがんの転移を適切に治療して、歩行できる状態を維持することは残された命を全うできるかどうかにもかかわっていると言えます。[cick.jp]

  • 筋痙縮

    さらに痙縮のある患者さんに特徴的な手足の変形(肘が曲がったまま伸びづらい、手足の指が曲がったまま伸びづらい、立位や歩行の際に踵から接地することができない等)が進行したり痛みの症状が出現すると、立位や歩行が不安定となり、リハビリテーションや日常生活に支障が生じてしまうことも考えられます。[saitama.hosp.go.jp]

  • 遺伝性無反射性運動失調

    眼球運動失行を伴う失調症1型(AOA1) の特徴は,小児発症(平均発症年齢 7歳)の緩徐進行性の小脳性運動失調であり,数年後に眼球運動失行が生じ外眼筋麻痺へと進行する.すべての患者には重度の原発性末梢性運動ニューロパチーが生じ,発症から約7 10年後に四肢麻痺に至り,歩行機能を喪失する.ポルトガルに祖先を持つ患者では知能は正常のままであるが[grj.umin.jp]

  • 常染色体劣性脊髄小脳失調症 8

    眼球運動失行を伴う失調症1型(AOA1) の特徴は,小児発症(平均発症年齢 7歳)の緩徐進行性の小脳性運動失調であり,数年後に眼球運動失行が生じ外眼筋麻痺へと進行する.すべての患者には重度の原発性末梢性運動ニューロパチーが生じ,発症から約7 10年後に四肢麻痺に至り,歩行機能を喪失する.ポルトガルに祖先を持つ患者では知能は正常のままであるが[grj.umin.jp]

  • 小脳失調早期発症

    眼球運動失行を伴う失調症1型(AOA1) の特徴は,小児発症(平均発症年齢 7歳)の緩徐進行性の小脳性運動失調であり,数年後に眼球運動失行が生じ外眼筋麻痺へと進行する.すべての患者には重度の原発性末梢性運動ニューロパチーが生じ,発症から約7 10年後に四肢麻痺に至り,歩行機能を喪失する.ポルトガルに祖先を持つ患者では知能は正常のままであるが[grj.umin.jp]

  • フリートライヒ運動失調症

    眼球運動失行を伴う失調症1型(AOA1) の特徴は,小児発症(平均発症年齢 7歳)の緩徐進行性の小脳性運動失調であり,数年後に眼球運動失行が生じ外眼筋麻痺へと進行する.すべての患者には重度の原発性末梢性運動ニューロパチーが生じ,発症から約7 10年後に四肢麻痺に至り,歩行機能を喪失する.ポルトガルに祖先を持つ患者では知能は正常のままであるが[grj.umin.jp]

  • 常染色体優性痙攣性運動失調 1型

    眼球運動失行を伴う失調症1型(AOA1) の特徴は,小児発症(平均発症年齢 7歳)の緩徐進行性の小脳性運動失調であり,数年後に眼球運動失行が生じ外眼筋麻痺へと進行する.すべての患者には重度の原発性末梢性運動ニューロパチーが生じ,発症から約7 10年後に四肢麻痺に至り,歩行機能を喪失する.ポルトガルに祖先を持つ患者では知能は正常のままであるが[grj.umin.jp]

さらなる症状